民主党の実績

民主党の行動目的は「売国」です。
理念として「他国への国家主権の移譲」を掲げているのが民主党です。


だから

民主党が行うことは、日本の国益とはなりません。
民主党が行っているのは「売国」ですから。

民主党が「国益」という言葉を使用する時は
嘘 か 建前のみ です。

民主党が「国益」という言葉を使用し行った結果は
国益を害すること ばかりです。

以下にその根拠を提示します。



民主党の実績

国民生活を破壊する民主党の詐欺政策一覧 より
http://ameblo.jp/nekoneko1114/entry-10636393024.html#cbox \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
【暮らしのための政治】

◎仕事をサボりまくって鳩山・菅内閣の国会会期は年間たったの194日
(福田内閣288日、麻生内閣291日)

◎通常国会における閣法(政府提案)の成立率は55.6%(35本/65本)で戦後最低。

【国民生活無視して参議院選挙・党首選挙優先】

◎政府と党の政策決定の一元化
→ 党の政務調査会を復活し、二元化へ回帰、未だに役割分担未定

◎口蹄疫対策(4/20~)
→ 担当の赤松農水大臣が外遊(4/30~5/8)
→埋却地の確保を畜産家に任せる現行法を改正せずに蔓延放置(殺処分25万頭超)
→意図的に宮崎県の家畜を抹殺。
未処分5~8万頭が1週間続く事態を「土地は足りている」と発言(5/18)

→ワクチン接種で16万5千頭殺処分(5/24)
必要埋却地50~75ha

◎新田原基地周辺の土地を県に売却決定
→5/25 国が土地を確保する口蹄疫対策特別措置法案を、自民党が議員立法で提出、与野党協議で共同提案に変更、政府案は提出せず

→感染率千倍の豚5万頭の埋却より、47頭の種牛殺処分を優先

→5/28口蹄疫対策特別措置法成立、大臣不信任決議案提出
→赤松大臣2回目の宮崎訪問(5/30)でやっと謝罪

→6/1に宮崎訪問した鳩山首相が6/2に辞任宣言

→赤松大臣が責任を認め菅内閣での再任辞退
→現地本部の山田副大臣に後任決定→27万6千頭の家畜大虐殺終了(7/2)


◎災害や犯罪から国民を守る

→過激派革マル活動家・JR総連の田城郁や、山口組関係暴力団員の娘を参議院選挙で公認
内ゲバ・ゼネスト・JR事故・暴力を推進

→中国で死刑判決を受けた覚醒剤密輸犯4人の死刑執行に反対

暴力団を擁護
→革マル活動家と暴力団員の娘、両方当選

→大韓航空機爆破事件の実行犯テロリストをVIP待遇・高額報酬支給(7/22)



◎コンクリートから人へ/

→'10年度予算で削った公共事業費はたったの1.3兆円('09FY7.1兆円→'10FY5.8兆円)、
マニフェスト項目7.1兆円は3.1兆円に縮減
(ガソリン暫定税率2.5兆円は公共事業財源として当面存続)、
既に破綻

高速料金値下げの財源1.4兆円で高速道路新設
→民主党が公共事業倍増議員連盟を結成
→参議院選挙の公約から撤回、来年度予算は現状維持 8/31


◎行政刷新会議

→事務局長「構想日本」の加藤は元財務官僚、事務局次長の阿部は横浜市政を投げ出した元総務官僚で「過去官僚」活用、
事務局メンバーは34人で現職官僚30人(総務省6、財務省4ほか)
残りの民間人は加藤を含めた「構想日本」メンバーだけで全て官僚主導
→官僚以外の仕分け人は出張ばかりで仕事をしてるフリ
→稲盛の後任は再び京セラ、民主党利権温存
→売名目的の阿部が長野県知事に就任 8/8
 

◎事業仕分け('09補正予算・今年度予算)

→概算要求3千事業95兆円のうち対象はたった4百程度で、目標は僅か3兆円
補正予算では自治体などの反対で頓挫
政治家チームは小沢の指示でメンバーを総入替えして32人から7人に削減(10/29)

