とっくのとうにTPP

■日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社
(読売新聞 - 01月14日 21:38)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1877887&media_id=20
↓↓↓↓↓
自分はそのまま。
相手を変えさせる。
自分の都合のいいように変えさせる。

アメリカらしいですね。

そんなアメリカルールに自ら突っ込もうとしているのが
只今の日本です。


そして
TPPという成虫
その前段階である「さなぎ」が
とっくのとうに日本から国益を奪っていたのをご存知ですか?
↓↓↓↓↓

■OS トロン
坂村健氏開発
安定性に優れ、セキュリティにも優れた「商品」

日本政府はこれを教育用コンピュータのOSに採用しようと計画。
しかし、
アメリカ通商代表部が
「潜在的・実質的に市場に介入する」と判断し、
アメリカの国内法である「スーパー301条」に登録。
↓↓
これによりトロンは市場に出ることを許されなくなってしまった。
↓↓
しかし、
後年「何処のどの企業でも自由にトロンOSを作ることが可能」ということで、
アメリカ通商代表部は当初の主張の不当性を認め、スーパー301条の登録を解除。
↓↓
これによりトロンは大手を振って市場に出回ることが出来るようになった。
↓↓
しかし、時既に遅し。
トロン封印状態の間に
マイクロソフト社製のウインドウズが市場を席巻。


トロンの行く手を阻んだアメリカ産スーパー301条って何?


<スーパー301条>
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
1988年に施行されたアメリカ合衆国の「包括通商・競争力強化法」 の対外制裁に関する条項の一つ。
簡単に言えば
「アメリカにとって都合の悪い方法で貿易しようとする国からの輸入品に100%の関税をかけて、売れにくくしてしまおう」
というアメリカの法律

不公正な貿易慣行や輸入障壁がある、もしくはあると疑われる国を特定して
「優先交渉国」とし、アメリカ通商代表部 (USTR) に交渉させて
改善を要求し、
3年以内に改善されない場合は
報復として関税引き上げを実施するという内容であり、

(たとえば
日本が100万円の車をアメリカで売ろうとしたら、
100%の関税をかけられるので100万円の税金がかかり、
税金を車の値段に上乗せすると200万円の価格で販売しないといけないということになる)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

37651279_1400673006_227large.jpg



<1989年 日米構造協議>

この会議で日本は
スーパー301条の適用を中止するようにアメリカ側に要求。
↓↓↓
アメリカは以下の条件と引き換えに解除すると提案
①独占禁止法を強化>>>日本の大企業の力を弱める。
②大規模小売店舗法を改正
>>アメリカの大型スーパーやデパートが日本に出店しやすくなる。例えば「トイザらス」
↓↓↓
日本はアメリカの要求をほとんど全部受け入れることにより
アメリカは機嫌を直し、スーパー301条の適用解除



<1993年  日米包括経済協議>

アメリカが日本に以下の事を要求
「日本はもっとアメリカの商品を買え! さらにどの商品をいくつ買うかを具体的に数字に示して提出しろ!」
「もし、この要求を受け入れないのであれば、今度こそスーパー301条を適用する!」
↓↓
日本政府、要求拒否。
2年後に発足する予定だったWTOに訴えて、WTOの判断を受けようする。
↓↓
WTOの判断を待っている間にスーパー301条が適用されて、
日本製品が売れなくなってしまうことを恐れた日本企業が、
自らアメリカに対する輸出自主規制と、
具体的なアメリカ製品の輸入の数値を打ち出し、
それを日本政府を通してアメリカに提出。
↓↓
アメリカは機嫌を直し、スーパー301条の適用解除。




<スーパー301条発動で被害を受けた日本の国益>
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■OS
日記冒頭 OSトロン

■衛星
1980年後半、
日本は通信衛星や放送衛星の国産技術を高めるために、
技術試験衛星をいくつも打ち上げていた。
アメリカの衛星メーカーに追いつくために、勉強をしている最中だった。
そしていよいよアメリカに肩をならべる通信衛星の開発という時、
アメリカ商務部が狙いすましたかのようにスーパー301条発動
↓↓
日本降伏
↓↓
衛星市場の開放を受け入れる。
↓↓
国内の衛星メーカーは開発のチャンスを失い、
自主開発の道を大きく狭められた。


■スーパーコンピューター
スーパーコンピュータをつくっているのは,
世界でクレイ・リサーチ(米国),NEC,日立製作所,富士通の4社。
日本市場では国内3社が強く,クレイ・リサーチのシェアは15%程度。
↓↓
アメリカはスーパー301条発動し市場開放を求める
↓↓
現在
クレイ・リサーチが世界市場の約80%を抑えて圧倒シェアを誇っている
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



