「被災地外にとってはもう過去。被災地にとっては、今」

~生きる力というのは ひょんなことからわいてくる
誰か僕の未来に
わずかな期待を持ってはくれないか
それを
口にだしてはくれないか ~



あの日から、
3度目の3月11日がやってきた。

テレビに出ていた福島の少女がこんな事を言っていた。
「被災地外にとってはもう過去。被災地にとっては、今」

テレビから流れてくる映像がなかなか現実の事とは思えなかった3年前。
時の与党であった民主党政権の震災対策のあまりにもひどい内容に、
政治の大切さを思った3年前。

3年の月日の中、
復興は段々と進んでいるが、
それでも
まだ元通りとは言えない今。

あの日を忘れない。
そして
今ある
被災地の現状、
被災地に生きる人たちのことも忘れないでいたいと思う。

どうか、
一日でも早く
一人でも多く
被災地と被災地の皆さんの環境と心が癒されますように。


紫苑(しおん)

images (2)

花言葉は
「遠方を想う」
「忘れない」


黙とうの時間は14時46分です。


以下、安倍晋三FBページより
https://www.facebook.com/abeshinzo
~~

東日本大震災から3度目の3月11日を迎えます。
ご家族や親しい方を亡くされた皆様の悲しみは癒えることがないと思います。改めてお悔やみ申し上げます。
本日の復興推進会議、原子力災害対策本部では、福島県田村市への避難指示を来月1日から解除することを決定しました。
しかし、これはゴールではありません。ふるさとを取り戻すスタートです。
これからの1年、被災地の皆さんが、復興を「実感できる1年」にしていきたいと思います。

~~

以下、宮川典子議員FBページより
https://www.facebook.com/noriko.miyagawa.50


おはようございます。

生きる力というのは
ひょんなことからわいてくる
誰か僕の未来に
わずかな期待を持ってはくれないか
それを口にだしてはくれないか
(銀色夏生)

落選中、あの東日本大震災が起きました。被災地で教育ボランティアを繰り返しましたが、ある町からの帰り、銀色夏生さんが大好きだという私にある子供が「これ、忘れずに持ってて」と渡してくれた紙きれに書いてあった詩です。

今日でたくさんの人の人生を変えたあの日から3年。

今も変わらず被災地の子供たちの未来に少しでも明るい光を届けたいと本気で思い、期待し続けている人間がいることを伝えたいと思います。。

~~



この記事をFACEBOOKでシェアする




↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。