財務大臣が主計官にも削減作業指示
→外国人を含む民間人の仕分け人を加えて財務省がお膳立て、
主要項目の道路、診療報酬などは手つかず
教員給与の削減は枝野が議論回避
→結果はたった6700億円で目標未達成
基金の返上1兆1千億円は95兆円の削減に無関係

5500人教員増員で日教組に配慮
→JAXAのはやぶさ後継機予算を17億円から3千万円に削減 6/15


◎事業仕分け(公益法人・独立行政法人)

→国所管公益法人6600のうち対象はたった290、
指導監督する所管省庁の大臣・副大臣・政務官は、会計検査院が発見した埋蔵金1兆円を枝野に丸投げ
→仕事をサボりまくってた新人100名かき集めてチンタラ作業
→研究開発の独法32法人職員数27115人のうち、19法人9689人は仕分け対象外
広報改善などを名目に宝くじの販売停止を提言
違法ギャンブル・パチンコへ資金誘導→蓮ホー大臣就任 6/8


◎後期高齢者保険廃止

→都道府県・市町村の反対で当面継続
4年後に新制度移行、今年度は2.1%の保険料引上げで老人イジメ
制度改正は都道府県の財政安定化基金取崩しだけのインチキ政策
→75才以上は国保に再加入、都道府県毎の保険料は変更せずに老人イジメ強化 4/4

 
◎医療は各界・各層の代表の意見を幅広く聴取

→中医協から開業医の代表である医師会推薦排除して、民主支持の茨城県医師会などに入れ替え、診療報酬の改定は勤務医(年収1500万円)優遇で税金バラ撒き
漢方薬を保険外に変更して低所得者を見殺しにするつもりが国民の反対で頓挫


◎年金制度を一元化、月額7万円の最低保障年金を実現
→4年かけてじっくり検討、完全実施は20年以上先
公務員優遇の年金制度温存


◎年金保険料は流用禁止、事務費に使わない
→一般会計での年金データーチェック費用が削減(2千億円→900億円)されたため、特別会計の年金保険料から調達


◎年金通帳の導入
→導入のための来年度予算計上を見送り


◎年金受給者の税負担を軽減(2400億円)
→マニフェストに書いた公的年金控除の引上げと老年者控除の復活は税調で議論無し
税制改正大綱でも記載無し
代わりに配偶者控除廃止と消費税引上げの増税論議先行


◎生活保護の母子加算を10月復活
→災害用の予備費を無理矢理流用し12月から復活
代わりに設けた就労支援は廃止


◎障害者自立支援法廃止
→1割負担は自公政権の負担軽減措置で平均3%程度
医療負担軽減のための概算要求額300億円は100億円に圧縮
→障害者自立支援法改正法案は通常国会延長せずに廃案 6/16


◎被爆者・肝炎患者などの弱者を早期救済
→前国会では政府案を審議拒否したが、肝炎患者の陳情(10/30)受け、例外扱いの議員立法で自民党案を丸飲みして委員長提案、手柄は横取り

  
◎高速無料
→本格実施で生活路線バス廃止、フェリー経営破綻
→小沢指示で予算を削減(6千億円→1千億円)

交通量の少ない所で実証実験(37路線18%)
ETC廃止で料金所の無駄な人件費温存

大渋滞復活
→高速値下げ1000円の予算1.4兆円で無駄な高速建設・料金値上げ
→6月1日から上限2千円に倍額値上げ
首都高も各種割引廃止で実質値上げ

→小沢の指示で政府案見直し、6月1日の料金改定断念、

無料化実証実験は6/28から実施
→11年度予算要求はたったの1500億円で本格実施放棄 9/1


◎ガソリン暫定税率廃止(2.5兆円)
→法案を通常国会に先送り、景気刺激効果無し
→小沢指示で税率存続、2兆5千億円を公共事業財源として確保、将来はCO2排出枠購入費として海外にバラ撒き
→3か月間160円/L以上は課税停止でガソリンスタンド大混乱
→参議院選挙で公約撤回、地球温暖化対策税に看板書換え税負担存続 9/1