「スーパー301条、なんて酷い法律だ。」と思った方へ。

スーパー301条は「さなぎ」です。
それよりも「スーパー」な「成虫」TPP発動間近

これにより
アメリカは
①大々的にスーパー301条が発動でき
なおかつ
②スーパー301条よりも「多岐」に渡らせることが可能となる。
加えて
③外国人参政権はTPP発動で可決された体(てい)となります。
アメリカの一企業が、
日本国内の法を排除することが可能ですから。

**健康保険




スーパー301条よりも「スーパー」なTPP発動間近
日本政府自らがこれを望むという「狂気」。

アメリカに阻まれ
加えて
日本政府(売国政党民主党)にまで予算を削られたが、
それでも頑張った日本人は

■はやぶさは、
通信途絶、化学エンジン全滅、イオンエンジンの故障
という三つの危機を乗り越え、地球に無事帰還
■「天河一号A」が米国のスパコンを抜いて世界一の座を獲得


日本人の底力


足かせをつけたままの底力と
足かせをはずしての底力

いったいどちらが凄まじいでしょうか?



現在
建前上「日本政府」である民主党が
重い足かせを日本人につけようとまっしぐらです。
足かせが重すぎて、死んでしまう日本人も出てきそうですね。
↓↓↓↓
今回は「車」ですが
TPP参加後
「保険」についてアメリカが同じような主張をした場合
以下は日本の現実となる可能性が生じます。

アメリカ人の保険制度の現状にアメリカ人が嘆く
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
現在、我が国の健康保険システムが、単なる巨大な金儲けのための陰謀にしか見えなくなっています。

僕は2週間に一度、89ドル(約7000円)の保険料を支払っています。
勤め先の会社が50%支払ってくれるので、
会社からも89ドルが保険料に支払われていることになります。
これを計算すると僕個人の保険料は年間2314ドル(約18万円)支払われていることになり、
すでに勤めている6年でだいたい13000ド ル(約100万円)ほど支払ったことになります。

自分は32歳で割りと若く健康で、医者の世話になることもそうありません。過去6年間に医者に行ったのは3回くらいだと思います。
ところが昨日発疹があって、医者に行きました。
40ドル(約3000円)の支払いをしたあと、
4分ほどの診察で医師は僕に酒皶(しゆさ)性痤瘡"rosacea"という診断を下し、メトロジェルという抗菌薬を処方しました。

薬をもらいに薬局に行くと、
その100mgのクリームは270ドル(約2万円)で、
僕の保険会社は250ドルの控除額を設定していて、
何の理由かよくわからないが最終的に支払う額は$199.84(約1.6万円)だと言いました。
その親切な女性に、そのチューブ薬に払える200ドルを持っていないと説明して、手を震わせながらその場を去りました。

その後、話を短くすると…、家に帰り、
きちんとした合法のネットの薬局をカナダで見つけました。
そこで買ったのは2倍のサイズで送料を入れても70ドルでした。

保険のシステムクソ食らえだ。
さらに我々の尊い国会の人々は、外国から薬剤を購入することを違法とする法律を制定しようとしているところです。
そして驚くことでもないが、保険会社と薬会社がそれを推進しています。

<<この投稿に対して、
アメリカを含む世界中から寄せられたコメント>>

どうやって保険会社が、24時間どのチャンネルでも流れているCM料を捻出していると思っているんだい?
我々がぼったくられていると、マスコミが取り上げてくれると思っちゃいけないよ。彼らはその広告で食っているんだから。

君、それで文句言っちゃいけない。うちは家族3人で年間15000ドル(約120万円)の保険料だぞ。ゼロをわざと付け足したわけじゃない。

アメリカ以外の国では製薬会社が広告を出すのは違法なんだぞ。

だからアメリカのほうがいいんだろ、自由なんだ。民主主義なんだ。

私はアメリカ行ったとき、テレビで処方箋のCMをしていたことにすごく驚いた。たぶんに違法じゃない国は少ないんじゃないかな。

なぜアメリカで許されているのかわからないよ。
だいたい病気になるときはなる、そしてそれに必要な薬を得るだけだ。
なぜ「今日それを買う気分だわ」となるのかわからない。
ここイギリスでは医師に処方されたら6ポンド(約750円)ほど払って薬局でもらえるので、何の心配もしなくていい。

ふむ、何か大きなことで保険が必要だと想像してみよう。
大手術とかそういうのだよ。
君らアメリカ人を気の毒に思うよ。本当にそう思う。
個人的には一般人の健康を暴利をむさぼる者の手にゆだねるなんてしないほうがいいと思うけどね。
アメリカがやってるみたいにさ。

昔は保険料を払いつつも、何か大きなことがあったときにカバーしてくれるからいいやと思ってたんだ。
だけど計算すると保険会社の免責額などで、結局1万ドル(約80万円)とか支払うことになる。ありえない。それをカバーするために払っているのに、カバーされていない気分になってる。

