どこか似ている ふたつの教え

どちらも大切

どこか似ている 二つの教え

「インディアンの十戒」

1.なにを為すにせよグレイトスピリットの近くにとどまれ。
Remain close to the Great Spirit, in all that you do.

2.汝に従ういのちあるものたちに大いなる尊敬をはらえ。
Show great respect for your fellow beings.

3.どこでも必要なところに援助と優しさを与えよ。
Give assistance and kindness wherever needed.

4.いついかなるときでも誠実かつ正直であれ。
Be truthful and honest at all times.

5.自分で正しいとわかっていることを為せ。
Do what you know to be right.

6.精神と肉体の健康に留意せよ。
Look after the well-being of mind and body.

7.地球とそこに住まうすべてのものを尊敬を持って扱え。
Treat the Earth and all that dwell thereon with respect.

8.自らの行動にたいして一切の責任を負え。
Take full responsibility for your actions.

9.より大いなる善にたいしてさらなる努力を捧げよ。
Dedicate a share of your efforts to the greater good.

10.すべての人類の利益のために共に働け。
Work together for the benefit of all Mankind.


915f81937d6e83c3219e2b1d0951397c73e1c6a8_6_720526690_246_large.jpg





「教育勅語 12の徳目」

1 親に孝養をつくそう(孝行)

2 兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)

3 夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)

4 友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)

5 自分の言動をつつしもう(謙遜)

6 広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)

7勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)

8 知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)

9 人格の向上につとめよう(徳器成就)

10広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)

11 法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)

12 国難に際しては国のため力を尽くそう、それが国運を永らえる
(義勇)

無題 (14)



この記事をFACEBOOKでシェアする




↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。