日本軍最強伝説と日本に仕掛けられた「敵軍育成装置」

A級戦犯自主的分祀を、前原氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111212/plc11121219490006-n1.htm
戦犯戦犯まだ言うか。



以下は支那および韓国、加えて日教組が
「日本は悪い国」であると唱える際に用いる日本軍最強伝説です。

≪日本軍最強伝説≫
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
◆兵士1人が日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、
◆銃剣と単発銃のみで80万人以上殺すなど、原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、
◆各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、

◆320万人もの現地労働者を動員し、そのうち100万人が死ぬほどの労働条件でも反乱を起こさせないほどの統率能力を使って、
◆国境地帯に計19ヶ所、4700kmにおよぶ要塞および1700kmもの地下要塞を作るほどの労働力を動員し、
◆その工事後1万人を生き埋めにしたり、揚子江の川幅を2m以下にしたり、するほどの高い土木技術を持ち、
◆沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、
◆当時オランダ領だったインドネシアにも開戦前から日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、
◆日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、
◆AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独創性に富み、
◆韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、
◆保護するために植民地ではなく「併合」したにも関わらず、韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、
◆韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、新たに日本のダメな建築物に建て替えるほど資材と資財が有り余っていて、
◆当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、
◆中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を一カ所に集めてたっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、
◆人間の脂肪から、航空燃料を作れるほど錬金術に長け、
◆わずか70万人の関東軍で、戦闘の合間に20万人もの中国人慰安婦を満足させるほど絶倫で、
◆広く険しい中国大陸を大軍勢で移動していたにも関わらず、各地区の兵士や民間人が逃げる暇も無い程のスピードで動き回るなど金メダル級の運動能力を誇り、
◆山東省で広島+長崎の核2発分の犠牲者数を超える42万人を殺戮するほどの細菌兵器を保有し、
◆田舎から都市部まで全ての街道を余す所無く隅々まで破壊し尽くし、さらに人気の無い山の奥深くでさえ草一本残さず毟り取る程の根気と几帳面さを兼ね揃え、
◆11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、
◆終戦後になぜか意味の無い強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、
◆圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、
◆朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、
◆敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長け、
◆中国での最初の慰安所「大一サロン」にはハイテクエアコンを完備させ、
◆半世紀以上放置されても使用出来る毒ガスを作れるほどの科学力を誇り、
◆金の掛かる化学兵器砲弾を200万発も生産して中国全土に埋め、
◆もともと無い記憶を奪えるという摩訶不思議な技術を持っていた

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1138.html より転載
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

いかにめちゃくちゃであるかがお分かりいただけるかと思います。

このめちゃくちゃを知り、大笑いする人がいるかもしれません。

しかし私には笑えないのです。

なぜなら、
このめちゃくちゃに基づき「処刑」された日本人がいるからです。
そして現在も
このめちゃくちゃに基づき
未だに「日本は悪い国」だと「日本人」が考えているからです。


めちゃくちゃも言い続ければ「当然」となります。
日教組が日本人の子供たちに、上記を与えます。
その結果、
日本人が日本を悪い国 だと思っていますし
日本人が日本人の先人を 「戦犯」と呼んでいるのです。

めちゃくちゃもやり続ければ「他国の利益」となります。
日本は悪い国日本は悪い国日本は悪い国
このめちゃくちゃに基づき
謝罪を重ね、見舞金だ謝罪金だと支那や韓国へ利益を提供しているのが
日本です。

歴史とは
国それぞれの「自国優先のストーリー=国史」です。
めちゃくちゃも支那や韓国にとっては「自国優先のストーリー」です。
だから、
支那や韓国に「ふざけるな!!!!!」と叫んだところで
支那や韓国が「日本優先」にストーリーを変えることはないでしょう。
ましてや、
日本独自の国史の提示がなされていない状態で、
どんな対応ができるというのでしょうか?
叫んだところで、
支那や韓国にとっては痛くもかゆくもないでしょう。


~今、何が必要なのか?~

支那や韓国に叫ぶことではなく
ジギャクシ観ではない日本独自の「国史」の提示です。

日本には、
日本人が日本人として誇りを持てるすばらしい先人たちの生き様が
多数存在します。
↓↓↓↓↓
◆遺言 学校では教えてくれないこと その1
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
◆東京裁判 学校では教えてくれないこと その2
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
◆親日国パラオ   学校では教えてくれないことその3
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
◆白旗の少女の真実 学校では教えてくれないことその4
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-7.html


日本人の生き様 を 日本人に国史として提示する。
誇り持てる日本人の歴史を 日本人に国史として提示する。

そして、
それをやり続ける。
それに基づいた教育を行う。
それに基づいた国政を行う。
それに基づいた外交を行う。

ことだと私は考えます。

どうすれば上記が可能になるか?

