3月20日 今日は何の日? ~祭日 春季皇霊祭~

奉祝


42c5ec3a8989fc4b012dbd174001fdfb9976fc88_6_83290629_165_large.jpg


本日は春分の日です。
祝日法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされています。

本日がなぜ祝日なのかご存知ですか?

古来、人々は本日を春の訪れを祝う日としていました。

元々この日に最も近い戊の日は、
社日として氏子が氏神たる神社に参詣し、
春は五穀豊穣を祈り、
秋は実りある収穫に感謝する習わしがありました。

明治11年(1878年)に
それまでの歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋に纏め奉祀して以降、
本日は「春季皇霊祭」と呼ばれ、
一般市民の間でも祭日とされました。


元々は「祝日 春分の日」ではなく「祭日 春季皇霊祭」だったんですね。


そして

春季皇霊祭は
今尚
天皇陛下によりが執り行われています。

kousiut.jpg
主要祭儀一覧 より~
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html

「春季皇霊祭」
皇居内の宮中三殿には神殿、賢所、皇霊殿があります。
皇霊殿には、歴代天皇、皇族の御霊が祭られています。
皇霊祭では天皇陛下がお告文を読まれ、
皇后陛下、皇太殿下、皇太子妃殿下が拝礼されます。


「春季神殿祭」
皇居内の宮中三殿には神殿、賢所、皇霊殿があります。
神殿には国内のさまざまな神が祭られており、
この神々の神恩に感謝する祭儀が行われます。
天皇陛下がお告文を読まれ、
皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下が拝礼されます。


天皇皇后両陛下は,
宮中の祭祀を大切に受け継がれ,常に国民の幸せを祈っておられ,年間約20件近くの祭儀が行われています。

皇太子同妃両殿下をはじめ皇族方も宮中祭祀を大切になさっています。


元々は「祝日 春分の日」ではなく「祭日 春季皇霊祭」だったんですね。
そして
今尚「春季皇霊祭」(及び「春季神殿祭」)は天皇陛下により執り行われているのですね。





ではなぜ、本日は「祝日 春分の日」となったのでしょうか?



現行の祝日法は昭和23年7月に成立しました。
それまでの「祝祭日」が皇室の行事に基づいており、
国家神道の色彩が強いとして、
改廃を求めるGHQの勧告を受け、


戦前12日あった「祝祭日」は
祝日から排除され、
代わりに9つの「国民の祝日」が制定されました


それまでの日本の祝日の名前は変更となり
かつての意味は学校等で教えられることなく、
記憶からなくされてしまうように謀られました。
(昭和23年3月まで、祝祭日の国旗掲揚を禁止したのもGHQです)

また、「元」祭日は現在全て祝日となっています。
祭日には単に祭を行なう日と言う意味の他に、
「皇室の祭典を行なう日」の意味もありました。

国家神道の色彩が強いものを嫌ったGHQにより
「祭日」も奪われてしまったのです。
↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
四方拝→ 元旦
新嘗祭→ 勤労感謝の日
春季皇霊祭 →春分の日
秋季皇霊祭 →秋分の日
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito326.htm

要は、
古来から続く日本の行事の名前を変え元の意味を教えないことで
日本人には祝祭日を大切に過ごすことの意味を知らせない&忘れさせてしまうおうとしたのがGHQです。

それはつまり、
日本人が古来から育んできた歴史・文化などの公的な記憶を
日本人から奪う為です。


■その他、戦後に変更となった日本人の大切な一日
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
①4月29日 昭和天皇誕生日
→みどりの日(自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ)
→昭和の日

②11月3日 明治節(明治天皇誕生日)
→文化の日(自由と平和を愛し、文化をすすめる)

③11月23日 新嘗祭
→勤労感謝の日(勤労をたつとび生産を祝い国民たがいに感謝しあう)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


加えて


■GHQが、天皇陛下にゆかりのある日に敢えて行ったこと
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
①4月29日 昭和天皇誕生日(当時は天長節)→東京裁判の起訴状伝達
②11月3日 明治天皇誕生日(当時は明治節)→日本国憲法発布
③12月23日 今上天皇(当時は皇太子)誕生日→東条英機元首相ら7人の死刑執行
④4月3日 旧神武天皇祭→本間雅晴元中将の死刑判決
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

他国に「不都合だったから」奪われてしまったんですね。


戦後、
祝祭日の意味を与えず知らず
結果
祝祭日が、ただの休日と化しているのが現在の状況です。

しかし、
日本人が祝日の意味を忘れ行く中でも
天皇陛下は毎年変わらず、
歴代天皇をはじめ、皇室に関わるご先祖様のお御霊をお祀りし、
日本の沢山の神様へ感謝の祈りを捧げておられます。

今私たちがここに存在するのは
ご先祖様が繋ぎ繋げてくださったからです。
また、
自然の恵みによりこうして生かされていられることも
忘れたくないものです。

祝祭日には祝祭日たる意味があります。
昔はそれがはっきりとしていました。
今は与えられず知らず、
昔の日本人が
先祖や自然の恵みに感謝をして過ごしていた時間、一日を
私たちは今
ただの休日として過ごしています。


自然の恵みに生かされている事
繋ぎ繋がり今ここに存在している事

忘れてしまえば
愛され尊敬され、それ故、恐れられもした日本人とは
どこか変わってしまうと思うのです。

戦後、そうなるように奪ったのだとも思いますし、
そろそろ取り戻してもいいのではとも思うのです。



本日、春季皇霊祭

先祖や自然の恵みに感謝をする
そんな時間を持ちたいと思います。





参考文献
http://ecoyasan.sagafan.jp/e199365.html
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20100321/1269129690
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html



よろしければ、応援ぽちをお願いします
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。