TPP交渉参加決定 で 二ホンオワタ???

TPP<交渉>参加が決定しました。

このニュースに付随した日記を読むと

ネトウヨざまあWWWW
安倍信者乙
二ホンオワタ
などの言葉が乱立していました。


それを続けたところで何ら有益な結果は生じないと日記主は思いまして、
以下の日記を作成しました。


*日記主個人の「答え」が記載されていますが、
それを私は誰かに押し付けません。
その逆もまた然りなのをご理解ください。


ご理解いただいた上で、以下の情報が何らかの参考になれば幸いです。


1>「TPP交渉参加決定  ざまあみろ で 乙 で オワタ」

果たしてそうなのでしょうか?

こちらをどうぞ
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11490893619.html より以下転載

〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
安倍さんが参加表明の中で
「自民党6か条呑むならTPP参加でいいよ。
 自民党6か条呑まないなら参加しないよ!!」
と言っているのか、皆さん、よく聞いておいてください。


以前にも言いましたが、
「TPP6か条の毒牙を完全解除のTPP」と
「オバマ言いなりの毒だらけのTPP」とは天地の差です。

しかも、オバマは安倍さんとの会談の際に
「日本がTPP入るなら、毒牙6本完全解除してから」
という条件をクリアしないと、日本をTPPの輪の中に入れられません。

オバマさんは、他の国すべてに
「日本には、特別扱いしてあげて。
関税認めるとか、保険体制キープとか食品安全国内規制キープさせるとか、
とにかく日本には特別扱いしてあげて!!」

と言わねばならず、
自民党6か条を安倍さんが頑固に条件に挙げ続ける限り、
事実上日本はTPPに入ることはありません。


安倍さんが
「自民党6か条を全部、全国家が呑むならTPPやる!
 自民党6か条、一つでも飲めないならTPPやらない!!」
と言い続けることが、日本にTPPを入れさせない、最大の盾になります。

そこのところをよく注意して、安倍さんの会見を聴いてください。


以下、以前の「安倍さんとTPPについて4」の再掲載です。

今回は安倍さんの動きに対して、『皆さん、心の準備をしてください』という話です。

安倍さんとTPP、今後の展開は三通りあります。

1:完全にTPP反対で抜ける
2:『自民党の6ヶ条』で指摘された内容を全て骨抜きにしたTPPに参加する(実質上、安倍さんの大勝利)
3:オバマの言うアメリカ式TPP(関税の聖域は認めるかもしれない)に参加する

皆さん、勘違いやマスゴミの罠に掛からないでください。
上記の2と3は似てるけど、天国と地獄ぐらい違います。

そもそもなぜ、TPPは怖いのか?それは6つのヤバイ内容が含まれるからです。

例えると、TPPは6本の毒牙を持つ毒蛇なんですよ。
で、6本の毒牙のありかを示すのが自民党の6ヶ条。
つまり、自民党の6ヶ条とは牙のありかを示す地図であり、毒牙を無力化させるワクチン。

だから、自民党の6ヶ条に1つでも抵触するならTPPは認めてはならない。毒牙が1本抜けただけの、5本の毒牙を持つ毒蛇は、驚異だから。

だけど、もし毒牙の6本の毒牙が全て抜かれたら、もはや蛇は怖くない。

結論を言いましょう。
私は、『自民党の6ヶ条に1つでも抵触するTPPは反対』です。
そして『自民党の6ヶ条に全く抵触しないように、6本全ての毒牙を抜かれたTPP』なら、参加しても構いません。

なぜなら、アメリカ式の元のTPPは、日本の雇用と所得をアメリカが奪うためのものだから。
しかし、その驚異となる核心は、あくまでも自民党の6ヶ条で指摘された部分のみ。
あの6ヶ所を完全に破壊されたらTPPなど全く驚異ではありません。
6本の全ての毒牙を砕かれたTPP毒蛇なぞ、何の驚異にもなりません。


で、会見文字起こしにもありますが
安倍さんはオバマに自民党の6ヶ条は選挙の際の国民との大事な約束だと言いました。
そして、それは譲らないと言ったのです。


よってオバマは、
自民党の6ヶ条に抵触するようなTPPは安倍さんに強制出来ません。
民主主義で決めた事をアメリカ大統領が否定できませんから。

そこまで踏まえた上で、上記の2の意味で安倍さんがTPP参加表明する可能性はあります。
『アメリカの仕込んだ毒牙入りTPP』でなく、
『6本全ての毒牙を抜いて無力化した骨抜きTPP』として。

皆さんに言いたい。

安倍さんが上記の2の意味でTPP参加表明したら、
絶対マスコミは、『安倍さんがTPP参加表明』しか言わないはず。
そして、TPPと言う毒蛇の真の驚異、6本の毒牙(自民党の6ヶ条指摘内容)の事は絶対に言わない。
マスゴミに騙されないで頂きたいのです。