◎道路特定財源の一般財源化
→当面は参議院選挙のばら撒き公共事業財源として存続、
振り替え予定の環境税は目的税で使途限定、海外バラ撒き用の特定財源


◎埋蔵金発掘で収入確保
→公益法人の1兆円超の内部留保を会計検査院が発見したが埋めたまま、埋蔵金である税外収入は'09FY9.2兆円→'10FY10.6兆円で増加はたったの1.4兆円


◎09年度補正予算のムダな基金は凍結
→雇用対策関係基金7千億円は昨年度分も足りず、2次補正で3年分前倒し執行
補正で執行停止した356事業のうち101事業を10年度予算で復活させて利権バラ撒き


◎予算編成過程は原則公開
→断片的な情報を閣僚がバラバラに発表
殆んどの会議は非公開
行政刷新会議の事業仕分けは公開したが、インターネット中継は同時視聴を100人しか想定せずにパンク寸前(数千人が同時視聴)

財務省は論点だけ公開して全くヤル気なし
→民主党県連の陳情集めた小沢の指示で編成、ブラックボックス化


◎雇用対策→政権協議では「検討する」でヤル気なし。9/25に本部をチンタラ設置、10/23発表の対策は麻生政権補正予算の対策を運用改善でごまかし、
雇用調整助成金の要件緩和のみで支給期間300日の延長見送りで正社員200万人のクビ切り促進、
雇用創出策は「太陽光発電の施工技術者育成」でイオン岡田と京セラに利権提供、
介護・林業・農業でたった10万人、

2次補正予算は失業手当の増額に対応して6千億円、来年度予算はたったの170億円増で失業者見殺し、

窓口対応は自治体へ丸投げ
→労使折半の失業保険料率を0.8%から1.2%に50%引上げ 4/10


◎労働者派遣法を改正し製造製造現場への派遣を原則禁止
→通常国会にチンタラ法案提出、通常国会で成立せずに次期国会で継続審議 6/16


◎全ての労働者に適用される「全国最低賃金」を設定(800円を想定)
最低賃金の全国平均1000円を目指す
→2010年は713円→728円(+15円)、
任期4年内の達成はもはや不可能 8/5


◎経済対策
→麻生内閣の09年度1次補正予算14兆円を執行凍結、円高容認の藤井大臣、デフレ容認の菅大臣のおかげで倒産・解雇増大
→12/8決定の第2次補正予算(7.2兆円)はエコカー・エコポイントなど麻生政権の経済対策の猿マネばかり

1次補正で執行停止した公共事業4800億円を5000億円でそのまま復活、
新規は地方交付税3兆円増額で自治労公務員の給与確保、

エコ住宅導入1千億円でイオン岡田・京セラの利権確保、
10年度予算も太陽光発電だけ予算倍増402億円
→1/282次補正予算成立
→菅首相に代わっても円高・株価下落放置、景気対策は予備費の9200億円のみ 9/1


◎税制改正過程の抜本改革
→政府税調は公開したが、自民党税調と同様の企画委員会を設置
完全非公開で財務省・総務省・与党のインナー温存
→政府税調に旧政府税調と同様の専門委員会設置(2/24)して官僚主導復活 


◎個人住民税の扶養控除は廃止しない
→子供手当の財源にするため、所得税とのバランスを理由に廃止して4569億円大増税

担当の小川淳也政務官は元総務官僚の住民税担当で、マニフェスト破りを策定時から計画
国保料・保育料などの負担増50項目で低所得者や障害者などの弱者抹殺推進
→扶養控除を廃止しない場合の課税所得を別途自治体に計算させる方法を検討中

◎消費税引上げは4年間議論しない
→代わりにたばこ税の引上げ(2065億円1箱300円→410円)や環境税の創設(外国バラ撒き17兆円の財源)などで個別消費税大増税

