安保法案を戦争法案なんてあだ名で呼ばないで、中身を見てほしい ~9月17日街宣書き起こし付き2~

11988480_960885350621929_4716094500680032609_n.jpg

「話し合いをすればわかってもらえるさ」と安保反対派。

話し合う前に飛びかかり、話し合いにも応じない
話し合うことができない相手がいるのだということを
私は昨日の国会で反対派議員さんに教えて頂きました。


9月17日 新宿にて
安保賛成の街宣を行わせていただきました。






以下、
街宣の書き起こしとなります。
宜しければ読んで知ってください。

~~
新宿のみなさん、こんにちは!

今日、私はここに、 反対派の皆さんと喧嘩をしにきたわけではありません。

私は、 安保法案について正しく知っていただきたくて、
今日ここに来ました。

まず安保法案に関しては、 強行採決だ民主主義に反するだのと言われていますが、違います。

反対の意思を示すなら座らなければならないときに、
立っていたり退席した人が強行採決だと言っているのであり、
例えその方々が反対の意思を示したとしても、
自民、公明、次世代、日本を元気にする会、新党改革議員の
賛成多数です。

選挙により選ばれた議員による多数決。
民主主義にもとづいています。


気に入らないからと審議拒否して駄々をこねる、暴れる。
民主主義を、国会を、
軽視しているのは誰ですか?

さて、
安保法案は、
戦争法案という別名と、
徴兵制になるのではという噂とが、独り歩きをしている状態です。

戦争法案、徴兵制
それだけを聞いていれば、恐ろしくなりますが、ご安心ください。

安保法案は、
戦争法案などではなく、また、 徴兵制も、ありえません。


まず徴兵制。
総理が明確にありえないと言っています。

また、 70年前とは違い、
兵器や装備はハイテク化し、専門のスキルが必要です。
徴兵で少しの訓練をしても使い物にはなりません。
だから徴兵制はほとんどの国で廃止されているのです。

そして
平成25年度の自衛隊採用倍率は約6倍。
国を守る気概のあるかたは沢山いて、
その中から必要人数だけを採用する余裕すら自衛隊にはあるのです。

安保法案は戦争法案??

違います。

安保法案が成立するとどうなるか?
先制攻撃ができるようになると勘違いをされている方がいますが
違います。
専守防衛です。

現在、ミサイルを撃たれた際、
ミサイル発射基地を日本は攻撃できません。
仮にミサイルを一個撃ち落としても、
次々に撃たれたら、そのうち日本にミサイルを撃ち込まれます。
そうならないように、
ミサイル発射基地をアメリカが攻撃する事になっていますが、
そのアメリカの船を攻撃されたら、
日本にミサイルを撃ち込まれるのを防ぐ手立てがないのが今です。

安保法案が成立し
日本が集団的自衛権を
限定的に容認することができるようになれば、
アメリカの船を守る、要は、
ミサイルを撃ち込まれた際に着弾する危険性を
減らすことができるようになります。


また、他国で有事があり、日本人がアメリカの船で逃げたとしましょう。
仮にそこを襲われたら、
現在、日本は何もすることができません。

しかし、法案成立後は、
守ることができるようになります。


もうひとつ、
国際貢献で他国に行っている日本のNgo。

現在彼らが襲われて、
自衛隊に助けを求めたとしても、
自衛隊は、離れた場所にいる人びとを助けにいくことは、できません。

法案成立後は、
NGOからの要請を受ければ、
警護に向かうことができるようになるのです。


さて、これのどこが
戦争法案なのでしょうか?

私には、
日本が攻撃をされにくくなり、
且つ
日本が日本人の命を積極的に
守れるようになる法案にしか思えません。


むしろ、
今まで、これが出来なかったことが不思議です。

時々、
何もしないで無抵抗でいれば平和だという方がいます。
お酒を飲み交わせばわかってくれるという方もいます。

もし本当にそう思うのならば、
ウイグルやチベット、イスラム国に行き
その手段を用いて惨劇を止めて頂きたい。


世界はそんなに甘くはありません。
現実は、 綺麗ごとのように甘くはなく、
直面したときにああしまったと気がついても、遅いのです。

2675年。
繋ぎ繋いで、今があります。
ここから先へ繋ぐのは、
今を生きる私たちです。

私には娘がおります。
彼女にはより安心な日本で生きてほしい。

鍵をかけ、侵入者が来たら大声をだし応戦、警察に通報する家と、
鍵をかけず侵入者が来ても何もしないで笑っている

皆さんが侵入者なら、
どちらの家を選びますか?

戦争を望まないのであれば、
守りの構えが必要であり、
いざとなればやるぞという
気概をみせる必要があるのです。

その為の大きな一歩が安保法案成立です。

これに反対する理由は
日本を侵略したい、
日本を攻撃したいと望まない限り
私には、ありません。


皆さま、
どうか今一度、
戦争法案という言葉のイメージだけで、安保法案を考えるのではなく
中身を知ってください。

宜しくお願い致します。

~~以上

「アメリカ出てけ(#`皿´)!!
と怒るわりには
GHQが作った憲法は守りたい(*´∇`*)」

と訳がわからない。

今も反対反対騒いでいますが、

さて、
これを特亜目線でみてみますと、

「アメリカ出てけ(#`皿´)攻撃しずらい!
憲法守れ(*´∇`*)攻撃しやすい!」
となります。

ようは、
特亜目線なんですね、
日本人目線ではなくて。

日本は日本人が守る

その為の、大きな一歩。

私にはその一歩を止める理由がありません。



最後になりますが、

少しばかり療養の身でして、
昔のように思うようにブログすら書けないでおりましたが、
少しずつ調子が戻り、
8月15日靖国で行われた
若人の集いをお手伝いさせて頂いた事がきっかけで
御縁が繋がり
行進や街宣、メディア対応と初めてづくしの1か月でした。
学ぶこと、考えさせられる事も多かったです。
そして
やって良かった!

小さな事でも続けていけば膨らむと私は思っております。

サイレントマジョリティーをサイレントにさせない

そんな事を
学びながら続けていければと思っております。

皆さまに感謝

同じ想いの方、どうか外へ外へ伝えてください
この記事をFACEBOOKでシェアする


励みになります。
応援ぽち、宜しければお願い致します。
↓↓





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。