オランダの悲劇から日本の未来を考える

動画 「オランダの悲劇」 書き起こし
http://www.youtube.com/watch?v=r_RfSzawKUQ
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
多文化イデオロギーは、
世界で最も寛容だと自国の文化を誇っていたオランダに社会破壊をもたらしてしまいました。
これはオランダ人自身による報告と告発です。

世界中の皆さん聞いてください。
オランダは世界一寛容な国になりました。

男女平等
ゲイ受容
政教分離
低犯罪率
全オランダ市民 自由享有

何の為に戦い、そして、死んだのでしょうか?

以下のもののためにでしょうか?

この30年間、政党・メディアはあらん限りをつくりました。

わが国の文化、一体性を破壊し、
価値を侵食し、社会を不安定化し、オランダ人を消してしまいました。

オランダ人は、世界で最も寛容で、自由な国民として知られています。

それが、逆に我々自身に向けて火を噴くなどとは思いもよりませんでした。

寛容な政治家が、不寛容な人々を大量に引き込んでしまいました。

多分化イズムが、移民文化持続を支援。
オランダ的価値観は共有せずに、
多分化イズムが、国民を分断し社会の一体性を破壊してしまいました。

オランダ政府は、移民や一体性について
我々の意見を代表しませんでした。
安全性を一顧だにしませんでした。

自由をも一顧だにしませんでした。

そして未来をも。

政府の政策がもたらした結果は、、、、、、。


テオ・ヴァン・ゴッホ(ゴッホ遠縁の映画監督 イスラム系社会を批判する映画を作った)の虐殺
1.jpg


若者の群れ!
我々を脅迫・非難
女性に対する性的暴行


社会秩序 崩壊!!



フローア・ガルスト
移民により殴り殺されました。
自転車で通り過ぎた時、「売春婦」と罵られた彼女を守ろうとしました。
2.jpg



レネ・ストレーグマン
年長者を尊ぶように注意して、移民に殴り殺されました。
3.jpg



アワ
ガールフレンドを縛り上げ
彼女の胸に自分の名前を刻んで
テルピン油を注ぎ火をつけました。
そしてなんとそれをラップソングに。
4.jpg



エラ・ブォーゲラー(オランダ労働党)は、
ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の伝統を支援したいといいます。
そしてブルカには何の問題もないとも。
5.jpg



司法大臣ピエト・ハイン・ドナー
民主的な手続きを踏みさえすれば
イスラム法をオランダに導入できる可能性はなければならない
6.jpg



司法大臣ヒルシュ・バリン
イデオロギーに批判的な漫画家グレゴリウス・ネックショットを逮捕した。
漫画を理由にして、深夜に逮捕した。
警官10人が急襲。
財産を押収。筆名禁止。

漫画家を黙らせる手口は
脅迫・経済的圧迫・本名暴露

彼はいまや殺人脅迫のターゲット


そして、
もっと悪いことが、、。


移民政策に関し、ウエブサイト取調べ
7.jpg


言論の自由の終焉
民主主義の終焉



人口時限爆弾

石油ショック後
1975年 EUは移民と引き換えに、石油を獲得  

いまや人口爆弾に脅かされています。
その将来像をアムステルダムに見ることができます。

数十年後、
大都市は決して溶け込まない移民で埋め尽くされることでしょう。
8.jpg



政策の結果は
暴力的で、社会に反抗的な
人々を作り出してしまいました。

メディアは混乱を
我々のせいだと押し付けます。

レイシスト
外国人恐怖症
欲求不満
無知
イスラム恐怖症
だと。


政府・メディアが誠実だったら
言論の自由、批判する権利、開かれた議論を支持したはずです。
ところが
政府・主要メディアはなんと検閲を支持

政府が誠実だったら
我々を暴力から守ったはずです。
しかし、まったく逆でした。


ヘンク・シュルーマンは妻の目の前で刺し殺されました。
雪球が妻に向かって投げつけられたので
ヘンクは勇敢にも立ち向かったのです。
9.jpg



政府が誠実だったならば
我々の文化を破壊することなく
いたづらに外国文化を賛美することなく

政府が誠実だったならば
欧州の人口問題とその成り行きを教えたはずですし
わが国の長期計画を知らせたはずです。

我々が毎日路上で襲撃されているというのに
政府は乱暴な人々をまだまだ呼び込んでいます。

社会の統一性は失われてしまいました。

我々のせいではありません。
我々の意見を聞きもせずに
政策を進めてきた政府のせいです。


国からでていくオランダ人が
どんどん増えています。

国がなくなったと感じているのです。

その元凶は我が政府なのです。


出生率が大きく違うので
短時間で劇的に増加するのです。
全国平均では約6パーセントですが
若年層や都市部ではまったく違います。

計算してみてください。
出生率
移民
犯罪を。

そして30年後を想像してください。



検閲による情報隠避
情報を隠しているのが誰かわかりますか?