大衆増税先行
→政府税調が2/21から引上げ検討開始
参議院選挙を前に菅首相が自民党の5%引上げを参考と発言

→菅首相が収入金額300万円以下の低所得者への消費税還付を検討と発言
荒唐無稽
→税制改正の提案は来年度に先送り
→菅首相が党首選の争点に提起 9/1


◎租税特別措置(500項目6兆8900億円)の削減で2.7兆円財源確保
→全く削減出来ずに差引き100億円の減収で看板倒れ
対象企業へ利権バラ撒き。
たばこ税の税率引上げ2065億円、扶養控除の廃止1兆712億円
環境税で大衆増税は先行実施
贈与税の非課税枠を5百万円→15百万円に拡大し金持ち優遇
大企業に優しく庶民には1兆2777億円の大増税


◎中小企業の法人税率を18%から11%に引下げ(2500億円)
→対象は中小企業の3割だけ
財源見つからず見送り


◎子供手当
→財源見つからず、児童手当の自治体負担5700億円や企業負担1800億円を存続。
扶養控除廃止で1兆712億円の大増税、
所得制限なしで金持ち公務員優遇、

国籍要件なしで国外に住む朝鮮人・中国人などの子供(10万人~)にも支給
在住1年未満の出稼ぎ外国人が日本に殺到
初年度は児童手当と併給もはや理念無し

→新規の申請は中学生の親と金持ちの親のみ、
両親のいない施設の子供5千人は対象外
→マニフェストにない所得税や消費税の増税を財源として検討開始
→4/1受付開始
来日したばかりの中国人・朝鮮人などが自治体窓口に殺到
→尼崎市で韓国人が554人分申請
→11年度概算要求は満額断念して金額明示せずに事項要求扱い
自治体企業負担存続で増税もそのまま実施 9/1


◎高校教育無償化
→朝鮮高校を対象に追加する憲法違反の法律制定
日本国民の税金を朝鮮人の子供にも配分

公立には所得制限なしで金持ち優遇
私立には所得に応じ倍額援助

低所得者対象の返済不要奨学金は330億円減額して123億円
あしなが募金は収入激減・交通遺児は涙目
集めたあしなが募金の大半(1億円)を日教組が横取り

→定時制や特別支援学校通学生徒は授業料を上回る増税のみ
→朝鮮高校追加は参議院選挙後に当面見送り
→8/31までの決定見送り 9/1


◎学校施設耐震化の促進
→09年度予算3800億円
09年度補正予算は執行停止して10年度当初予算は1032億円に削減
5000棟の工事予定が2200棟に縮減
→当初予算は成立したばかりなのに予備費800億円流用で追加執行
→菅・小沢が経済対策として追加予定 9/1


◎八ッ場ダム中止して財源確保
→新規ダム48のうち本体工事未着工28ダム凍結
小沢・西松ダム4は工事続行

費用対効果の算定は143ダムについて年末までにやり直すはずが来年8月に先送り→143のうち本体未着工89だけを凍結
小沢・西松ダムは無条件続行
地方団体整備の補助ダム58は再検証中(5ダムは本体着工)
→前原が関係知事との会合拒否(8月)
費用対効果は未だに検討中 9/1


◎郵政民営化
→民間人の西川社長を追い出し、元財務次官の斎藤次郎を起用、副社長も元財務官僚と元郵政官僚、経済ヤクザの高井俊成を起用

郵貯・簡保の郵政マネー300兆円で国債以外にも財投債や地域ファンドを購入する政策金融復活、

底無しの借金依存財政確実
→小沢の不起訴(2/4)と引換えに紙屑になる米国債を大量購入約束

→郵貯限度額1千万円を2千万円に引上げ、
地方銀行・信金信組などの民間金融機関の経営圧迫、貸し剥がし推進

→5千億円の米国債購入発覚、今後も増加
→全国一律サービスを貯金・保険に拡大し郵便事業の赤字を補てん、
非正社員20万人のうち6万5千人を11月から正社員化・人件費4千億円増
→700億円かけた防犯カメラを32億円かけて撤去
→海外ファンドに10兆円投資予定、海外にもばら撒き
→5/28審議時間たった1日で委員会強行採決
→通常国会での成立断念・亀井大臣辞職、改正法案廃案
→7/1のペリカン便統合は参議院選挙の応援優先で遅配を招き大混乱 7/7
 


