~悪魔の証明~  他国に都合のいいストーリーなんていらない

悪魔の証明

37651279_1069928086_229large.jpg



画像内文章
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「南京の真実 」

どうも
あなたとは面識がないですよね
そりゃあ、そうです。
会うのははじめてですもの。
でね、
昔あなたが生まれる前
あなたのお父さんとお母さんが
私の家族、兄弟、みな殺したんですよ。
ほんとうです。
ウソじゃありません。

だから、あなたは私に、カネよこせ。

ほら、早く払いなさいよ。

証拠?
いくらだって、証言があります。
ウソだろう?
嘘じゃありません。
あなたみたいな嘘つきじゃあるまいし。

もしあなたが
そんなことはなかったと
完全に証明できるのなら、私は帰ります。
さあ、どうぞ。
いくらでも、待ちますよ。

本当にあなたのお父さんとお母さんは最低ですね。
ひどい人です。

あなたも含めてね。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



『日本に 犬 がいることを証明しなさい』
犬を一匹連れてくれば証明完了

『日本に 犬が一匹もいないことを証明しなさい』
可能でしょうか?

くまなく探して、
犬がいなくても、
「いや居るはずだ!!」と言われれば
完璧な証明は不可能



『南京大虐殺は無い』

しかし、
現在
『南京大虐殺はあった』と、
前提を創りあげられ
『だから日本人は考えなければならない!!』
と考えさせられています。

あった ことの証明は
捏造写真や捏造証言により、
いかようにも道をつけることができます

しかし
なかった ことの100パーセントの証明は
不可能



だから
毅然とした態度、
構えを取らねば
騙され奪われ、
やられっぱなしのまま

現在
やりたい放題です。

間違った道も、
押し通せばやがては真実にされてしまう。



あったのかなかったのか
真か偽か。

100パーセントの証明は不可能ですので、
日本独自の国史を提示すればいい。
現在それがジギャクシ観=他国に都合がいいものとなっています。


『無いものは無い』
議論をしている間は「定まり」ませんから
『無いものは無い」と
日本独自の国史を提示し続けるのみです。




日本人の祖先たちの生き様は、
堂々と提示できぬような、
恥ずべき内容ではありません。↓↓↓↓↓

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■「孟子廟に参拜する日本軍人の心得」

1>孟子は孔子と一緒に時中国人が一番崇拜する偉人だ.
 私たち,日本人にとっても精神的文化の恩人だ.
2>参拜する人は仏閣に参拜するのと同じ心で愼重に行動すること.
3>模範的行動が日本軍の名誉を証明する.
 それが民衆に日本軍が愛される力になることを肝に銘じなさい.
c0059946_21143510.jpg


■中国の近代化を夢見た国民党の孫文の像に中華民国の旗をかける日本
c0059946_21143793.jpg



■中国のお菓子売りの子供と日本兵
c0059946_21144095.jpg



■オルガンを弾く日本兵に集まる中国の子供たち
c0059946_21144297.jpg



■天津の日本軍部隊へ毎日きて遊ぶ中国の子供
c0059946_21153437.jpg



■南京陥落直後、南京近郊にて中国人の子供と手をつないで歩く赤星昂(あかぼしたかし)少尉(夫人提供)
37651279_1422876834_136large.jpg



■日本兵から菓子をもらって喜ぶ南京の家族(1937.12.20撮影)
37651279_1422876837_189large.jpg



■疫病防止のため南京市民に予防措置を施す日本の衛生兵
37651279_1422876828_20large.jpg



■カメラマン佐藤振寿氏。南京占領の2日後 1937.12.15撮影
37651279_1422876843_200large.jpg



■支那軍に町を焼かれ、逃げ遅れた老婆を避難地まで背負う日本軍兵士
『写真集支那事変』
37651279_1422876830_66large.jpg
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

◆遺言 学校では教えてくれないこと その1
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
◆東京裁判 学校では教えてくれないこと その2
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
◆親日国パラオ   学校では教えてくれないことその3
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
◆白旗の少女の真実 学校では教えてくれないことその4
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-7.html




同じ思いの方、
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。