その君たちの健康保険の値段は馬鹿げている。
オレは税金を通して払っているが、それでも君らの保険会社の料金ほどは払ってない。明日僕は車に引かれて足を骨折するかもしれないが、少なくとも医療費のストレスはかからんだろう。
本当に君らアメリカ人が受けている最低な条件に同情するよ。

それが本当なら、まるで詐欺のようだな。

市民からこういうぼったくりをする法案を通そうとする、ロビー活動家に感謝するんだな。カナダ人の僕としてはアメリカ人が受けている健康の状況を見て、イライラして頭を横に振ることしか出来ないね。一度健康保険のスレッドを読んだことがあるんだけど、大怪我した人や病気の人が、あまりにお金が吹っ飛ぶために、治療を拒否しているというのを見てショックで恐ろしくなったよ。

オレも同じ気持ちだ。
ちなみにそのメトロジェル100mgがここインドでいくらか調べてみたよ。これがアメリカのシステムが腐っている証拠だ。いいかい?
アメリカで270ドル(約2万円)の100mgチューブがインドでは0.26ドル(約20円)だ。

いつもこういうホラーストーリーを読むたびに、自分にNHS(イギリスの健康保険)があって良かったと実感する。アメリカのマスコミがNHSをすごいホラーストーリのように語っているとは思えないな。ちなみにイギリスではアメリカのシステムを擁護する人は誰もいない。


僕はカナダとアメリカと両方で自営業をしている。カナダのほうが税金が少し高いのは不満だが、アメリカの健康保険の高いのにはもっとイライラさせられる。
年間に15000ドル(約120万円)も支払うのに、医者に行くと何もカバーしてくれやしない。

利益を出しちゃいかんだろう。基本的なサービスだろう。
健康と教育は私営になってはまずいだろう。


喘息でもう10年ほど吸入器を使ってる。だいたい1ヶ月しか保たないんだが、インドでは2ドル(約155円)くらい。もちろん健康保険なんてものはない。韓国では保険がついて3ドルくらい。
それがここでは保険つきで60ドル(約4600円)だ。冗談だろ。なんでそんな額を払うんだと医者に言うたびに逆切れされる。

オーストラリア人として質問なんだが、世界のスーパーパワーやリーダーと呼ばれた国が、どうやったら国民にそんなひどい仕打ちをするまで落ちぶれたんだ?
なぜ公共の健康保険システムがないのか、
なぜ大企業からそこまでひどい目に合わされているんだい?
世界中がそれを見て恐ろしさに震えているよ。

国民全員に健康保険のない国は、もう発展途上国だと私は考えている。
まあアメリカよ、がんばって。
きっとそのうち誰かが侵略して自由や常識を与えてくれるわ。

自分は医者だけど、このスレに100%賛成する。

http://www.reddit.com/r/politics/comments/m5956/the_us_healthcare_system_sucks_fucking_balls/ より
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




国は続けなければ滅びます。
どうすれば続くのか?

「グローバルしなきゃ続かないよ!!!」

本当???

鎖国・出島
続けた期間はどれ程でしょうか?
外を向かねば滅びてしまう仕組みであるのなら
とっくのとうに滅んでいたでしょう。


滅びませんでしたよね
↓↓↓↓↓
■仕組みを知り発展させることができる日本
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
鉄砲伝来後、鉄砲を日本国内で大量生産させた昔の日本人

石油が無いなら無いで作ってしまう現代の日本の技術。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

■内需80㌫の国、日本。
■人口は世界で10位の日本
■国の大きさは世界231ヵ国中、61位
■イタリアやイギリスよりも広く、領海面積を含めればもっと広い日本。


小さくて
少なくて
何も出来ない
、、、、、、日本??

内で成り立つ仕組みを作れば
外で何が起ころうが関係なく続くでしょう。

それを行おうともせず
はたまた
それを奪われながら
叫ぶのはグローバル!!!!

それを聞いて笑うのは誰でしょうか?





今 できること

①■TPP参加はまだ決定していない。↓↓
引き続き「TPP反対」の声を各政党へ

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/contact/contact
自民党
https://ssl.jimin.jp/m/contact
国民新党
http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us

②■国民の声で解散に追い込もう↓↓
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/ (詳細はこちらにて)

③■上記でも食い止められない場合

遅くとも1年8ヶ月後に解散総選挙がやってきます。

次の総選挙は
日本の今後、
私達日本人の将来を大きく左右する選択の場となるでしょう。
選ぶのは
「日本の国益を考える議員」です。


■「TPPなんてとんでもねえ!」という方や
■「凄まじい商売魂と商売スキル」を持った方を選びましょう。


ちなみに
2年前、
マスメディアに叩かれ
日本人に漢字が読めないから無能だと拒絶された方は、
「それ」でした。
↓↓↓
□テレビが絶対に教えない麻生内閣の凄まじい実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html



絶対条件は「愛国」です。
「売国」なんて選べば、「今」が続きますしより一層悪化しますのでご注意を。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。