徴兵制にふるえる方へ

~安倍政権は徴兵制を導入しようとしていると思い込んでいる方へ~

大丈夫です。

以下、自衛隊の採用倍率です。
入隊したくない!させたくない!!!
では入隊しなくていいし、入隊させなければいいのではないでしょうか?
貴方が嫌々入隊しなくても、
これだけの方が国防の為に入隊を希望していますし、
必要人数だけを採用するという余裕が現場にはありますから↓

11800568_850721168315898_8910313141542284803_n.jpg

また、
危険度が高まれば志願者は減るのかといえばそうでもないのが現実です。

032-z01b-546x246.gif

図表は、
日本は絶対に徴兵制にはならないことを数字で証明してみましょう
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=21385
より(詳細はリンク先にて)


~~それでも安倍政権は徴兵制を導入しようとしていると思い込んでいる方へ~~

大丈夫です。

徴兵制は導入されませんし、
たとえ憲法を変更したとしても徴兵に係ることは変えないと、
安倍総理自身が述べています。

以下、参照ください。

「 やっぱり心配。徴兵制。」安倍さんがわかりやすくお答えします!平和安全法制のナゼ?ナニ?ドウシテ?
http://blogos.com/article/124398/
より抜粋して転載。

____________________________________________________________________________________________________

(安倍晋三総裁)
いつかは徴兵制になるんではないか、野党はこういうキャンペーンをずっと張っているんですね。
でも、意外とそうかもしれないと不安を持って受け止めておられる方々がたくさんいらっしゃるんです。
ですから、これははっきりと申し上げておかなければならないと思うんですが、典型的な無責任なレッテル貼りだと思います。
憲法18条には意に反する苦役、これはダメですよということが書いてあります。
そして徴兵制度の本質は、意思に反して強制的に兵士の義務を負うことです。
ですから、徴兵制は明確に憲法違反なんです。
これは憲法解釈で変える余地は全くありません。これははっきりと申し上げておきたいと思います。


(丸川)
そうすると、政権が変わったからとか、政治家が変わったから変わるものではないということですね。

(安倍総裁)
「安倍さんが代わったら分からないでしょ?」という人がいるんですが、これは私が言っているだけではなくて、明文に反していますから、憲法にはっきりと意に反する苦役はダメと書いてありますから、
これは政権が代わろうとも変わることはありません。

(丸川)
少なくとも解釈の範囲では絶対にないということですね。でも自民党は憲法を改正しようとしているよね、そこも変えちゃうんじゃないの?という意見もあります。

(安倍総裁)
谷垣総裁時代に、私たちは憲法改正草案を出しました。
この自民党の憲法改正草案の中にも現在の18条、つまり意に反する苦役はダメですよ、ということが書いてあります。
自民党の憲法改正草案が実現したとしても、全く変わらないということは申し上げておきたいと思います。また、防衛政策上、徴兵制を導入する合理的な理由がないんですね。

(丸川):合理的な理由がない?それはどういうことですか?

(安倍総裁)
現代の防衛装備というのは大変ハイテク化されているんです。
兵士として十分役に立つためには、そうしたハイテク技術を使いこなせるようになる必要があります。
そうなるためには相当時間がかかるんです。
徴兵制のように、短期間でぐるぐる回っていくという仕組みでは、使いこなす前に辞めてしまう。
やっと教育が終わったら辞めてしまう。
つまり徴兵制度をやれば、かえって自衛隊にとっては負担になる。
これは世界中そうなんです。


____________________________________________________________________________________________________



さてさて、
なぜに貴方は、
徴兵制ガー!!!と不安になりましたか?

国の仕組み作りの現場の声(国会答弁など)を聞いたり読んだりした上で不安になりましたか?

それとも
メディアを見て?
ネットの安保反対派の方々の意見を聞いて???


①メディアは平気で嘘をつきます。
嘘だと思う方はこちらをご覧ください↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

これに踊らされて果たして日本人の為になるのか、
どうか今一度沈思黙考していただきたいです。


②賛成と反対派の分布図をみると、反対派にいるのは反日思想の方々ばかり。
反日思想の方々が反対!と叫ぶ。

これに踊らされて果たして日本人の為になるのか、
どうか今一度沈思黙考していただきたいです。


imagesI72TR6W8.jpg

無題 (15)


そしてどうか、
沈思黙考の際には、
一次ソースとも言える
現場そのものの情報(国会内容や仕組み造りを行う議員そのものの見解 ※例えば、上記でご紹介した総理自身の見解など)
を得たうえで
行っていただきたいです。


最後になりますが、
安保法案の内容が実は何のことやらわからないが、
反対の声ばかりだから
私も反対!と言う方へ。


~反対の声ばかりではないんですよ~

実際は賛成の方もたくさんいます。
デモも反対デモだけではないんですよ。
メディアが報道しないから、「感知」できないだけです。
(この事実からもメディアは偏っていると認識できると思います)

メディアが報道しない賛成デモ↓↓
images7R2NJN8V.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=RGsYkneQTgkより


~本当に反対!!でいいですか?~

どうかご一読ください↓↓

「侵略戦争」を反対側から見てみましょう



「侵略」の為の戦争は、
反対側からみれば
「侵略を阻止する」為の戦争となります。

日本は、もちろん
侵略なんざ考えていませんから、
もし戦争が起きるとしたら、
「日本を侵略する」為の戦争を起こそうとする他国が発生した場合でしょう。

戦争は、嫌ですね。
だから、

まず第一に、
侵略する気を起こさせない

第二に、
侵略されそうになっても、
食い止められる防御力を持つ


この2つがなければ
侵略したい側は、
やりたい放題が可能です。

付け加えて、

第三に、
「侵略を阻止する」為に、
他国に協力を求める際、
普段何も協力をしない国、
要は持ちつ持たれつの関係に無い国に対し、
他国が協力してくれるでしょうか?


だからこその法案が、
安保法案です。

第一、第二、そして第三
を目的とした法案が、
安保法案です。


日本が大嫌い、もしくは、
侵略を狙う中国、韓国が反対!と叫んでいる現状には納得しますが、
「日本人」が
それに追随し反対と叫んでしまっては
笑うのは、
日本人では無いでしょう。



選択は自由ですから
これでも反対!の方は、それでいいと思います。
でも、
なんとなく反対 の方には、
今一度、よく知った上でご判断していただきたいです。

それはなぜか?
国政とは、国民の意識を移す鏡であり、
だからこそ、
私たち日本人の意識次第で未来は明るくも暗くもなるからです。



私もそう思う という方、
是非外へ外へ、伝えてください。

この記事をFACEBOOKでシェアする


励みになります。
応援ぽち、宜しければお願い致します。↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。