みんな弱いけれど、そうせずにはいられないときもあるのです。

やなせたかし氏「死ぬときは死ぬんだ!死ぬまで一生懸命やるんだよ!」
http://mixi.at/agnsLwT

氏は死のつい3カ月ほど前に
劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン  とばせ!希望のハンカチ」の舞台挨拶に登壇。
その際、余命が2週間ほどであると発表し
「死ぬときは死ぬんだよ!笑いながら死ぬんだよ!そうすれば映画の宣伝になる!死ぬまで一生懸命やるんだよ!」という力強いコメントをし周囲を驚かせた。


ご冥福をお祈り申し上げます。


無題



 ~アンパンマンのテーマソングはぼくの作詞だが、幼児アニメーションのテーマソングとしては重い問いかけになっている。
ぼくはお子様ランチや、子供だましの甘さを嫌った。~
やなせたかし氏 発言集より 




そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも

そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為






アンパンマンは“世界最弱”のヒーロー。
ちょっと汚れたり、雨にぬれただけでも、ジャムおじさんに助けを求める。
でも、いざというときには、自分の顔をちぎって食べてもらう。
そして戦います。
それは私たちも同じ。
みんな弱いけれど、そうせずにはいられないときもあるのです

やなせたかし氏 発言集より~



image.jpg




http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20121102/Rocketnews24_263134.html より以下抜粋

~ここから

優しいアンパンマンが活躍する物語は子供だけでなく大人まで引き込む魅力がある。
「何の為に生まれて 何をして生きるのか たとえ胸の傷がいたんでも」で始まるアンパンマンのテーマ曲『アンパンマンのマーチ』は、歌詞を見ずに歌える人も多いだろう。

曲自体を知っている人は多いと思うが、アンパンマンのマーチの歌詞の意味まで深く考えたという人はそんなにいないのではないだろうか?  歌詞の解釈は様々だが、その中のひとつにこの『アンパンマンのマーチ』は、戦争で海軍に志願し特攻隊として22歳という若さで亡くなった、やなせたかしさんの弟を想い作られたのではないかという説がある。

確かに歌詞を振り返ってみると
1番の「今を生きることで 熱いこころ燃える だから君はいくんだ ほほえんで」や、2番の「忘れないで夢を こぼさないで涙 だから君はとぶんだ どこまでも」、3番の「時ははやくすぎる 光る星は消える だから君はいくんだ ほほえんで」などは、特攻隊として敵地へ決死行をする姿を連想できる。

また、それに続く歌詞と合わせて読むと、そのイメージがさらにリアルなものになる。
たとえば2番の先に述べた歌詞に続く「そうだ 恐れないでみんなの為に 愛と勇気だけが友達さ」は、愛と勇気だけを心に持ち、一人で恐れずに立ち向かうさまがありありと目に浮かんでくる。

そして最後の歌詞「ああアンパンマン 優しい君は 行け みんなの夢守るため」は、皆を守るために特攻隊となった優しい弟をアンパンマンに見立てているのではないだろうか? もともとアンパンマンは子供向けではなく、大人向けの読み物として作られたこともあり、アンパンマンとは何か考えれば考えるほど深く味わい深い作品だということがわかる。

もしもう一度アンパンマンのマーチを聴く機会があったら、
やなせたかしさんがどんな想いで作詞をしたのか考えながら聴いてみてはどうだろうか。
きっと新しい感動がそこから生まれるはずだ。

~ここまで



http://blog.livedoor.jp/aoba_f/archives/33981155.html より以下抜粋

ここから~

12の真珠という童話集に登場した初代アンパンマンは
ただ空を飛べるだけの小汚い中年男で
貧困や戦争によって飢えに苦しむ子供たちにアンパンを配ることで世界を平和にしようと
独裁国家だろうが紛争地帯だろうが単独で乗り込んで活動してた
なのに世界中の人からは戦う力を持たない薄気味悪い男と蔑まれて
救った子供たちからですらダサいとバカにされた
彼はそれでも世界の平和を望み
誰からも尊敬されないのにアンパンを配り続けた
その挙句の果てに軍隊に敵機と間違われて撃たれ
誰にも知られずに死んでいった
誰も偉大なヒーローの死を惜しまなかったし悲しまなかった

彼と最後まで共にいたのは本当に愛と勇気だけだったと言えるだろう。

19aed48d-s.jpg


~ここまで



繋ぎ繋がり 今がある

繋ぎ繋がり 2673年 続きました。

今から後ろへ繋ぐのは私たちですね。


繋ぎ繋がり 今がある

繋いでくれた人に感謝

そして

がんばります。






宜しければこちらもどうぞ

兄ちゃん達は 笑っていた
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-101.html




この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ



政治関連日記は準備中です。
より正確な内容を伝えていきたいと思っております。
準備整い次第、順次UPいていきます。
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。