「ちょww 民主党ふざけんな」 花粉症の人に読んで頂きたい日記

このブログを読んでいただいている方の中にスギ花粉症の方はいますか?

私自身は花粉症ではないのですが、花粉症の友人が周りに沢山います。

スギ花粉症は日本で最も多い花粉症で、
日本ではおよそ2500万人が患っていると考えられています。


4ccbce5f0ac58e1ec83632fe73f8db5c1e88940a_6_87379678_20_large.jpg


さて、そんな杉ですが、
杉の植林は戦後盛んになりました。

それはなぜか?

戦中は軍の建物や防空ごう、船、鉄道、紙などの製造の為、
戦後は戦後も、空襲で焼けた家の材料やまき、炭などに使う為の
材木をとるために盛んに伐採が行われていました。

このため、裸のようになった山々で、今度は植林が始まりました。

好まれたのは
成長が早く、まっすぐのび、軽いため加工がしやすい杉でした。

農林水産省は戦後に拡大造林政策を行い、
その一環として各地にスギやヒノキなどの
成長率が高く 建材としての価値が高い樹木の植林や代替植樹を大規模に行いました。

その後、
安い海外材木輸入におされて、
杉を伐採しても利用できる機会が大きく減少してしまいました。
そのため多くの杉の木は山地に放置されることになったのです。

さらに、道路の整備や都市型生活環境への移行も花粉症の拡大の大きな要因となりました。
道路をはじめ都市部の地面はコンクリートやアスファルトに覆われました。
本来、地面に着地し大地に帰るはずのスギ花粉は、絶えず空中に何度も巻き上げられることになりました。

ちなみに花粉症は、1960年代後半に急速に拡大します。

杉は花粉を飛ばし始めるまで20年ほどがかかります。
1930~50年頃に盛んに植林された杉が育成し
花粉を飛ばし始める年齢に達したのと同期します。

以上

参考文献
http://pollinosis.info/factor/
http://blog.goo.ne.jp/orihiron777/e/13a7899db7feec9ad8fc39ad60770f04
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/study/20050826mi01.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AE%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87

さて、
くしゃみ、鼻水、鼻つまり

花粉症は身体的苦痛と共に
以下のように経済損失も生んでいる事をご存知ですか?
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

「花粉の大量飛散が日本経済に及ぼす影響」 
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/news/pdf/nr2004_29.pdf  より

第一生命経済研究所の試算によれば、
患者が花粉症対策に用いる費用(俗に花粉症特需といわれる)は639億円。
しかし
シーズン中の外出などを控えるために、
1~3月の個人消費は、7549億円減少する。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

加えて
花粉症による医療負担は年間2000億と言われています。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=5600

体も辛ければ、
医療負担や経済損失も生む花粉症。


国は何もしていないのか?

少し前の話になるのですが、
ここで、以下のツイートをご覧下さい。

「民主党ふざけるな」
21445047d28678d34dba81afee2281f2f37cbf3a_6_87379679_222_large.jpg



さて何があったのでしょうか?

これは自民党、麻生内閣での花粉症対策案です。
↓↓↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

■■スギ花粉症対策に100億円の補正予算■■ 
http://blog.hitachi-net.jp/archives/50802375.html

平成21年、4月27日に国会に上程された
平成21年度補正予算には、
国民の約3割が罹っていると推定されるスギ花粉症への対策が盛り込まれました。
「花粉の少ない森林づくり対策事業」に約100億円を充てるとともに、スギ花粉症を緩和させる「米」の研究拠点の整備に約15億7000万円が計上され、花粉症対策の前進に大きな期待が寄せられています。


花粉の少ない森林づくり対策事業

【平成21年度補正予算:99億8600万円】
事業のポイント
①花粉発生源対策の加速化を図るため、首都圏近郊等における花粉の多いスギの伐採・植替えを促進します。
②事業実施箇所の立木買取、伐採、販売等を行う森林組合等に対するセーフティネットを構築し、積極的に事業を取り組める環境を整備します。
③伐採跡地への少花粉スギや広葉樹等の植栽を促進します。
④優良苗木の生産や低コスト造林の推進に対する支援を行います。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

身体的にも辛く、
医療費負担(約2000億円)も大きく、
経済損失(5000億超え)も生む花粉症に対して
100億円で対策しようとしていたんですね。


しかし

これが民主党政権になり、
↓↓↓↓
■花粉症対策の無花粉杉植え替え予算100億円を2億円
http://mozugoe.jugem.jp/?eid=95

■菅首相「私も花粉症なので注目」対策費未執行指摘され
http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201103040461.html
「私も花粉症気味なので、(自公政権時代の対策を)注目している」。
菅直人首相は4日の参院予算委員会で、
林芳正氏(自民)から麻生内閣時代の花粉症対策費100億円のうち2億円しか執行されていないと指摘され、花粉症であることを明かした。
首都圏近郊のスギ伐採などの対策費について、
首相は「使い勝手が悪かったのか、必ずしも執行されなかった。もっと効果的になるなら大変魅力的な中身だ」。花粉の飛散が本格的な時期に入り、玄葉光一郎国家戦略相や海江田万里経済産業相、北沢俊美防衛相も花粉症に苦しんでいるというだけに、林氏の指摘を前向きに受け止めた。(高橋福子)




身体的にも辛く、
医療費負担(約2000億円)も大きく、
経済損失(5000億超え)も生む花粉症は
国にとってデメリットです。

ここに100億を投資して、これらを軽減しようとしていたのが
麻生内閣ですが、
それを無駄だとして2億円にしてしまったのが、
民主党政権です。

100億→2億

【98億】を削るのと
100億を用いて
【医療費負担や経済損失を軽減する】のと

どちらが
結果的に「国益を考えた対策だったでしょうか?


よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。