更に、韓国や中国の反日工作員は、日本国民を混乱させることを言う。
『安倍さんがTPP参加表明。安倍さんはアメリカの犬だ。日本国民を見捨てた。日本国民のために、安倍潰しを始めよう!』と。日本人のふりをして。

日本国民の皆さん、騙されないで頂きたい。

TPPのポイントは、自民党の6ヶ条指摘内容の『6本の毒牙』が破壊されたかどうかである。
TPPという蛇本体が驚異なのではない。
驚異なのは、6本の牙の存在。

間違っても、安倍さんがTPP参加と言い出したとき、
即座に『安倍を潰せ!』とは言わないで頂きたい。

安倍さんがTPP参加表明記者会見したら
、必ず『自民党の6ヶ条で指摘された6本の毒牙』をきちんと無力化してからのTPP参加と言っている事を確認して頂きたいと思います。


再度言います。
TPPの驚異とは、TPPと言う毒蛇本体ではありません。

自民党の6ヶ条指摘内容の6本の毒牙こそ、TPPの怖さの正体。
6本の毒牙を完全に破壊した後なら、
TPPに参加を表明する日本の総理大臣は国賊でなく英雄です。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜〜ここまで

↓↓↓

では安倍総理は本日の記者会見で何と言ったか?


安倍総理の記者会見内容から抜粋
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130315/plc13031519070014-n2.htm

〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

一方でTPPにさまざまな懸念を頂く方々がいらっしゃるのは当然です。
だからこそ、先の衆院選で私たち自民党は、
聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉参加に反対すると明確にしました。

その他にも国民皆保険制度を守るなど5つの判断基準を掲げています。

私たちは国民との約束は必ず守ります。

そのため先般オバマ大統領と直接会談し、
TPPは聖域なき関税撤廃を前提としないことを確認致しました。

その他の5つの判断基準についても交渉の中でしっかり守っていく決意です。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

しっかりと言っておられますね。


加えてこちらもどうぞ

石破茂幹事長(ぶら下がり会見)より
http://www.jimin.jp/activity/press/chief_secretary/120335.html

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
<質問>
時事通信の市川です。総理が会見の中で交渉がうまくいかなかった場合、離脱について明言されなかったのですが、そのことについてどうお考えでしょうか。.

<答え>
まだ、交渉参加を参加した段階において、離脱について特に言及することは必要ない判断だと思います。
しかし、わが党の決意において、本当に我々が守るべき国益が守られない場合、それは交渉から離脱することも辞さないという決議がなされたことは、総理自身十二分に認識され、その決意で臨むことは何ら変わりありません。特に言及しなかったからといって、党の決議をないがしろにするものだとは、私は全く思いません。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

正しく、これ↓↓だと思います。

り)なんだろうな。社会人なら解ると思うのだけど、真意を通したいのなら、時に駆け引きは必要なのだよ。長いものに巻かれるフリをしながら国益を守る事も大事。「NO」の一点張りでは世の中渡っていけないでしょ。これを読んで「推進論者か」と思った方は、もはや議論する余地すらない



次に

2>「自民党の中のTPP反対議員は離党し党を割るべきだ」
果たしてそれでいいのでしょうか?

昨日 自民党の中のTPP反対議員が参加し取りまとめられた
TPP対策に対する決議書を見てみましょう。

↓↓

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/120316.html より抜粋して転載

ここから〜〜
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
仮に交渉参加を決断する場合において、
TPP が国民生活に大きな影 響を及ぼし得ることから、
以下の諸点を確実に実行すべきである。

この場合において、
特に、
自然的・地理的条件に制約される農林水産分野 の重要5品目等や
これまで営々と築き上げてきた国民皆保険制度などの聖域 (死活的利益)の確保を最優先し、

それが確保できないと判断した場合は、 脱退も辞さないものとする。

(1) 政府は、別紙の党内5グループ並びに21作業分野に対する検 討チームの取りまとめの内容を踏まえ、2 国間交渉等にも留意 しつつ、その主張が交渉結果にしっかりと反映されるよう全力 を挙げ、交渉の進展に応じ、適時に十分な情報提供を行うこと。

(2) これまで、国内の各産業や各制度については、省庁ごとに個 別に交渉することが多かったが、TPP 交渉においては、強力な 交渉チームを作り、また閣内の連携を強く保つことにより、政 府一丸となって国益を十分に実現していくこと。


[結び]
仮に TPP 交渉に参加する場合は、国益がしっかり守られ、結果として日本の 繁栄につながるよう、政府と与党が一体となって交渉を進めるべく、自由民主 党外交・経済連携本部内の TPP 対策委員会と政府は緊密に連携すべきである。
また、各国の主張を冷静に見極め、我が国としての主張を効果的に展開して いくために、党としても国会議員による議員外交を、戦略的、かつ、積極的に 展開してまいる所存である。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


上記より、

交渉参加したら許さないぞ!!!!!
ではなく、

交渉参加を想定して、
どう対応するべきかが取りまとめられているのがわかります。

ここでTPP反対議員が離党してしまったら

これから大事な局面に入るというのに
誰が上記で決議された内容を実行するべく対応するのでしょうか?
後押しするのでしょうか?





