ただ論じたいだけの病

慎ましやかな人ほど自分を責め、
恥だといって声を挙げません。
声を挙げる余裕もありません。

しかし、そこに真実が眠っている。




貧困JKがどうのこうのと、
ものの見事に論点がずれた(ずらされた)ままの声が
やかましいですが、

例えば、
福祉一つの問題をとっても、

今、
その問題に
実際に直面している人たちの
声を聞くなり、
現場をみるなり、
経験をするなりした上での、
意見、議論なのだろうかと

口は悪いが、
反吐が出るような

ただ綺麗なだけの
上っ面の正義感だけの
中身がすっからかんの言葉が並びますね。

現実とかけ離れた対応対策は
役に立ちません。

一つの問題の根源を知り、
見つめ、
対策を考え、動く。
それだけでも相当な時間を要するでしょう。

毎日のように移り変わる様々な話題。

それをつまんでは、
味見程度に上辺だけを知り、
好き勝手なことを論じ、
新しい話題が出現すれば、本質にたどり着くことなく
ぽい!

うんざりです。

加えて、
問題に便乗し、
人気が欲しい論壇、票が欲しい議員。
目的は責めません。
やるなら結果を出しなさい。


その声、
誰の為、何が為に挙げるのか?

その口、
誰の為、何が為に開くのか?



慎ましやかな人ほど自分を責め、
恥だといって声を挙げません。
声を挙げる余裕もありません。

しかし、そこに真実が眠っている。



知らないのなら知らないで一度留め、
実際を知る事も必要なのではと私は思います。



上っ面の綺麗ごと、
結果を伴わないただ論じたいだけの馬鹿は
人を殺しますよ。間接的に。



この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。