日本にその気がなくとも、ある日突然に。

ある日突然、え!なに??なにがなんだかわからないんだけど
という間もなく危険が生じるのは嫌ですよね?
そんな方に、以下読んでほしい。

ところで、
中国の国防動員法ってご存知ですか?

中国の法律なんて知らないよ関係ないよと思った人、
すこーしだけ待って。
私たちに深く関係してくることだから知ってほしいのでご紹介。

20120918110811bda.png

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【国防動員法】

この法律で大事な事は以下の二つ

●中国国内外にいる18歳以上の中国人は中国が有事と判断すると政府関連施設の指揮下に
入り、中国の準戦闘員として自分の能力に応じた行動をとらなければならない。

●中国国内の外国企業は中国の要請に応じて技術協力や資金提供をしなければならない。

http://hosyusokuhou.jp/archives/37155268.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

怖くない?
いざとなれば、ある日突然、
隣の中国人は、
日本人がそうは思っていなくても、
私たちを敵認定。攻撃対象。

~私たち日本人にその気が無くとも、戦争を意識しているのが中国です。~

まさかーと思った方いませんか?
国会でも言及されたんですよ。

●高橋克法(自民党)《安保関連法案》
平成27年8月26日 平和安全特別委員会
https://www.youtube.com/watch?v=7kJt0KnRyXo&feature=share
以下、書き起こし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国は2010年、平成22年になりますが、
国防動員法という法律を制定、施行いたしました。

この法律は、有事の際、国内外を問わず、
中国国民の動員や戦略物資の徴用等、あらゆる分野を国の統制下に置くことを定めた法律であります。

現在、在日中国人の数は約65万人。
これは平成26年12月現在でありますけれども、
約65万人に上りますが、この法律の適用除外対象には含まれておらず、

【これらの在日中国人の方々も国防動員法は適用対象になると解釈することができます。】
もちろん、いたずらにその方々に変なレッテルを貼るつもりは一切ございませんけれども、この強硬な法律は明らかに戦争を意識しているとしか私には思えないわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~私たち日本人にその気が無くとも、戦争を意識しているのが中国です。~

9条があれば大丈夫とか
中国の脅威なんてないから大丈夫とか
今、何もないから大丈夫とか

【大丈夫】を前提に、
上の空をしていてもそんな気がちゃんちゃらないのは
日本だけ で 相手はそうは思っていないんです。

【大丈夫】を前提に、
対応をしないでいると喜ぶのは日本ではなく 相手なんです。




【大丈夫】は作るもの。

【大丈夫】は守り抜くものです。


自分の為に、未来の為に、
中国の動きと国の対応に関心を持とう。



この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。