「女は三歩下がって着いてこい」の本当の意味

「女道」

男は単純な生き物
時に複雑なように振る舞いながら。

それをかわいいと思って、
男が単純に生きられるように
男が素直に生きられるように
笑っていられる女でありたい


男は弱さを隠す生き物
時にその弱さを心の中で涙しながら。

それをかわいいと思って、
男が一呼吸つけるように
男が再度立ち上がれるまで
包み込める女でありたい


男は虚勢をはる生き物
時にその握りこぶしに冷や汗をかきながら。

それをかわいいと思って、
男が虚勢をはっていられるように
男が虚勢をはらずともよくなるまで
育てられる女でありたい

ご飯は頑張る源

外で働き疲れた体には
優しい言葉と暖かいお風呂を
明日も頑張れるように
ふかふかの寝床を

男は育てて支えて

男はきっと立たせてなんぼ
後ろではなく前に立たせてなんぼ

女を盾にするような男を選んでしまわないように。
甘い言葉に要注意。
上っ面だけで判断しないでじっくり中身を見抜いて。

女を盾にするような男にしてしまわないように。
ゆっくりゆっくり時間をかけて。
素直に素直に向き合って。

男はきっと立たせてなんぼ
後ろではなく前に立たせてなんぼ

男は育てて支えて

こうしたいと思える男に出会えたのなら
それに 答えてくれる男に出会えたのなら

きっと 幸せ



祖母が健在の時、私にこう言いました。
『女は三歩下がって黙ってついてこい!これは互いを思いやる気持ちの表れなのよ。』


女を後ろに歩かせ、
男は盾になり女を守る

男を前に歩かせ、
女は守られながらも、
男が間違えた方向に行かないか、
男が弱ってはいないか、見守り、時にそっと軌道修正する。補佐する。
支える。

それは後ろにいなくては出来ない事。
だって男の前を歩いたら、男がよく見えなくなってしまうから。

黙って とはぎゃあぎゃあ口やかましく言わない事だろう。
ぎゃあぎゃあと言われれば誰だって耳を塞ぎたくなるものだ。

ジェンダーフリーお断り

大黒柱
内助の功

日本には
日本独自の

男には男の
女には女の

それぞれ互いを思いやるそれぞれのやり方がある


『女は三歩下がって黙ってついてこい!=俺が守ってやるよ。支えあい一緒に生きていこう』


無題 (11)


芍薬(シャクヤク)
花言葉 「はにかみ、恥じらい」


この記事をFACEBOOKでシェアする




↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。