次に

3>「公約違反!!!!!!!!!!!」
果たしてそうなのでしょうか?

以下をどうぞ。
日記主も こう↓ 記憶しています。

RT/「民主党政権下ではまともに交渉出来ないから交渉参加反対、自民党は政権取ったら聖域を守る前提でしっかり交渉し守れないなら参加しない」って選挙のときから自民党は言ってた記憶があるんだけど、何で今更騒いでるのか判らん 何も話は変わってないのに https://twitter.com/FlatDefense/status/312501909984530432

そして これにも↓ 同感です。

り)政権が変わって安倍なら参加しないでくれるとか思ってた奴、外交交渉180度急旋回してTPPやりませんって基本的に国際信用としてどうよ?民主→自民に変わっても「日本政府」には変わりない。
3年少し前に自民→民主で外交交渉急旋回して信用失ってるの忘れてないか?




次に
4>「交渉参加をしたら抜け出せない」

これに関して、以下を転載しますので是非読んでください。

交渉参加したら抜け出せないは嘘
http://real-japan.org/2013/03/15/1359/

〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
大平三原則でググりましょう。
国会承認が必要な条約と、条約や国会承認の範囲内でしか認められない「行政取極」の区別はすでに1974年に画定されております。

参考資料:
条約の国会承認に関する制度・運用と国会における議論
条約締結に対する民主的統制の在り方とは
外交防衛委員会調査室 中内 康夫

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20120702003.pdf

次にTPPに関する論点について整理の通り整理しておきます。

事実1
国際法の慣習に照らして分かったこと

・条約または通常協定であり、発効には議会の承認が必須。
・「交渉に参加したら発効」というのは言い過ぎ。少なくとも国際法的にはあり得ない。
・京都議定書に調印しておきながら、議会の承認が取れないということで無視し続けている国がある(もちろん、アメリカw)

事実2
アメリカ国内のTPP反対派は無視できない
・NAFTAのトラウマ(アメリカの仕事がメキシコに奪われた!)
・リベラル派のメディアはハフィントンポストを筆頭に総じてTPP反対キャンペーン中
・労働組合や一部農民も反対運動開始
→証拠 http://economyincrisis.org/content/thousands-have-demonstrated-against-nafta-nows-the-time-to-protest-tpp

事実3
オバマ大統領に交渉権ナシ

・TPA権限を議会から授与されていないので、オバマ大統領およびUSTRには全権委任状がない
・仮にTPP交渉がまとまったとしても、オバマ大統領は議会承認というハードルを越える必要がある
・米議会の承認なしに、米国内でTPPが発効することはない(事実1の通り)
(憶測ですが、、、)日米共同声明で、両国の「センシティビティー」について触れたのは、オバマの議会対策の布石だったかも、、、

結論
陰謀論的な背理法

・国際法の慣習を無視して国会承認なしでもTPPを強制できる強制力が存在すると仮定すると、、、
・国会決議を無視できるということは事実上どんな条項でも相手国に飲ませることができる
・それだけの力があれば「交渉参加を拒否した国」に対しても強制することができる
・それだけの力を持った国が存在しているのであれば、現時点で日本がその力に支配されていなければならない

(結論A)
国会決議を経ない法律に基づいた規制や判決が出ていることが確認できないのでこの仮定は間違っている

交渉経緯を見守り、骨抜きにならない場合は国会で撃破

(結論B)
すべてを支配している勢力が結論Aを巧妙に隠蔽している

そんなに強力な敵がいるならもう何をやっても無駄です。あきらめてください。

安倍総理は自民党が決議した例外品目リストを片手に交渉に臨みます。
今はガセネタで盛り上がっている場合ではありません。(そういう人は自重しましょう)
私は安倍総理を信頼して、今後の交渉の経緯を見守りたいとおもいます。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜〜ここまで


夕方の記者会見にて安倍総理は
今後の交渉内容に関して丁寧に国民にアナウンスをしていくと発言しています。

今はまだよくわからないことも
アナウンスの段階ではっきりと見えてくるのではないでしょうか?

