国政にはこんな人もいれば、、、、、、、

国政には

こんな人たちもいれば

前原「鎌倉時代から人口が減ってデフレになった」
原口「グーグルアースで艦艇の位置がわかる」
辻元「鶏の糞でエネルギー問題は解決」
長妻「我々が政権を取ってればこんなことにならなかった」

参考ソース
http://bit.ly/TOAih0
http://t.co/xQ0pKnsC

こんな人たちもいる

北方領土返還要求全国大会 安倍総理「強い意志を持って交渉する」
http://www.facebook.com/home.php#!/jimin.official

13109_466638556723002_615125953_n.jpg


「北方領土の日」にあたる2月7日、「北方領土返還要求全国大会」が都内で開かれました。
大会には元島民や返還運動団体の関係者など約1500人が参加。

第1部では元島民の代表4人によるグループトークが行われ、参加者たちは「突然ソ連兵が土足で家に入ってきて怖かった」「日本人として生活するためには島を出るしかなかった。やむを得ない引き揚げだったことを理解して欲しい」「68年経っても故郷に帰れないという事実を知って...欲しい」などと訴えました。

続く第2部で挨拶に立った安倍総理は
「6年前にも(この大会で)問題解決に全力で取り組んでいくと述べたが、この決意にはいさかかの変わりはない。元島民の方々もご高齢になり早急に解決しなければならない」との認識を示した上で、
「政府として帰属の問題を解決して平和条約を締結するという基本方針に従い、引き続き強い意志を持って交渉を進めていく」と述べ、
交渉を進展させるためには「全国的な国民運動として一層強力に推進していくことが重要だ」と強調しました。

また、鈴木俊一外務副大臣や伊達忠一北方対策副大臣、北方領土返還・四島交流促進議員連盟の宮腰光寛事務局長、各界の代表者もそれぞれ早期返還に向けた決意を述べました。

最後に「平和と友好理にわが国に返還されることが『北方領土の日』制定の原点であることを改めて確認し、一致団結して返還要求運動に取り組んでいく」としたアピールを採択しました。



こんな人もいれば、、、、、、、、

かわいそうなことを…南京大虐殺記念館で鳩山氏
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130117-OYT1T01055.htm

南京大虐殺「おわびしたい」 鳩山元首相
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDE17001_X10C13A1000000/


こんな人もいる

鳩山元首相は「国賊」=小野寺防衛相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000197-jij-pol

小野寺五典防衛相は17日夜、BSフジの番組に出演し、「尖閣諸島を係争地と認めることが大事だ」との鳩山由紀夫元首相の中国での発言について「日本にとって大きなマイナスだ。言ってはいけないが『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」と述べ、強く非難した。

防衛相は「係争などなく(尖閣は)固有の領土なのに、中国側は、日本の元首相はこう思っていると世界に宣伝し、いかにも係争があるかのように国際世論がつくられてしまう」と懸念を示した。



麻生太郎元首相から聞いた話だが
http://ameblo.jp/smalldemo/entry-11376830000.html

かつて麻生太郎元首相から聞いた話だが、麻生氏が中国を訪問するときは、
必ず中華民国製地図をもって行ったらしい。で、尖閣諸島の領有問題の話題がでると、その地図を見せる。
「この地図、おたくの国で作ったものですね、と言えばそれで相手は黙り込む」と笑っていた。

民国地図では尖閣諸島は日本領と明記されている。中華民国は中国なのか、という意見はあるだろうが、
中国当局者が「中華民国は別の国ですから、関係ありません」と言えるわけもないので、黙るしかない。

つまり立場上、絶対に口に出さないが、中国政府の官僚政治家たちは、よっぽど無知でないかぎり尖閣諸島、中国的に言う釣魚島が日本の領土として保有されていたという認識はあり、中国側の主張に理論的裏付けが甘いことも承知の上だ。


麻生太郎、東大講演より
http://www24.atwiki.jp/free_nippon/pages/35.html

平成15年5月31日、東大での講演会で麻生太郎が語ったエピソードにこのようなものがある。

「中国や韓国と外交をするうえで、歴史問題をどうすればいいと思うか?」
という質問を受けた麻生氏は、
「歴史認識を一緒にしようといっても 、隣の国と一緒になるわけがない。
たとえば朝鮮人の創氏改名の話。
日本が満州国をやる前に創氏改名の話が出たことは一回もない。
しかし、当時、朝鮮の人たちが日本のパスポートをもらうと名前のところにキンとかアンとか書いてあり「朝鮮人だな」と言われた。
仕事がしにくかった。 だから名字をくれ、といったのがそもそもの始まりだ」 と答えた。

これを韓国で言ったところ灰皿が飛んできたという。
そのときに「若い者じゃ話にならない、年寄りを呼んでこい」と言ったら、
韓国のおじいさんが現れて、「あなたのおっしゃる通りです」と言ってくれた。

その後、講演会の続きで麻生氏が、
「ハングル文字は日本人が教えた。うちは平仮名を開発したが、
おたくらにそういう言葉はないのか、と言ってハングル文字が出てきた」
と言ったらもっとすごい騒ぎになった。
だが、 その時もそのおじいさんが、「よく勉強しておられる。あなたのおっしゃる通りです」

と言って、その場は収まった。

〜〜


国民が
何を支持しているか何を支持していないのかで
国政の体は変わるだろう

国政とは国民の意識をうつす鏡だから


国民が
何を支持しているのか何を支持していないのか
何に賛同し何に反対しているのかは

「A議員のB国での発言にA国では賞賛の声が挙がりました」
「A議員のB国での発言にA国では不信感が高まっています」
「A党の今回の対応に国民は賛同しています」
「A党の今回の対応に国内では反対の声が高まっています」

時にそっくりそのまま世界への意思表示となるだろう

国政とは国民の意識をうつす鏡だから


何を鏡にうつすかは
私たち次第



さて
参議院選挙が控えています。
ここでねじれるかどうかで
その後の展開が大きく変わると思います。

日の丸掲げたら右翼!!なんていう日本人がまだまだいるここ日本ではまだまだやりずらい事もたくさん。
いわゆる保守の方が望むどっかんとでっかい事が行われるのはこの選挙後になるかと思います。

何せねじれてしまえばできない可能性が高まりますから。

ねじれない為には
国民の支持が必要ですし
支持されるにはそれ相応の対応が必要でしょう。

国民の多くが望み 且つ わかりやすい 景気回復という課題を
自民党には着実にこなしていってほしいなあと日記主は思っています。


国会が始まっています。
現場で何が行われているのかを知り
時に応援
時に意見

よりマシになることを望み
国政に参加する国民が増えますように。

国政とは国民の意識をうつす鏡だから。




ではでは今日はこの辺で。
いつも読んでいただきありがとうございます。


この記事をFACEBOOKでシェアする


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。