アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ ~インドネシアで語り継がれる日本人の生き様~

世界には沢山の親日国があります。
なぜ親日国なのか?

そこには、
日本人の先人達の生き様が大きく関与しています。


パラオ、ポーランドとご紹介してきましたが、


インドネシア
この国にもまた、
日本の学校が教えてはくれぬ先人達の生き様が語り継がれています。




【インドネシアの独立で通じ合った日本の犠牲的精神を、
今の日本の若い人達はほとんど知りません。残念でたまりません。
私達の独立の為に戦ってくれた日本兵の事を、
きちんと日本で語り継いでほしいと思います。
そしてインドネシアに来られたら、
ジャカルタの英雄墓地に眠る日本兵の奥城にお詣りして下さい。
その墓標には、みなイスラムの名前と日本人の名前が彫られています】

インドネシア元大統領 スカルノ氏                

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「祖国防衛義勇軍(PETA)マーチ」  (斉藤守氏訳)
1、
アジア すでに敵に向かい 蜂起せり
己を捨てて 全力を尽くす 連合国を粉砕せんと
玉散ることもいとわず 進め進め 義勇軍
アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ

2、
古きアジア 不幸に苦しむ列しき圧制に 
幾世紀も忍ぶ 大日本 雄々しく立てり
アジアを救い 我らを守る 進め進め 義勇軍
アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

インドネシア独立記念日、
この日は毎年盛大な独立記念祭が行なわれます。
そこで華々しく行進するインドネシア国軍のパレードで使われているのがこの、PETAマーチです。

マーチの歌詞を見ると<大日本>の文字が。

そして、
パレードのクライマックスでは、インドネシア人の男女二名と、日本陸軍の扮装をした男性による三名で、インドネシアの国旗を掲揚するのです。


独立記念日の実際の様子↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=ElAoXeGmj2k&feature=player_embedded




インドネシアと日本、過去に何があったのでしょうか?




■インドネシア
インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく)、
通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。




【オランダによる350年の圧政】
1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領土を支配します。

第一次大戦後、1930年前後から
インドネシアにも独立を希求する民族運動が発生しましたが、オランダはこれを厳しく弾圧しました。

オランダは、徹底的した愚民政策で、インドネシア全土を支配しました。100以上ある部族を互いに敵対させておくようにし向け、
一部のオランダ人に、従順な部族を警官として雇い、
経済は華僑を利用し、
現地人の反感がオランダ人に直接向かわないようにしたのです。

統一言語ができると抵抗運動がおきるので、
部族間の言葉はバラバラのままにさせ、
道ばたで3人以上のインドネシア人が話していると処罰するほど徹底した支配でした。




【大東亜戦争】
やがて、大東亜戦争が始まります。
この際、インドネシアにやってきたのが日本軍です。

日本軍の落下傘部隊、銀輪部隊はインドネシアを進撃し、
オランダ軍は9日間で完敗することになります。



【日本軍政時代】
以後、インドネシアは日本軍により統治されます。

このとき、国名は蘭印からインドネシアに、
オランダ名だった首都バタヴィアは、古インドネシア王国のジャヤカルタに倣ってジャカルタに改称されます。

さらにオランダ語は廃止され、
新たな国語としてインドネシア語が作られました。
(当時、ジャワ語の分かる日本人がおらず、特務機関で学習されていたマレー語が採用された)

また公的機関にもインドネシア人が雇用されるようになりインドネシア人の組織化、社会参加が進みました。


この時点で、日本軍とオランダ軍のインドネシアの方々への対応の仕方が全く異なることが分かります。
(もし、「侵略」をしたのであれば、日本語を教え、公的機関も日本人が配備されるのではないでしょうか?)

さらに、日本は将来のインドネシア独立を見越して、
インドネシア人の若者からなる祖国独立義勇軍(PETA)を組織し、
日本軍式の軍事教練を施しました。
このPETAが、独立戦争の中心戦力となり、後のインドネシア国軍の母体となったのです。
今でもPETA出身の軍高官は
「日本精神のおかげでオランダに立ち向かうことができた」
と語っています。



【インドネシア独立戦争】参考動画↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=HPWS4h3WmI4&feature=player_embedded


日本は、
1945年の9月にインドネシアの独立承認を約束していました。
8月15日、
日本は敗戦。
そして、
大東亜戦争終戦。

再びインドネシアを植民地支配するために、
イギリス軍とオランダ軍が戻ってきました


2000人以上の日本兵が、
日本の家族の元には帰らず、
インドネシアに残り、PETAと共に、独立戦争を戦いました。

PETAは訓練経験があるのみで、実戦の経験がありません。
その為、日本兵は、インドネシア人を指揮して最前線で戦いました。

私達の祖先達は、
日本に帰るという選択肢がある中で、
それを選ばず、
インドネシア独立の為、命をかけて戦ったのです。
その数は3000人と記録されています。

37651279_1030414273_135large.jpg






4年の戦いの後、インドネシアは独立を手に入れました。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

インドネシアの独立宣言文を起草したスカルノ大統領、ハッタ副大統領は“独立を宣言をしたその日付”を1945年という西暦ではなく、

「日本の協力なしには独立できなかった」という
感謝の念を込めて
“17805”(=17日/8月/05年)
つまり
2605年という皇紀で記しました。




■モハメッド・ナチール元首相

「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私達アジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです」





