韓国と日本の「おもてなし」比較  ~なんてもったいないんだ 日本人~

選択肢は
「韓国を嫌いかどうか」
ではなく
「日本人が日本を守るOR守らない 続かせるOR続かせない 」
かです。
意識があるかないかです。

やり方はどうであれ
主張をし続けた方、
国を続けようという意識が高い方が、
最後まで残ります。


日本は
果たして
どうでしょうか?


日本人は
以下のような素敵なふるまいができる国です。
だから慕われる/だから信用される
それは強みです。

だからこそ
「そんな日本人が日本で起きている出来事に無関心だなんて、」
「そんな日本人が日本を守ろうと思わないなんて」
「どうでもいいやなんて」

な ん て も っ た い な い
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

~おもてなし~

2002年 日韓ワールドカップ。
共済国の韓国では、
「おもてなし」が行われていた。


テーハミング♪
テーハミング♪
テーハミング♪

テーハミングとは大韓民国のことである。

対韓国戦 当日 午前三時のポーランド宿舎前
対韓国戦 前夜から当日のアメリカ選手宿舎前

テーハミング♪と大合唱


韓国の眠らせない「おもてなし」を
韓国と対戦する選手たちは堪能したという。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■ポーランド 眠くて負けた
http://www.sponichi.co.jp/soccer/kiji/2002/06/06/09.html
釜山市内の宿泊ホテル前で韓国サポーター約20人が騒動を起こし、選手の大半が眠りから覚めてしまったという。エンゲル監督も窓を開けて騒ぎを制止しようとしたが、収まらずに警察も出動。さらに「後半はボールボーイがわざとボールを遅く投入したり、韓国は組織的に試合の邪魔をした」とヒートアップする韓国応援団の被害者であると訴えた

■打倒米国へ韓国サポーター『朝まで生騒ぎ』作戦
http://www.sanspo.com/soccer/02worldcup/country/kor/news/st2002052517.html
米国代表チーム打倒を目指す恐るべき計画が発覚した。題して、『朝まで生騒ぎ』作戦。試合前日の夜から当日の朝まで、サポーターが米国宿舎前で騒いで、選手を睡眠不足に陥れようというもの。ソルトレークシティー五輪・ショートトラックで発生した米韓の遺恨。五輪のカタキをW杯で…という仁義なき作戦だ
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

韓国のおもてなしは続いた。


イタリア人へのおもてなし

24515671_1232929855_77large.jpg
24515671_1232929905_61large.jpg


イタリア人は激怒した。

■イタリア記者を激怒させたスタンドの「白文字」
http://www.sanspo.com/soccer/02worldcup/wc200206/st2002061816.html
前日練習のため、イタリア代表の関係者とイタリア人記者が韓国・大田スタジアムに入った途端、顔を紅潮させ、激怒した。
客席が2段式になっている同スタジアムの上段には「AGAIN」。下段には「1966」の文字。つまり、この「メッセージ」は、1966年イングランド大会でイタリアが1次リーグで格下の北朝鮮に敗れて敗退した際、サポーターから腐ったトマトで盛大な「歓迎」を受けたあの屈辱の再現を、という意味



ドイツ人へのおもてなし

24515671_1232929842_164large.jpg
24515671_1232929906_9large.jpg



ドイツ人は激怒した。
■ドイツvs韓国、ナチスの横断幕を撤去 - Fuoriclasse
http://www.fuoriclasse.com/news10/21n94.html
ソウルのワールドカップ競技場で開催されているW杯準決勝のドイツvs韓国戦で、試合前にスタンドに掲げられたナチスのカギ十字マークの入った横断幕が警備担当者によって撤去されていたことが明らかになった。



ワールドカップ史上稀に見ぬおもてなしに
サッカー関係者及びサッカーファンは激怒した。


24515671_1187317809_84large.jpg
24515671_1187317888_17large.jpg




ヨハン・クライフ
「W杯の恥さらし国家。韓国は史上最低の開催国として歴史に名を刻むことだろう。」

プラティニ
「不愉快だ。W杯は世界最高の大会のはずだ。世界最高の大会は公正な場で行うのが義務だ。まして観客の声援を強く受ける開催国はこれに細心の注意を払わなくてはならない。それを怠った韓国には深く失望し憤りすら感じる。」