まずは国民が現状を知り、そして現状打破を望むことだと思います。



以下、
どうぞ読んで下さい。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
戦争に負けたのは仕方がない。だが
日本人は戦いに敗れても誠実さが必要だった。
日本という国に、祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千万の先人に
愛をこめて感謝を捧げるべきであった。

…が、果たせなかった。
多くの日本人が裏切った。

戦勝国による一方的な東京裁判が開かれる中で、
戦後の荒廃した日本に、赤旗がなびき、社会主義思想が広まり、
戦勝国による一方的な裁判が開かれる中で、
日本の近代史は偽りに満ちた悪意のもとに
大きく書き替えられていった。

私たちの国には
明治維新以来
幾度かの困難に敢然と立ち向かった
日本民族の不屈の歴史があります。
たった一つしかない命を国家に
同胞に捧げた凛とした真実の歴史があります。

六十数年前、日本はアメリカを始め世界百十数国を相手に大戦争をした。
しかし、その戦争は、国家国民の安全と平和を護るため、アジアの安定を築くため、世界の平和を請い願ったものであることに間違いなかった。

戦場に出ていった将兵は、みな、同じ考えであり、力の限り、彼らは戦った。
だが、こと志しと違い、戦いに敗れたことで日本の掲げた理想は実ることはなかった。

日本は敗れたままでいる。
平和を享受する現代日本から遠く離れた異国には、未だ収拾されない将兵の遺骨が山野に埋もれている。
いつになったら日本は、戦いに散った将兵を暖かく迎えてくれるのだろうか… 。
全国民が祈りを捧げてくれるのだろうか。

靖國神社に祀られる246万6千余柱の英霊は、未だ侵略戦争の汚名を着せられたままでいる。

かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。
あなた方の真実を、痛みを私たちは伝えていきます。


http://nezu621.blog7.fc2.com/ より転載
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

上記は、故泉水隆一監督の映画
「凛として愛」の冒頭で語られているナレーションの一部です。



>かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
>ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。



現在の日本人は
果たして「援軍」となっているでしょうか?

現在、
国史を与えられず
国家観を与えられず
ジギャクシ観を与えられた日本人は、
命がけで日本を守った先人を戦犯と呼び、
日本に誇りが持てず
日本有りきの己の生活だという実感が持てず
生活と直結している政治に無関心で、他人事で
マスメディアの思うがままに票を投じ、
目標「売国」を掲げる政権を日本の舵取り役に選び
それでも
未だに
無関心で他人事 の日本人、
売国政権を応援する日本人多数。


現在の日本人は
「援軍」ではなく「敵軍」とはなっていないでしょうか?
「敵軍」にさせられてはいないでしょうか?


反日思想の集団である日教組は
今日も
「援軍」ではなく
「敵軍」となるよう日本人を教育し
マスメディアが「敵軍」をうまく誘導し
そして
反日思想の集団である民主党は
その「敵軍」を率いて日本を壊します

↓↓↓↓↓
◆日の丸が嫌いな日教組と日の丸を切り裂く民主党
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-68.html



日本人が
「援軍」ではなく
「敵軍」となれば
日本は続かないでしょう。

なぜなら
先人たちが命がけで戦った「日本に危機をもたらす相手」となり、
先人たちが命がけで守った日本を
私たち現代を生きる日本人の生活の場所である日本を
壊すのですから。




日本に仕掛けられた敵軍育成の仕組み


仕組みにはまり
気づかないままなら

無関心
他人事
日本なんて大嫌い
どうでもいいさ
しらねえよ

悪い悪い嫌い嫌いと
自国、日本を壊す「敵軍」となる


その行いは、これと一緒↓↓↓
37651279_1447893489_112large.jpg
37651279_1423649200_86large.jpg





仕組みは知って、
対応する。
国益となるように
対応する。




段々と
日本が抱える問題(仕組み)にきづき、
声を挙げる日本人が増えてきました。

今は転換期でしょう。


望む

国民が望む

日本を愛し
日本を守ろうと
望む


全て国民の意識次第


国政とは
その国の民の
意識をうつす鏡です。


現状を知り
そして
望んだ結果が
国政に現れます。




かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。
日本を変える援軍を送る。



同じ思いの方、
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。