このビデオは
オランダの文化と人を支持する移民を対象にしたものではありません。

対象は
うそつき政治家
不寛容を広める人たち
問題を知らせないうそつきメディアです。

外国問題を国内問題より優先させるオランダ政府をここに告発する(模擬)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


以下知恵袋より転載
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138539513
~ここから
■質問
オランダが外国人に参政権を与えて失敗したという書き込みを見たことがあるのですが、
どのような結果になったかご存知ありませんか?

日本でも在日韓国人が地方参政権を要求しているので、オランダの二の舞にならなければと危惧しております


■ベストアンサーに選ばれた回答banbyboysさん

オランダの多文化共存政策ですね。
オランダがイスラム系移民を受け入れたことで、
オランダの悲劇は始まります。

その悲劇とは一つの国に、対立する2つの民族国家が出来てしまったのです。

イスラム移民はオランダ国民と融和することをせず、
都市の中に彼らだけの集落を作ります。
終いにはオランダからの独立まで宣言。
そこに踏み入れるオランダ人に危害を加えることを始め、
オランダ人の不信感、険悪感、敵対感を育てることになりました。
さらに新たな移民による犯罪、暴力、組織的犯罪の増加により
両者の対立が起こり、まさにオランダは国歌分裂の危機さえ叫ばれるようになったのです。

ほかにも移民によるオランダ文化の軽視、無視。
逆に自国文化の押し付け。
移民への果てしなき待遇改善要求。
政策、法改正への口出し。
オランダ政府は民族融和のための宗教保護までしてきましたが
それは逆にオランダの首を絞める、自爆テロの人間爆弾を育てることになりました。

いまさら移民受け入れを取りやめたり、移民にオランダ国民としての
再教育を施そうとしても、もはや手遅れでしょう。
移民によるオランダ乗っ取りは目前かもしれません。

このことを察知したエリートは続々海外へ脱出し
財産の海外流失も増大しています。

朝鮮人とイスラム人を同一に比べることは出来ませんが
これは日本にとって対岸の火事では無いのです。
http://www.geocities.jp/ffflash2005/sanseiken.html
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
~ここまで


そしてオランダだけではないのです。
●世界の移民問題●
アメリカ  仕事を奪うだけの低レベル移民に反対の声高まる、潮目来るか?
カナダ   中国移民がやりたい放題で都市の治安風紀が激悪化、移民規制の声強まる
フランス  失業問題や移民の暴動多発で国民は移民規制強化を要求
ドイツ   移民がコロニー化&やりたい放題でコントロール不能に、移民規制へ
イタリア  中国人等の移民のコロニー化が社会問題化、規制の機運高まる
スペイン  アフリカ系・中国系移民の急増&失業問題で移民規制へ
ロシア 東欧・  中国からの違法移民問題続発などもあり、規制続く
キルギスタン   中国人移民急増、雇用や産業の軋轢と中国依存への警戒で政治問題化
オーストラリア  中国政府誘導の大量移民で政治経済を掌握中、国が乗っ取られ中
ザンビア     中国からの援助と大量移民で経済搾取開始、国が乗っ取られ中
ガーナ      違法就労を発端に移民中国人への反発強まる、移民局が強権発動
南アフリカ    中国人移民が無法行為と産業掌握により現地と軋轢、社会の不安定要因に
ガボン      中国が巨額援助で政府懐柔しつつ年に万単位で中国人移住&資源搾取、現地で軋轢
アンゴラ・ナミビア・ジンバブエ だいたい同じ
日本    自民党は移民受け入れ慎重派が多数
     しかし経団連はそろばん勘定のみで推進派
     民主党に至っては中国人1000万人受け入れや選挙権付与を画策
中国 移民は受け入れない
(が、逆に「3億人送り出して世界中を植民地化」をコソーリ実行中)
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/139.html



