敬意を払うことを忘れなかった日本人~先人たちの心得から靖国放火と日本の現状を考える~


私たち現代を生きる日本人は、
恥じない生き方ができているだろうか?



■「孟子廟に参拜する日本軍人の心得」

1>孟子は孔子と一緒に時中国人が一番崇拜する偉人だ.
 私たち,日本人にとっても精神的文化の恩人だ.
2>参拜する人は仏閣に参拜するのと同じ心で愼重に行動すること.
3>模範的行動が日本軍の名誉を証明する.
 それが民衆に日本軍が愛される力になることを肝に銘じなさい.


c0059946_21143510.jpg


■中国の近代化を夢見た国民党の孫文の像に中華民国の旗をかける日本
c0059946_21143793.jpg



■中国のお菓子売りの子供と日本兵
c0059946_21144095.jpg



■オルガンを弾く日本兵に集まる中国の子供たち
c0059946_21144297.jpg



■天津の日本軍部隊へ毎日きて遊ぶ中国の子供
c0059946_21153437.jpg





上記が
日本を守るため戦った
日本人の先人たちの心の有り様の一部であり
そして
そんな日本人の先人たちの心が眠る場所が靖国です。







年末
靖国神社が燃やされる事件が起こりました。

中国人なのか?
韓国人なのか?
はたまた
日本人なのか?

犯人が捕まるまで断定は不可能です。

犯人が誰であれ
燃やされたことで
喜ぶ人間が
中国にも韓国にも存在します。

201112302202003eb.jpg
http://gyazo.com/454e52b8b8982b92e123b4e75528a639



そして
何より
忘れてはならないのが

燃やされたことで喜ぶ人間や
燃やされたところで
何も感じない
加えて
燃やされた場所が
どんな場所なのかさっぱりわからない
そんな日本人が
存在することです。



それが今の日本の現状です。
だからこそ
今のような現状があるのだと私は思います。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
今のような現状

日本人自ら売国政権(要は日本にとって敵)を日本の舵取り役に選び、
それでも関係ないさ!と無関心な状態

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\





只今 売国政権下

私たち日本人は
恥じない生き方
ができているでしょうか?



只今 売国政権下

私たち日本人は
先人たちがそうしたように
後世に日本を繋ぐことができるでしょうか?





「日本はどうなるのか?」

全ては
私たち日本人一人ひとりの意識次第です。




だって、

私たちの生活は
日本という国の上成り立っているのだということを
意識ができるのなら、

ここ日本は
日本の先人たちが、
命がけで守った日本だということを
意識できるのなら、

日本が好きなら

恥じない生き方をしようと望むなら

自然と
日本を守ろうと
日本で起こる出来事に無関心ではいけないと
感じ
動くように
なるでしょう?



先人たちの生き様を知り、学び
現状を見つめ、認識し、
そして明るいものとなるよう望み、動く

結果は
選挙結果や
世論や
日本の未来となって
表れると思います。



日本を元気にするのは売国政権ではない
日本を元気にするのは民主党ではない


日本人が
日本人の意識が
日本を再び元気にします。


2012年
明るい日本となりますように。
明るい日本を造る日本人が
昨年よりももっともっと増えますように。





おわり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。