リネカー
「一つ確かなのは今回の韓国の勝利に名誉が伴っていないことだ。
後年日韓W杯を振り返ったときにトルコやセネガルに米国、スウェーデン、ベルギー、日本の健闘が賞賛されることはあっても韓国が賞賛されることは決してないだろう。」

ストイコビッチ
「(スペイン戦後)韓国が調子に乗るのもここまでだ。」

スコールズ
「彼ら(フランス)は前回のW杯で好成績を挙げることが出来なかったが、
それはW杯を開催してはいけない『馬鹿な国』での一時的不振に過ぎない」

ラウール
「何度でも言おう。この試合(韓国スペイン戦)は我々の勝利だと。」

リザラズ
「韓国での最初の1週間は、バスや飛行機での移動がとても疲れた。
特にソウルはものすごく空気の汚れた街だったから。
練習の間、ちょっと動いただけで皮膚がかゆくなった程だよ。とても不愉快な気分だった」

ペケルマン ディレクター
「希望していた日本でplayできるからokだ」

ミリノヴィッチ
「日本で試合をしたかった。Sloveniaを知ってもらえるchanceだったが…」

アレクサーダー・ツクマノフ (フットボール協会ディレクター)
「私たちは幸運だと思います。 抽選会の前、サポーターのために 日本で試合を行いたいと話していました。 」

アレッサンドロ ・デルピエロ
「もうこんな国(韓国)に来る事はないね」

マルディーニ
「サッカーを侮辱した韓国は天罰が下るだろう。」

FCバルセロナ副会長
「韓国の国民はスポーツを観戦する態度がなってない。
私の目が黒いうちはバルサが韓国へ来ることは二度とないだろう」
※現実にバルサはその次の年から韓国に来なくなった

フランチェスコ トッティ
「韓国は大嫌いだ。」

ジョセフ ブラッター fifa会長
「韓国でワールドカップを開催することは間違いだった。日本の単独開催にすべきだった。
世界中のサッカーファンに申し訳ない。」







2002年、日韓ワールドカップ。
同じく開催国、日本。
そこでは、韓国とは違った「おもてなし」が行われていた。
そして、
誰も経験したことのない出来事が
次々と報告された。



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■報告その1
対戦国であるベルギーがホスト国日本に歓迎された。
「日本と同じグループなのに、どこに行っても歓迎される、信じられない」

■報告その2
カメルーン戦は劇的な引き分けに終わった。
アイルランドの記者達が仕事を終えるとすでに午前2時になっていた。
疲れた体でホテルに戻った彼らの前には信じられない光景が。
なんと従業員達が拍手で出迎えてくれたのだ。
「おつかれさま」

■報告その3
イギリス 手放しで礼賛一色 「フーリガン出る幕ない」
http://www.yomiuri.co.jp/wcup2002/news/20020611_media.htm
【ロンドン10日=土生修一】辛口で定評のある英国メディアが、W杯での日本人の対応を手放しで褒めちぎっている。
「日本人の品行の良さには驚いた。こっちも影響され、野外パーティーが終わると自分から掃除していた。こんなことは初めて。
今まで、なんて自分勝手な国に住んでいたんだろう」。
9日付の英高級紙サンデー・テレグラフは、W杯観戦で来日した英国の若者のコメントを紹介、「日本体験が英国人に集団治療のような効果を発揮している」と報じた。
「3万人以上の日本人が英国国歌を歌ってわがチームを熱狂的に応援した。顔中、イングランド旗にした日本人もいる。私の頭がおかしくなったのではない。これは本当なんだ」(大衆紙デイリー・ミラー)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


ありがとう 日本


24515671_1232931243_109large.jpg
24515671_1232931247_199large.jpg
24515671_1232931267_132large.jpg
24515671_1232931272_194large.jpg
24515671_1232931279_116large.jpg
24515671_1232931288_182large.jpg
24515671_1232931294_235large.jpg
24515671_1232931296_157large.jpg


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「おもてなし」には
目に見える「もの」と、
目に見えない「こと」があります。

