「ひとりじゃない。みんないる」

私は
自民党サポーターでもなければ党員でもありません。
保守という肩書きも持ち合わせておりません。
ただの子持ちの主婦として声を紡いでおります。
ただの子持ちの主婦として国政に関心を持ち声を挙げることで
国政に関心を持つのは
はたまた
日本を大切に思うのは
何も特別なことではなく、当たり前のことなんだと
少しでも多くの人に感じていただくきっかけになればという想いからです。



私は
自民党が与党にならないと
麻生氏や安倍氏が前線で活躍できないので
自民党応援をしています。

そして
売国議員は
民主党に限らず
たとえ自民党所属であっても
絶対に反対です。
自民党が有効に機能する為にも
売国議員には出て行っていただきたい(要は選んでは駄目)だと
思っています。
応援しているからこそ
時に厳しい声を自民党に届けることもあります。



自民党応援をしていますと
「ねちょーり」嫌がらせをされる機会が増えた今日この頃。
個人を攻撃しなくてはならないほど
個人に嫌がらせをしなくてはならないほど
あちらが焦っているのだとすれば幸いです。

あちらはとてもずる賢い。
こちらはただ凛と続けるのみ。
あちらと戦うではなく、
ただ凛と続けるのみだと
私は思っています。


やり続けたほうが残ります。
伝え続けたほうが残ります。

あちらがやりたいのは
精神的に疲弊させ「口を塞ぐ事」です。
塞いでしまえば、もう周りには聞こえませんから。
だから、
彼らの用意した舞台に上がらず、
ただ続けることが大切だと思います。


もし、
前に倒れそうな時は、
疲れてしまった時は、
もう嫌だと思った時は
良かったら、
思い出してください。

以前、
諦めかけていた私を踏みとどまらせてくれた
友人の言葉です。

「ひとりじゃない。みんないる」

私も、みんなの内の一人です。





私にも心折れそうな時があります。

そんな時は上記の言葉と、
加えて
自分の初心を思い出します。
そしてぐっと踏みとどまります。

以下は
私の初心です。

3年前、
願いかなわず政権交代となった後
娘と散歩をしていたときに
ふと頭に浮かんだ私の気持ちです。


「娘へ」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
お母さんは貴方に一つ謝らなくてはならないことがあります。

それは貴方が生きるここ日本という船の船底に穴を空けてしまう人達、
日本という船自体を誰かに渡してしまおうとする人達を
お母さん達大人が、
政治、「日本という船の運転手」にしてしまいました。


なぜ?

きっと貴方は思うでしょう。
悲しいことに
テレビが『この人達がいいよ♪』と宣伝をして、
それを大人が信じてしまいました。
関係ないねと
運転係を誰にするかを真剣に考えない大人もいます。


貴方のその無邪気な微笑みを見て、
お母さんは申し訳ない思いで一杯になります。
本当にごめんなさい。

お母さんは、
貴方をこのまま壊れかけの船に乗せておくわけにはいきません。
このまま危険な航海をさせたくはありません。

今、
お母さんと同じように
壊れかけの船を修理しよう、
安全な航海をしようと立ち上がる大人が増えています。。


それはなぜか?

このままでは
貴方も私も日本人の皆も、
今までのように生活ができなくなってしまうからです。


お母さんは
貴方に
生きる知恵を与え
食事を作り
一緒に遊び
学校に通わせることができます。


でもそれも
日本という船が沈没してしまえば、できなくなってしまう。


お母さんには、
しなければならないことがあります。


貴方やお母さんと同じ日本人の中には
日本という船の船底に穴が開いていて修理が必要なこと
日本という船が危険な場所へ進んでいること
それを
日本という船の運転手が敢えてしていることを
まだ知らない人がいます。


幸いなことに、
運転手は安全運転をしてくれる運転手に交代することができます。

幸いなことに、
壊れかけた船も修理することができます。

その為には
貴方やお母さんと同じ日本人がそれを望まなければいけません。

その為には
知らない日本人にまず伝え、気づいてもらわなくてはいけません。

悲しいことに
それでも
耳を塞ぐ大人もいるでしょう。

でも今
真剣に耳を傾け、
これではいけないと、立ち上がる大人も増えています。

お母さんがそうであったように。

だから
お母さんや日本人の大人達は

貴方達子供の未来の為にも
日本人皆が未来で笑顔で生活する為にも

伝え、動きます。

だから、貴方はどうかその微笑みを絶やさないで頂戴ね。

最後に
これは学校では教わらないかもしれないので、
お母さんが貴方に伝えます。

貴方は
日本人です。

日本の国旗は日の丸
日本の国歌は君が代
です。

今ここにある日本は、
日本人である貴方の先輩達が命がけで守り、
2670年も続いている素晴らしい国です。

四季があり、美味しい水、美味しい作物が育つ素晴らしい国です。

貴方は日本人の女性です。

どうか誇りを持ち、
背筋を伸ばし、凛と前を向き育って下さい。

日本人女性には「力」ではない強さがあります。
これは、
「恫喝」「罵声」「大騒ぎ」とは全く異なります。

【佇まい(たたずまい)】
この言葉を貴方に教えます。

お母さんや大人達が日本を守ります。

貴方が安心して育てるように。
皆が安心して暮せるように。

そして、貴方も
大人になった時に、日本を守って下さいね。
一緒に守りましょう。

貴方の子供が、未来の日本で安心して生きれるように。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



同じ想いの方、一緒に頑張りましょう。

「ひとりじゃない。みんないる」




自分にも向けて。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。