外国人参政権
人権救済機関設置法案
重国籍法
偏向メディア


各国の移民問題は、日本でも起こりうること。

そして既に起こりかけています。
中国人に侵蝕される東京・池袋の現実

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13793467

そんな中
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■民主党参院議員    川上 義博の発言
私は、なぜ地方参政権を一生懸命取り組んでいるかと言えば、
今の日本は“戦後”の状況に陥り、夢も展望も見いだせないからです。
ではどこに展望を見いだすか。
一つは定住外国人を受け入れ、多民族多文化国家を作ることです
日本は少子化がどんどん進んでいる。
そのリスクを回避するため定住外国人を受け入れて地域社会をつくることが必要です。
定住外国人と一緒に力をあわせて新しい社会を形成する。
その一里塚が地方参政権だと思っています。
それは結果的に国の安全保障につながるという信念を持ってます。
劇的に日韓関係は変わり、北朝鮮も含めた朝鮮半島の安定化にもつながっていくと信じています。
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/sinzadan10/1001031.html
http://alfalfalfa.com/archives/380439.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

上記のようなお考えから
多民族国家日本を推進したい議員さんもいらっしゃいますが,
果たして、その先に明るい日本はあるのでしょうか?
↓↓↓


子供の数が減ってきている。
このままでは就労人口が減り、大変なことになる。
その分を外国人に補ってもらおう!!!!

そもそもなぜ、
子供の数が減ってきているのでしょうか?
また、
本当に子供の数は減ってきているのでしょうか?
↓↓↓↓↓

国別出生率推移
24515671_1164641015_90large.jpg

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1550.html
資料 厚生労働省

日本は、2005年~2010年にかけて、出生率が回復しています。
「子供の数が減っている!!!」とマスメディアは騒ぎますが、
平均1.38人。
平均1人~2人は子供を産んでいることになります。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「子供の数が減ってきているから」→移民,外国人就労枠拡大
そもそも、括弧内の「理由」部分
ここに誤りがあります。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

次に、
将来的に、
このままの出生率では労働人口が減少し困るとするならば、
出生率を上げればいいですね。

では、なぜ出生率が伸びないのか?

(経済産業省発表)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
出生数減少の理由
1>子供の教育にお金がかかるから
2>経済的に余裕がないから
3>仕事をしながら子育てをするのが困難だから
http://www.meti.go.jp/policy/servicepolicy/contents/health_welfare/files/ryoritsu_shien.pdf 
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

*仕事をしながら子育てが可能な環境を整えたところで、
子供を預けるのにはやはりお金がかかる。
問題の根源は『収入』『経済不安定』であることがわかります


■収入が不安定>結婚へ踏み切れない
(メディアは「草食系男子」という言葉を作り、問題の根源を見せない)
■収入が不安定>子供を作らない。子供を増やさない。


では、
移民が増えたら、景気が安定し、出生率も上がるのでしょうか?
移民が増えたら、景気が安定し、若者の将来は明るいものとなるのでしょうか?

<<現在の状況>>
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
7万人が失業中
大学生の就職率も氷河期並みの落ち込み

■大学生の就職内定率 最低水準
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110524/k10013070351000.html
■被災3県、失業者7万人 震災後、労働局まとめ
http://www.asahi.com/business/update/0428/TKY201104280160.html
>>>日本人の雇用さえ困難な状況
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


ここに移民が来たらどうなるか?

日本人の雇用がより困難な状況
>>稼げない
>>収入がより不安定
>>>結婚へ踏み切れない、子供を作らない。子供を増やさない

■少子化は解決せず、悪化の可能性大。
■日本人の若者の就労はより困難な状況に。


加えて
ここにオランダのような外国人参政権を加えれば
日本人が日本にいながら生き辛い世の中が一層加速しそうですね。


根源の解決をせず
なんでもかんでも外国人で補っていれば
加えてその外国人優先の仕組みを日本に整えれば
日本は日本で有りながら「外国」と化しそうです。



今日本に必要な事
デフレ脱却で景気回復
日本人の雇用先の確保
稼げる仕組みが整えば、それは少子化対策にもなると私は思います。



では今、それが可能でしょうか?


只今日本の国政の前提は 売国。
前提売国の政権下で行われることは日本の弱体化(だからデフレが悪化する増税を推進中)ですから
不可能でしょう。


移民政策
沖縄ビジョン

民主党はこれを推進しています。

また、
外国人参政権
人権救済機関設置法案
重国籍法

上記は民主党が可決させたい法案です。

民主党のままであれば、生き辛い世の中の仕組みは整ってしまいます。
オランダの現状が、そのまま日本となってしまう可能性も高い。



ではどうすればいいか?