◎金融危機への対応
信用保証の対象業種(781)を拡充
→現行制度の対象外はパチンコ業界などの風営法対象業種のみ
左翼活動家が多い「劇団」やカラオケボックスなど12業種を追加
国民生活に影響なし

第2次補正で景気対策緊急保証に看板書き換え、保証枠6兆円追加(30兆円→36兆円)


◎金融危機への対応
住宅ローン等の返済条件緩和を支援
→09年度第1次補正の住宅ローン利用者支援(フラット35)を2千億円削減
→第2次補正は同じ内容で4千億円追加、メチャクチャな金融政策


◎家庭の太陽光発電の買取り
→太陽光パネルを設置出来ないマンションなどの集合住宅は電気料金・ガス料金負担増(2倍以上の値上げ)のみ、
戸建てに住む金持ちのため4600億円/年~6300億円/年負担 7/21


◎環境税創設
→課税対象や徴収者、税負担など全く議論していないのに来年4月から実施
→ガソリン税の暫定税率を地球温暖化対策税と言い換え2兆5千億円の財源確保、
公約破りの無能政策
発電用燃料への課税は全く議論無し 


◎イノベーションでCO2排出減
→研究開発予算削減(補正予算2700億円→1000億円)。
事業仕分けでも先端企業の技術・研究開発資金を削りまくって海外移転促進、
中国への技術移転を強要

→京セラ稲盛・イオン岡田の太陽光発電は予算倍増402億円、
川端文部科学大臣出身の東レに海水淡水化研究費29億円、
民主党応援企業の利権は確保 3/10


◎国家公務員給与2割削減
→地方公務員への単なる振り替え、
郵政国営化、高速国営化、天下り禁止をすり替えて定年65歳化、
国籍不明の民主党党員(政調27名)を無試験で国家公務員に採用(4/1)

→天下り全面禁止で人件費2割増判明
→衆議院で委員会審議打ち切り強行採決
→通常国会延長せずに関連法案廃案
→大企業の給与平均を使う人事院勧告温存、10年度はたったの△1.5% 8/10


◎天下りの温床
独立行政法人は廃止→天下り法人「地域医療推進機構」新設法案を臨時国会に提出、会期が短くて成立見送り
→通常国会延長せずに廃案
→現行の社保・年金病院を議員立法で存続 7/22


◎政権交代が景気対策
→株価大幅ダウン
円高・デフレ容認で企業の財務にダメージ
昨年は何も実施せずに放置
→輸出の回復で株価上昇、菅政権は円高放置で株価暴落中 9/1


◎北朝鮮船舶貨物検査法案
→長距離航行が可能な自衛隊の活動を削除し、装備の手薄な海上保安庁主体に変更
→法案を臨時国会へ提出したが会期が短く成立見送り、核兵器開発支援・薬物輸入を計画的に推進

→通常国会でも未だに議論せず、北朝鮮・在日朝鮮暴力団支援続行中
→北朝鮮の魚雷攻撃発覚して急遽審議入り

→通常国会最終日にやっと法案成立 6/16


◎核拡散防止条約(NPT)
再検討会議において主導的な役割を果たす
→首相・外務大臣が全ての会合(5/3~5/28)を欠席
共産党志位委員長に丸投げ 6/3
  

◎中期防衛計画の見直し
→'10年末まで先送り、空白期間1年発生


◎日米自由貿易協定(ETA)の交渉促進
→訪米したが交渉せず、赤松「全体の責任者は外務大臣」と怒って記者会見打切り、オバマ訪日では議論無し


◎東アジア共同体
→基軸は「日韓」「日中韓」「日中」「日本含むASEAN」とコロコロ変更、
外交政策は「日米同盟基軸」、言えば言うほど信頼低下、
民間人を乗せた自衛艦を「友愛の船サンダーバード」として各国派遣、
12月10日~13日、国会議員143人の小沢観光訪中団は国家主席と握手
1か月ルール破って天皇陛下と国家副主席の面会強要