■ブン・トモ氏 元情報相

「日本軍がアメリカ・オランダ・フランスを
我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。

我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信を持ち、
独立は近いと知った。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。
それなのに
全て日本に背負わせ日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。
申し訳ない。」




■ジョージ・S・カナヘレ(アメリカ、ハワイ日本経済協議会事務局長・政治学博士)

日本軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事の中で、
最も重要なものの一つは、
正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事である。(中略)  
インドネシア人が軍事訓練を受けたことの意義は極めて重要なものであった。
これが後のインドネシア革命軍の大部分の将校と何千の兵士となり、復帰してきたオランダ勢力と独立戦争を戦う際の基盤となった。
日本によって与えられたこのような機会がなかったならば、
戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


台湾や朝鮮の場合と違い、
3年半という短期間の統治であったインドネシアには、
日本が建設した建物は何も残っていません。
しかし、
日本への敬愛の情と、
国家の誇りと独立にかける情熱は残りました。


我々日本人が与えられない、
日本の祖先達の生き様を
語り継いでくださる国があることは有りがたいことです。
語り継いで下さっているからこそ、
今まだここに、こうして消え去らずに、残っているのですから。

そして
日本の祖先たちの生き様有りきの親日国だということも
忘れたくないものです。
当たり前だと想い、胡坐をかくばかりで、
祖先たちの貯金を食いつぶすばかりではやがては呆れられてしまうでしょう。


〜各時代を生きた日本人が
繋げたからこそ
今がある〜

今、日本では
捏造された、反日国家に都合のいい自虐史観により
日本人の先人は悪かった!!!!と教え
平和憲法9条と言う、
殺されても殺さない覚悟=守りの構えを捨てる覚悟をさせられています。

そこに
日本人にとって
のメリットがあるのか?

国は守らなければ続きません。
国はその国の民が守ろうとしなければ続きません。

守りつなげた先人に感謝の気持ちを持つことも
日本人であることに誇りを持つことも
守りの構えも
なくしてしまった時、

国は続いていくのでしょうか?



〜各時代を生きた日本人が
繋げたからこそ
今がある〜

「殺されても殺さない覚悟」平和憲法反対
「日本は悪い国!!!」  自虐史観教育反対
「日本解体!!!」    売国政党反対


無関心でいると、
確かに楽ですが
知らない間に船が沈むかもしれません。

いざ沈みかかる船で
「誰がこうした!!!」と叫べど、
答えわからぬまま、
答えがわかったところで何もできぬまま
沈むことになります。

「この船が悪い悪い」と叩き壊せば、船は沈みます。

こちらに大砲を撃つ敵船に対し、何もしなければ、船は沈みます。

壊れた船を誰も修理しようとしなければ、やはり船は沈みます。

ここ日本は私達日本人が愛し、守り、保たねば、続きません。




〜各時代を生きた日本人が
繋げたからこそ
今がある〜

日本人が、
少しずつでもいい、
同じ想いを抱くとき、
日本の現状に
耳を塞ぎ、
目を瞑り、
関係ないね!と白をきる日本人はいなくなると思います。




〜各時代を生きた日本人が
繋げたからこそ
今がある〜

今を生きる私たち
繋げる先にいるのは
未来の私
未来の貴方
未来の誰か。
私達の生活は、日本有りきです。





最後に、
インドネシア独立宣言をされたスカルノ元大統領の言葉を記します。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
インドネシア スカルノ元大統領
37651279_1030414270_123large.jpg


「インドネシアの独立戦争では、
約3,000名の日本兵がインドネシアの為に戦ってくれました。

私たちはその『心』を大切にし、
同じアジアの民族として伝えなければなりません。

その『心』は日本とアジアばかりではなく、
世界の平和にも繋がるのです。

ところが、
インドネシアの独立で通じ合った日本の犠牲的精神を、
今の日本の若い人達はほとんど知りません。
残念でたまりません。

私達の独立の為に戦ってくれた日本兵の事を、
きちんと日本で語り継いでほしいと思います。

そしてインドネシアに来られたら、
ジャカルタの英雄墓地に眠る日本兵の奥城にお詣りして下さい。

その墓標には、みなイスラムの名前と日本人の名前が彫られています」





日本兵戦死者数 約1000名


インドネシア独立の為に亡くなった日本人の祖先達は、
インドネシアの英雄墓地に祀られています

37651279_1030414260_123large.jpg

インドネシア、カリバタ英雄墓地

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


感謝


そして


恥じない生き方を。











只今国政がめちゃくちゃです。
めちゃくちゃをして内側から日本を壊されている真っ最中です。
続けば、後ろへと繋がらないでしょう。

現状打破ができるのは
有権者である私たちです。


現場である
国会中継を見れば、国政の現状がよくわかります。
誰がめちゃくちゃをしているか
誰が日本の事を考えているかよくわかります。

しかし
見ようと思わなければ、国会中継を見ることはないでしょう。
知ろうとしなければ、現状を知ることをしないでしょう。
現状も知らずどうでもいいと考えていれば、
現状打破の絶好の機会となる選挙に行こうともしないでしょう。

なぜそれをしないのか?
「無関心」
「ウワノソラ」
「国有りきの生活なんだという意識の薄さ」

日本人の意識が変わらなければ、
日本の未来も真っ暗だと私は考えています。

直結しなくてもいい。
何かしらのきっかけになることを祈り、
日本人の生き様をこの場にて伝えていこうと思います。


同じ思いの方、よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。