解散を望み
次の選挙にて
「国益を考え仕事をする」議員さんを選ぶことです。



以下、参考までにどうぞ


現在日本では
こんな方々が外国人参政権を求め↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
NPO法人 高槻むくげの会の李敬宰(りけいさい/イ=キョンジェ)会長は、
外国人参政権に関する講演会で、こんな発言をしました。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/90.html#id_2f8da910

在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、 私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です。
そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
こうした素晴らしい戦術が あるのに、
それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。
――李敬宰 講演 『在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回 「在日韓国・朝鮮人と国籍」』より。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


こんな方々が外国人参政権を推進しています↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■永住外国人参政権実現に意欲 鳩山元首相
民主党の鳩山由紀夫元首相は11日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)の新年会に出席し、民団が実現を強く求めている永住外国人への地方参政権付与について「国会議員に課せられた大きな宿題を果たさなければならない。今年こそは、という気持ちで解決していきたい」と実現に意欲を示した。
民主党の江田五月元参院議長、
公明党の太田昭宏前代表、
共産党の志位和夫委員長、
社民党の福島瑞穂党首も早期実現を訴えた。

産経新聞
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



移民政策を推進しているのは
この方々です。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

■民主党kolia.jpg
「1000万人移民受け入れ構想」
浅尾慶一郎 (参議院議員)
大塚耕平 (参議院議員)
細野豪志 (衆議院議員)
古川元久 (衆議院議員)
松井孝治 (参議院議員)
松本剛明 (衆議院議員)

岡田克也党首時代に、
次のキャビネット構想で掲げた憲法案に、
特定国から「1000万人」の大量移民を許し、

「日本の国家主権委譲」を実現する構想が込められていた。

自民党の売国議員である中川秀直による移民1000万人受け入れ構想よりもずっと前から、
民主党は大量移民政策を堂々と掲げていた

加えて
民主党議員の多くが外国人参政権ほか売国法案賛成派です。


■自民党の中の売国奴
自民党の中川秀直議員を中心にして作られた移民1000万人受け入れ構想
当時の流れ詳細はこちら↓↓↓
1000万移民の日本破壊策謀…ドン中川秀直の野望
http://dogma.at.webry.info/200806/article_5.html

中川秀直議員について
①反麻生
②消費者金融(サラ金)業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)から資金提供を受けている。
③自由民主党新聞販売懇話会会長代行であり、新聞の特殊指定、再販制度維持を主張。日本新聞販売協会の顧問でもあった。その分身でもある日販協政治連盟から多額の政治献金を受けている。事実上新聞族のドンである。
④北京オリンピックを支援する議員の会の会長代理を務める。日朝友好議員連盟所属。
⑤古賀誠、二階俊博らとともに、人権侵害救済機関設置法案の積極推進派としても知られている。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/121.html
このように自民党の中にも売国目的の方が存在します。
だからこそ議員一人ひとりの中身の精査が大切です。選挙区の議員さんに関してよーく調べる必要大です。



ちなみに
麻生は移民推進派だ! という情報がネットの中にありましたので調べてみました。

Q麻生は移民推進??
A 結論言うと、技術者は受け入れ、単純労働者は受け入れず、観光ビザで入国の不法移民は断固排除
http://www6.atwiki.jp/floppy/pages/80.html

2008年当時の会議録を見てもわかりますが、移民に対して慎重です。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm↓↓↓↓
○近藤(洋)委員 
単純に移民を受け入れるか受け入れないか。
それはさまざまな社会的な問題がある、重要な問題である、海外も苦労している、重々承知しております。
では、受け入れないのであれば、どういう体制を、日本の産業を競争力を維持するために、また社会を守るために、活力を維持するためにどういう手だてがあるのか。
今のような場当たり的な、どっち向いているのかわからないような対応では、とても対応できないと思うんですもう一度重ねて伺います。
移民の是非について、麻生大臣は、森先生の下で事務局長をやられていたんであれば、
早急にこの問題についてもう一度整理をする必要があるんじゃないですか。
核保有の議論よりよっぽど大事ですよ。

