ゾマホンから若者へのメッセージ


〚ゾマホンから日本の若者たちへ】

まず、あなた方は「日本の柱」です。
「日本の柱」というと「世界の柱」といっても言いすぎではありません。
あなた方は世界を救う力があると思います。
これはお世辞でゾマホンが言っていることではありません。
お酒を飲んで酔っ払っているわけでもありません。

世界を見渡せば、まだまだ生きるのにも苦しい地域は沢山あります。
母国ベナンでも水が透明だということを知らないで、死んでいく子どもも沢山います。
井戸がなく、濁った水しか見たことがないからです。
アフリカ大陸では飢餓や不衛生に伴う病気で、
毎日8,000人以上が死ぬと言われています。あなたがこのメルマガを読んでいる間にも、尊い命が亡くなっています。

世界はまだそんな状況です。
それに比べると日本は大変恵まれています。
蛇口をひねれば、当たり前のように透明な水が出てきます。
お腹が減ったらご飯を食べることができます。
勉強したくても、したくなくても学校に通います。
そして大学にも行くことができます。

そんな恵まれた国は、世界を見渡してもそんなに多くありません。

だから私は日本の若者たちに期待したい。
この国の若者であれば、きっと世界における様々な問題を解決してくれるのではないかと・・・

だから私は日本の若者に強く言いたい。

マスメディアに惑わされず、
欧米の言うことに無条件で賛成せず、
事実は自分の目で見て確かめて欲しいと。


日本は失業率が5パーセントを超え、不景気で大変なことも存じ上げております。
職場では、朝早くから遅くまで一生懸命働いていることも存じ上げております。

そんな状況なので、
若者たちは将来が不安になったり、
将来を考えることができなかったりするかもしれません。

しかし、世界から見ると、あなたは恵まれた環境で育った貴重な人材です。
だからいつも気持ちのどこかで
「世界のことをもっと知ろう」という気持ちを失わないで欲しいと思います。

そして私と同じ世代、もしくはそれ以上の方は
日本のため、世界のために立派な若者を育てて欲しいと思います。

日本の大黒柱、いや世界の大黒柱として。


もう一度最後に言います。
私は日本人にお世辞を言っているのではありません。
私はアフリカから来た人間として、この日本がどれだけ恵まれた国かを知っています。

そして、なによりも日本人は「お元気ですか?」の返答に「お蔭様で・・・」という挨拶があるように、
相手のことを思いやる国の人たちだから。

“相手の事を思いやる”それが今一番大切な事だと私は思っています。

今回も最後までお読みくださりありがとうございました。〛

以上
http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/back134.htmlより転載

ゾマホンさんはこんな事も述べられています。

〚日本がこれほど発展できたのは教育。江戸時代から寺子屋などできちんと教育を行ってきた。
教育がよかったから世界の先進国になれた。
だから、私はね、ベナンの子どもや若者にも教育を与えられるように努力してきた。
本(「ゾマホンのほん」など)の印税で小学校や日本語学校をつくった。
みんなのお蔭。恩返しだよ。
私がね、アメリカやヨーロッパで学んでいたら、稼いだお金を絶対自分のために使ったと思う。
国のためにお金を使おうなんてことやらなかったと思う。
間違いなく日本で相手を思いやる文化を学んだことが強く影響しています〛

http://sumai.nikkei.co.jp/…/…/etc/detail/MMSUa8000021012013/ より転載

MMSUa8000021012013_5_0_a8.jpg


日本の子供達、若者たちは
そのまま日本の未来です。

>この国の若者であれば、きっと世界における様々な問題を解決してくれるのではないかと・・・

ゾマホンさんが言っておられるように
日本の活躍を待っている国も少なくありません。

日本の子供たち、若者たちは
そのまま日本の未来です。


大人の皆さん、

家庭、学校、社会での<教育>
これはとてもとても大切な事です。
未来を育てる作業なんですから🐰

そして若者のみなさん、

どうか日本で何があったのか、何が起きているのか
なんでもいいです。関心を持ってください。
世の中には素敵な事もあれば、ずる賢い事もあります。
無関心でいると、いいようにされてしまうことだってある。
知ること学ぶことが、
そうならない為のスタートです。

〜〚本当〛を知ろう。〚日本〛のこと〜

この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。