お茶の世界で例えると
「お客様」をおもてなしする際に、
季節感のある生花、お迎えするお客様に合わせた掛け軸、絵、茶器、匂い(御香)など具体的に身体に感じ、目に見える「もの」、
おもてなしをする人の瞬時に消えてしまう言葉、表情、仕草など、目に見えない心を「こと」と言います。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

私達日本人には
自然と「心の奥のほうに」、
日本人のおもてなしの「もの」と「こと」の心が
備わっているのかもしれないですね。
だから
上記のように世界が賞賛した、
日本人らしいおもてなしが可能だったのだと私は思います。




上記出来事を知って
「日本って素敵だな」と思った方、
どうか
日本に関心を持ち
日本を守ろうと、続けようと感じてください。

日本は日本
韓国は韓国
韓国がどんな国であろうが
日本が日本を続ければいい。日本を続けさせる対策をすればいい。

韓国を好きか嫌いかなんてどうでもいい
日本を知って
日本を守ろうと、続けようと感じてください。



素敵な国、日本

おもてなしからもわかるように
心根は未だに「日本人」。
>それなのに、


な ん て も っ た い な い

日本の領土が侵略されているというのに
日本が壊されているというのに
無関心でどうでもいいよと日本人。

堂々としていればいいのに
韓国が<嫌いかどうか>にばかりとらわれ
韓国をさげすむばかりで「同じ穴のむじな」状態の日本人。
韓国が<好きかどうか>にばかりとらわれ
韓国好きと叫ぶばかりで「灯台下暗し」状態の日本人。


守ることを忘れて
無関心/好きOR嫌い で上の空


な ん て も っ た い な い





素敵な国、日本

しかし
な に か が お か し い
↓↓↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
日本のマスメディアは
■韓国万歳の毎日↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

■日本を守ってくれていた人の「守っていた事実」は報道せず↓↓
テレビが教えない自民党生まれの3人の総理の実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
■平気で嘘をつき↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

■日本を壊している人の「壊している事実」を報道しない。↓↓
①民主党の目的
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
②民主党が「国民の為」「国益に適う」として行ったこと一覧
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
③民主党による北朝鮮や中国のような言論統制の実態
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

素敵な国、日本
現在「売国」を目的とした政党により内側から破壊され中




おもてなしからもわかるように
心根は未だに「日本人」
だから
あともう一歩。


当 た り 前 の こ と を 思 い 出 そ う
当 た り 前 の こ と を 忘 れ な い で

↓↓↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
日本を守ること。

素敵な日本を
慕われる日本を
私達日本人の生活の場所である日本を
守り保つことができるのは日本人だということ

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




素敵な国、日本
現在「売国」を目的とした政党により内側から破壊され中

どうすればいいか?

まずは
無関心を止め、現状を知って下さい
それはなぜか?


遅くても1年と10ヵ月後、
とてもとても大切な出来事がここ日本で起こります。
それは、選挙です。

只今 国政前提 売国
それを変えるチャンスが選挙です。
このチャンスを無駄にしたら、もう後がない。


しかし
無関心を止めず
現状を知らず
現状が売国=生活が成り立つ仕組みを壊されているのだ
ということを認識しなければ

1年10ヶ月後に訪れる
千載一遇のチャンスである選挙に
行こうともしないでしょう。

行ったとて
何が何だかわからないまま、
もしくは
握手をしてくれたから良い人だと決めつけて
もしくは
テレビが言っていたからこの人でいいやと

『必死』ではなく『適当』に
日本の未来=今ある当たり前の生活の行く末を決めかねないでしょう。



だから
無関心を止め、現状を知って下さい。
テレビが言っていました!は止めて
自分から何が起きているのか知ろうとして下さい。



只今 国政前提 売国
国政とはその国の民の意識を移す鏡。

只今 国政前提 売国
私達日本人が生きる為の仕組みは破壊されるのみ。

心根は失われていないから。
心根は日本人だから。

あともう一歩

無関心を止め、現状を認識すれば
そんな日本人が増えれば
一年10ヶ月後
国政前提は 正常に戻ります。

素敵な国、日本
私達日本人の居場所

守るのは私達自身です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。