メディアは平気で嘘をつく

よろしければ、応援ぽちをお願いします
↓↓



テレビはどうしても民主党に勝たせたかった。
それはなぜか?

テレビの大手スポンサーは、在日企業である電通
テレビ関係者には、在日が多い。
在日を支持母体とするのが、民主党


だから、
嘘や編集で、国民に
「自民党=ダメダメ、民主党=素敵、そしてセイケンコウタイ!!!」
というイメージをつけた。


そして

現在
国民の選択により
民主党という売国政党の政権下となり
日本は弱体化の一途をたどっている。

↓↓↓↓↓↓
民主党の目的 ~なぜ彼らは売国政党と呼ばれるのか?~
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html


これでいいの?日本人。
そろそろ気がつきましょう、日本人。


以下、
日本国民を騙し続けた、日本のメディア
http://www.youtube.com/watch?v=KWZlAJl2JEs&feature=related より


「メディアは 平気で 嘘を つく」\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

がらがらだったとTBSが報道した自民党麻生氏の講演会映像
1



実は大盛況だった
2


しかし、テレビでは、講演会前の映像をインサート
3







民主党鳩山氏の演説に3500人
熟女に人気  もみくちゃ と新聞が伝えた
4


実際の映像
5









群集にもみくちゃにされた民主党岡田氏と新聞が伝えた6


実際の映像
24515671_1092288908_21large.jpg









ガラガラで盛り上がらなかった自民党麻生氏の演説と新聞が伝えた
24515671_1092288875_91large.jpg



実際の映像
8

9







石原氏発言、TBSテロップ捏造事件
24515671_1092288917_16large.jpg









「メディアは 平気で 嘘を つく」


マスメディアは放送法という法律を守れない組織であることを知ってください。
放送法



加えて
日本には、
日本マスコミが中国批判や不利な報道ができない
日中記者交換協定 があることも知ってください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3304859.html


さらに
戦後GHQによる占領政策に、
3S政策というテレビを利用した愚民政策があることも知ってください。
こちら、果たして終了しているでしょうか?
↓↓↓↓↓
■3S政策(さんエスせいさく)とは、
大衆の関心を政治に向けさせないように取る愚民政策のひとつ。
3Sとは、Screen(スクリーン)、Sport(スポーツ)、Sex(セックス)の頭文字
http://ja.wikipedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



どうかテレビの情報を「自分の答え」としないで下さい。
どうかテレビの情報だけが全てと思わないで下さい。



また、
テレビが報道しない中に、
本来なら
国民が知り、
考えなくてはならない情報がある可能性があります。
それを、
マスメディアが
「全く」報道していない可能性があります。

先の衆議院選挙前、
麻生氏を「漢字読み間違い」で叩いたマスメディアが
麻生氏の功績を一切報道しなかったように。

■国民が知らない日本の真実
①民主党の正体
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
②テレビが教えない「国を守っていた人」の実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-category-6.html


「ただなんとなく」
「テレビが言っていたから~」


国政という
生活に直結するとても大切な事柄に対して
この考えはとても危険です。
もちろん無関心も。

テレビの情報を
「自分の答えとしない」で、
「全て」だと思わないで、
私達の生活の場所であるここ日本で
何が起きているのか、
自分なりに調べ
考えてみませんか?


国に何かあれば
国が弱れば
私たちの生活そのものも成り立たなくなってしまうのですから。

それを知らない
それに無関心
それを「嘘をつくメディア」任せにしてしまう。


実は
とても危険で
とても異常な行為だと思います。




脱しようと思えば
やる気になれば
メディアを頼りにしなくとも
知る手立ては、存在します。
↓↓↓↓
■国会中継を見る
<現場>をご自分の目で見てください
衆議院インターネット中継 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院インターネット中継 
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

■インターネットで調べる
受身ではなく、自分で調べることが今とても大切です。





テレビは「答え」ではありませんし「全て」でもありません。



どうか

現状を
自らの目で見て
自らの耳で聞いて
自らの頭で考えて
下さい。


がんばろう 日本人。


同じ思いの方、よろしければ、応援ぽちをお願いします
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。