○麻生国務大臣 
核保有の議論よりもっと大事かどうかという判断をあなたに聞くつもりはありませんけれども。
基本的には、今申し上げたように、移民を受け入れるか受け入れないかというような単純な話とも思わぬのですね。
移民を受け入れるということで、一挙にウン百万単位で入ってくるということを日本の国民が望んでいるであろうか。
僕は望んでいないと思うね
はっきりしているんじゃないですかね。
移民を受け入れなきゃいかぬというのであって、人口密度を考えていただいても、少なくとも、香港、台湾に次いで人口密度の高い日本に一挙にウン百万人、ウン千万人のオーダーで入ってくるというのは
、私はちょっと理解できない。
 
したがって、今、日本として必要と言われる労働人口というものの技術を持っている人、そういった人たちは受け入れましょうというのが一点。また、日本の技術を習得したい、また、日本語を勉強したい、日本の何とかといろいろな形で学生が入ってきている、そういった人たちがアルバイトの形でコンビニなんかにいる。事実、そういったところもあります。
また、現場がそういったのに頼っているところもあるという両方の現実を踏まえて今のような形なんであって、
今の方針というのは、技術者は受け入れる、単純労働者は受け入れない、学生は大いに受け入れましょう。その中で、いろいろな人たちで日本に残っていろいろ大いに学びたいという人がおられるのであれば、それはそれでまた結構。そして、そういった人たちが日本語を習得して、また日本に再来日される、それも結構。

ただ、私どもとしては、何となく労働者じゃなくて観光で入ってきて、いつとはなしにいなくなっちゃうという形での、いわゆる不法移民というのがふえるのだけは断固とめねばならぬというのはきちんとしておるのであって、そこが一番の基本だと思っております。十年前からその基本は変わっていないということなのであって、現実というものを見た場合に、結構そういった人たちもおりますし、私どもの会社なら、外国と組んで、うちが六、フランスが四で組んだ会社を持っていますから、そういった意味で、現場がどうなっているかというのを結構知らないわけじゃありません。

そういった現場というのを知っているがゆえに、今いろいろな形で時間をかけて、十年もかけると、筑後弁しかできなかったやつがそこそこ英語をしゃべるようになり、向こうも日本語は筑後弁が標準語かと思ってしゃべるようなことになってきますから、そこそこ話も合ってくるようになるのにやはり十年かかりました。そういったのを時間をかけてやっていった結果、いろいろなうまくいき始めた例というのも知らないわけではありませんので、
全く入ってくるのを排除するつもりもありませんし、
だだ漏れでただただ単純に受け入れることもない。

したがって、その答えとすると、今中間みたいなところにしか、慎重に対応していけば今のような結論になるのではないかという感じがいたします。

○近藤(洋)委員 
時間ですのでやめますが、何も、私も移民に単純に賛成している政治家ではありません。
その上で、現状の制度が破綻しているんだ、この現実を踏まえて対応しないともうもたないですよ、
このことを指摘しているわけであります。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

日本の未来
それは議員ではなく、
議員を選ぶ私たち次第だと私は思います。

その為には
国民が
国の現状を知った上で、
今、何が国益に値するのか判断が出来なければならないですし
議員をイメージではなく中身で判断出来なければならないと思います。


日本の未来
それは議員ではなく、
議員を選ぶ私たち次第だと私は思います。


日本の未来が明るいものとなってほしい

だから
売国に反対の私は民主党(及びその他売国法案に賛成する売国政党)を応援しません。

日本の未来が明るいものとなってほしい。

その為に、今日本に必要な事は、
デフレ脱却で景気回復、日本人の雇用先の確保、
日本人が稼げる仕組み、生活できる仕組みの整備だと考えている私は
それが出来る人、それを行っていた人である麻生さんを支持しています
↓↓↓
■テレビが絶対に教えない麻生内閣の凄まじい実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
■酔っ払い!漢字読めない!と叩かれていた裏で頑張っていた日本人二人
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-56.html


麻生さんが前線で活躍するには
まず自民党が与党となる必要があるので
私は自民党を応援しています。
しかし
自民党議員の中にも売国を目的としている人がいるのは確かです。
私はそれに反対です。

売国議員は、政党関係なく国政にいらない。
私はそう考えています。

これは私個人が出した私の結論です。



只今、国政前提 売国

2年前と比べて マシ になりましたか?

マシになっていないという事は
それだけ国益を害されたということです。


選択が間違っていたということです。

誰が国益となるよう仕事をするか
どの政党が国益となるよう仕事をするか
日本人ひとりひとりが、
メディアに操られることなく、
じっくりと比較検討をし
出した結論を
選挙に行き、票を入れることで反映させれば


今より、うんと マシな日本となると私は思います。


同じ思いの方、よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。