こうなるのかもしれない
こうなるらしい

憶測は時に大切ですが
憶測をすべてとし、判断のは非常に危険です。

また、
現段階で叩いて叩きのめしたところで
では 
誰に何を任せるのでしょうか?


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
今はガセネタで盛り上がっている場合ではありません。(そういう人は自重しましょう)
私は安倍総理を信頼して、今後の交渉の経緯を見守りたいとおもいます。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

日記主も同じ意見です。

そして
場面場面に応じて
必要ある場合は、現場に声を届け続けようと思います。


〜TPP反対の方々へ〜

最後になりますが
以下の情報をお知らせします。

TPP参加を止める方法
http://amba.to/YvPA71 より以下抜粋して転載

〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「もうダメだ、ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!」と
思った方は沢山いらっしゃるのでは
ないでしょうか?wwwww

最近目が覚めた人やら、日本国内のメディア報道を
額面通りに受け取ってる素直な人ほど、
こういう傾向が強いんです。



ちなみに↓から、今日のTPPに関する
安倍さんの会見は確認することができます。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0315kaiken.html

これだけ見ると、安倍さんは交渉参加に乗り気なようですが、
ここからが自分の盛大なネタバレが始まっていきますwww
色々あるんでどこから書こうか迷うわけですが、
一つ一つ解説しましょう。
まずは↓の動画をどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2cFsoY1tqEo

これはTPP条文の原文を数日かけて読んだ自分としては、
「この動画のアップ主は鋭いわー」と思ったんです。
自民党が掲げた条件を伝えて、一定の工業製品の
関税撤廃に関する例外をアメリカに認めさせているんです。

つまりこれがどういうことかというと、「農業から
産業、保健医療、果ては公共事業に至るまで
全て開放しないといけないTPP」の
前提が崩れることになりますw

もう既にTPPのルール作りに関する交渉は終了していますので、
これは参加国間にとって、ものすごい迷惑なことでして。
要するに、もう決まったものに日本が
口出ししているわけですwww

ちなみにTPP参加国である、ニュージーランドでは
TPPに詳しいオークランド大学のジェーン・ケルシー教授は、
「日本がTPPに参加することは危険だ」という警鐘を鳴らす
書簡を安倍さんに送っているんです。
↓からどうぞ。
http://www.scoop.co.nz/stories/PO1303/S00188/terms-of-japans-entry-to-tppa-talks-bad-news-for-nz.htm

それから今回の問題というのは
日本とニュージーランドのみならず、
アメリカをも揺るがしている状況です。
↓の記事を読んだ方ならピンとくると思いますが。

【アメリカ議会はTPP参加を認めていない】
http://ameblo.jp/free-and-obligation/entry-11076507075.html

アメリカ自体も日本と同様、
今は政府が勝手に動いている状況でして、議会の承認がないと
アメリカもTPPに参加できない状況です。


先月の安倍さんの訪米を受けて、民主党の下院議員である
サンダー・レビン議員が↓のように「日本がTPPに参加することは
アメリカのためにならない」というコラムを書いています。
http://democrats.waysandmeans.house.gov/press-release/levin-statement-joint-us-japan-tpp-statement

これを受けて、昨日(3月14日)の段階で、
レビン議員を中心とした49人の民主党議員が↓のように日本のTPP参加を懸念する書簡を黒ノム(オバマ)さんに送っているんです。
http://levin.house.gov/press-release/bicameral-group-members-raises-alarm-japan%E2%80%99s-possible-interest-joining-tpp
http://news.livedoor.com/article/detail/7501344/

こういう状況を踏まえると、安倍さんはこの辺りも計算に
入れて動いてる可能性も無きにしもあらずで。

で、ここで我々国民ができることというのは、
自民党内の240人に上るTPP反対の議員に
反対の意思を届けて、実際にTPPに参加することになったら
衆院もしくは参院で止めるように動いてもらうことです。

日本は議会制の民主主義の国家ですから、
議会の決議の際に止めることができるわけです。

日本に向けてミサイルを発射するどこかの国とは違いますw

ちなみに仮にTPPに入ったとしても、そこから抜ける方法も
あるにはあるんですが、現時点では
日本の議会で止める方法がベターかなと。
まだまだ騒ぐ段階ではないわけですw
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜〜ここまで


がんばろう 日本人

◆安倍首相FBより
本日21:00〜放送のNHK『ニュースウォッチ9』へ安倍総理生出演決定いたしました。
3月15日(金)21:00〜NHK『ニュースウォチ9』出演:大越健介キャスター、井上あさひキャスター他 皆様是非ご覧下さい。
そしてご感想ご意見をFBへコメントして頂ければ幸いです
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=326316447491805&set=a.132334373556681.21871.100003403570846&type=1&theater

◆自民党に意見がある方はこちらです。
https://ssl.jimin.jp/m/contact

この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。