◎食の安全確保
→中国相手に土下座外交
訪中時に発言しても無視されAPECでも中国側から岡田に毒餃子は解決困難と説明されたが反論せず。

調査をサボる農政事務所のヤミ専従温存、

輸入規制なしで中国・輸入商社ウハウハ
→中国当局が毒餃子事件の容疑者を拘束
→韓国からの豚肉輸入推進のため宮崎の口蹄疫は放置
→ウナギ偽装会社セイワから小沢と元秘書石川・樋高議員が献金受領 8/18


◎新型インフルエンザ対策
→副作用の危険性が高い輸入ワクチン4950万人分(1人2回換算)を消化するため成人を1回から2回に変更、

院外薬剤師・介護士・保育士・教師は優先接種対象外で蔓延放置、

輸入ワクチン消化のために乳幼児も優先接種追加
→成人を2回から1回に再変更、
医療現場は大混乱、

GSK社のワクチン3700万人分はカナダで使用停止、ドイツ・フランスはボイコット
→副作用の損害賠償を国が肩代わりする法案が先に成立
→GSK社・ノバルティス社に調査団派遣(11/29)
12/26に安全宣言して日本人1万人による人体実験を2/3から実施する予定が都道府県への出荷(2/12開始)は136人のみ

→9900万人分1126億円の輸入契約変更交渉をチンタラ開始
→GSK社7400万人分のうち32%257億円、ノバルティス社2500万人分のうち33.5%107億円解約(92億円は違約金で相殺)決定、
854億円無駄使い 6/29


◎外国人地方参政権
→マニフェストから外したが、山岡国対委員長が議員立法で臨時国会に提出宣言
→党内と国民の反対で国会は諦め、憲法論議を官僚答弁禁止の国会法改正で封じ込めた上で、閣法で通常国会に提出

→小沢が韓国で法案成立宣言
日本人の子供と親を罵倒

→総務省で法案策定したが、県議会で反対議決が相次ぎ、憲法学者・最高裁元裁判官などから違憲との見解続出、国民新党も反対して閣議決定見込み無し
→参議院選後に法案提出予定


◎戸籍廃止、夫婦別姓
→各種売国政策も早期法案化


◎国会での官僚答弁禁止

→憲法違反の法律制定を推進するために法制局長官の国会答弁を禁止し、民主党の各種疑惑事件の追及を逃れるために刑事局長答弁を封殺←無能な大臣達を支えるため臨時国会で官僚の質問取り開始、
従来通り官僚が答弁書作成、長妻は国会でのメモ出し強化

→5/14国会法改正案を衆議院に提出
→通常国会延長せずに廃案 6/16


◎政治資金規正法を改正し企業献金・政治資金パーティーを禁止
→名古屋市でパチンコ業界などを集めて11/6に赤松大臣就任パーティー開催

小沢幹事長は10/30、12/15、12/20に大規模パーティー開催、
石川議連も山岡主導で業界団体2千名で11/1に開催、
11/30に牧山弘恵議員パーティー開催、

全く歯止め無し

→総理の秘書が収支報告書虚偽記載、
政治資金規正法改正法案は通常国会に提出せず 6/16


◎記者クラブ開放
→マスコミ出身議員(25名)に気兼ねして反故、
民主党偏重の偏向報道変わりなし


◎官房機密費の使途の透明性確保
→使途(マスコミへの現金バラマキ、キャバクラ、ゴルフ、外遊時の餞別)は公表しない
→公表できる時期(百年後?)がきたら公表


◎地域主権
→予算の組替えで自治体の意見無視、
12月中旬から支給を始める子育て応援特別手当を停止して市町村は大混乱、
地方分権委の義務付け見直し勧告104項目のうち見直すのはたった28項目、看板倒れ、

1/20の地方行財政会議は地方六団体排除
→地域主権関連法案は通常国会で成立せずに次期国会で継続審議
→補助金を廃止して新設する一括交付金は国の関与を残し看板書き換えのみ 6/21
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



貴方は
上記を読んでもまだ、民主党を支持しますか?
上記を読んでもまだ、民主党に期待をしますか?



そしてどうぞ以下と比べてください。
↓↓↓↓↓
テレビが教えない自民党の実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-3.html





どちらが国を守っていましたか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。