アメリカが奪った日本人の大切な一日

日本が日本としての体(てい)を成しているからこそ
慕ってくださる国がある。

それを破壊したいのが、
心根=他国の売国人達であり
戦後占領政策を行ったGHQも同様でしょう。


以下
「アメリカが奪った 日本人の大切な一日」

11月23日は勤労感謝の日

成人の日、体育の日、海の日、敬老の日は
ハッピーマンデーで月曜日に移動することがありますが、
勤労感謝の日が移動することはありません。
それはなぜか? 
11月23日(本来は11月下卯の夜)という日付は、
暦の上で最上級に大事な日だからです。

現在、
11月23日は勤労感謝の日として広く知れ渡っていますが
勤労感謝の日と設定されたのは戦後「国民の祝日が定められた」後の事。

それ以前は(もちろん現在もですが)
11月23日は、
日本では、最上級に大事な日とされる「新嘗祭」の日です。


「新嘗(にいなめ)」とはその年収穫された新しい穀物の事をいいます。
新嘗祭(にいなめさい)とは古くからの国家の重要な行事であり
「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇陛下が国民を代表して、
農作物の恵みに感謝する式典です。
昔はその年の新米は新嘗祭が終わるまでは誰も食べないのが習慣でした。

農作物を育てた日本の国土に感謝をする日だったんですね。

農作物の恵みに感謝する日が、
暦の上、最上級に大事な日である日本。
古来より、
日本人は
「国土がはぐくむ恵みにより生かされている」
ことを認識し、
「己を生かしてくれる国土を愛し感謝を忘れない民族」
であったからだと私は思います。




悠紀殿に渡御する昭和天皇
37651279_1420544116_175large.jpg



皇居内には水田があり天皇陛下自ら稲作をされ、
お作りになられたコメが新嘗祭にて神前に供えられます。
37651279_1420544102_105large.jpg





では
なぜ新嘗祭は勤労感謝の日となったのでしょうか?


現行の祝日法は昭和23年7月に成立しました。

それまでの「祝祭日」が皇室の行事に基づいており、
国家神道の色彩が強いとして、
改廃を求めるGHQの勧告を受け、
戦前12日あった「祝祭日」は祝日から排除され、
代わりに9つの「国民の祝日」が制定されました。


それまでの日本の祝日の名前は変更となり
かつての意味は学校等で教えられることなく、
記憶からなくされてしまうように謀られました。
昭和23年3月まで、祝祭日の国旗掲揚を禁止したのもGHQです

要は、
古来から続く日本の行事の名前を変え元の意味を教えないことで
日本人には祝祭日を大切に過ごすことの意味を知らせない&忘れさせてしまうおうとしたのがGHQです。
それはつまり、
日本人が古来から育んできた歴史・文化などの公的な記憶を
日本人から奪う為です。



新嘗祭もそのひとつです。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

①4月29日 昭和天皇誕生日
→みどりの日(自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ)
→昭和の日

②11月3日 明治節(明治天皇誕生日)
→文化の日(自由と平和を愛し、文化をすすめる)

③11月23日 新嘗祭
→勤労感謝の日(勤労をたつとび生産を祝い国民たがいに感謝しあう)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


GHQが、天皇陛下にゆかりのある日に敢えて行ったこと
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
①4月29日 昭和天皇誕生日(当時は天長節)→東京裁判の起訴状伝達
②11月3日 明治天皇誕生日(当時は明治節)→日本国憲法発布
③12月23日 今上天皇(当時は皇太子)誕生日→東条英機元首相ら7人の死刑執行
④4月3日 旧神武天皇祭→本間雅晴元中将の死刑判決

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


他国に「不都合だったから」
奪われ
塗り替えられた
日本の祝日





戦後の日本。
11月23日が勤労感謝の日として広く認知されるようになるのと反比例して
新嘗祭を知らない日本人が増えました。
由来もへったくれもない祝日となったことで
祝日はただの休日と化しているのが現在の状況です。


しかし、
新嘗祭を
日本人が忘れ行く中でも
天皇陛下は毎年変わらず、
国民を代表して
国土へ農作物の恵みに感謝をし祈りをささげておられます。



37651279_1420860393_183large.jpg


現在
国政与党の民主党は祝日法改正案を掲げています。
祝日=ただの休日とすることで、
GHQの行った占領政策と同等またはそれ以上の事をしようとしているのが
民主党です。

中国に気を使い、日本の祝日を制定しようとしているのも事実です↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■中国の建国記念日「国慶節」(10月1日)に配慮し、10月第1週に連休を設けない方針。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/491024/
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



国政前提 売国
そうしてしまったのは他でもない私達日本人です。

新嘗祭という
日本人を育む日本の国土に感謝をする日を
奪われてしまった日本人。
忘れてしまった日本人。

もしかしたら
私達の生活は日本という国有りきなのだという
とても単純でとても大切な事をも忘れてしまっているのかもしれません。



37651279_1420851596_67large.jpg


11月23日 新嘗祭
天皇陛下は静かに感謝の祈りを捧げられます。

「国土に育まれていることを自覚し感謝をする」

新嘗祭は
現代を生きる日本人が、
国土に育まれていることを認識し、感謝をすることで
忘れてしまった
「国を大切に思う気持ち」を取り戻すきっかけとなる日だと私は思います。



奪ったのは 
奪った人にとって不都合だったから
日本人の
伝統や文化、感じ方が不都合だったから
日本人が
国土を大切にする気持ちを持ち続けては困るから


奪われたのなら 
取り戻そう。



アメリカが日本人から奪った大切な一日

11月23日 新嘗祭

日本人が日本の国土に育まれていることに感謝し
日本を大切に思うきっかけが生まれる一日となりますように。



よろしければこちらもどうぞ

■日本のパスポートが教えてくれる日本の凄まじさ
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-24.html


ランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。↓↓

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。