日本人のみんなへ

37651279_1717510361_129large.jpg

日本人の底力を信じて疑わない麻生
日本が危ないからと頑張った中川
日本は美しい国だと言う安倍

お一人はもうこの世にいらっしゃいませんが、

日記主はこの方達の所属される自民党を応援します。
(自民党を応援する為にも、自民党所属の売国議員には反対です)


12月16日 投開票決定
16日解散、首相表明…来月4日公示・16日投票 (毎日新聞 - 11/14 19:20)
http://mixi.at/ahYsnJA

決定しました。

長かった。

そして、ここからが正念場だと日記主は思います。

次の選択ミスは命取り。

国益がそがれ続ければ苦しむのは私たち日本人です。

私には5歳になる娘がいます。
娘が未来の日本で死んだ目をして生きるのは嫌です。
もちろん、母である私自身も。


「娘へ」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
お母さんは貴方に一つ謝らなくてはならないことがあります。

それは貴方が生きるここ日本という船の船底に
穴を空けてしまう人達、

日本という船自体を
誰かに渡してしまおうとする人達を
お母さん達大人が、
政治、「日本という船の運転手」にしてしまいました。


なぜ?

きっと貴方は思うでしょう。
悲しいことに
テレビが『この人達がいいよ♪』と宣伝をして、
それを大人が信じてしまいました。
関係ないねと
運転係を誰にするかを真剣に考えない大人もいます。


貴方のその無邪気な微笑みを見て、
お母さんは申し訳ない思いで一杯になります。
本当にごめんなさい。

お母さんは、
貴方をこのまま壊れかけの船に乗せておくわけにはいきません。
このまま危険な航海をさせたくはありません。

今、
お母さんと同じように
壊れかけの船を修理しよう、
安全な航海をしようと立ち上がる大人が増えています。。


それはなぜか?

このままでは
貴方も私も日本人の皆も、
今までのように生活ができなくなってしまうからです。


お母さんは
貴方に
生きる知恵を与え
食事を作り
一緒に遊び
学校に通わせることができます。


でもそれも
日本という船が沈没してしまえば、できなくなってしまう。


お母さんには、
しなければならないことがあります。


貴方やお母さんと同じ日本人の中には
日本という船の船底に穴が開いていて修理が必要なこと
日本という船が危険な場所へ進んでいること
それを
日本という船の運転手が敢えてしていることを
まだ知らない人がいます。


幸いなことに、
運転手は安全運転をしてくれる運転手に交代することができます。

幸いなことに、
壊れかけた船も修理することができます。

その為には
貴方やお母さんと同じ日本人がそれを望まなければいけません。

その為には
知らない日本人にまず伝え、気づいてもらわなくてはいけません。

悲しいことに
それでも
耳を塞ぐ大人もいるでしょう。

でも今
真剣に耳を傾け、
これではいけないと、立ち上がる大人も増えています。

お母さんがそうであったように。

だから
お母さんや日本人の大人達は

貴方達子供の未来の為にも
日本人皆が未来で笑顔で生活する為にも

伝え、動きます。

だから、貴方はどうかその微笑みを絶やさないで頂戴ね。

最後に
これは学校では教わらないかもしれないので、
お母さんが貴方に伝えます。

貴方は
日本人です。

日本の国旗は日の丸
日本の国歌は君が代
です。

今ここにある日本は、
日本人である貴方の先輩達が命がけで守り、
2670年も続いている素晴らしい国です。

四季があり、美味しい水、美味しい作物が育つ素晴らしい国です。

貴方は日本人の女性です。

どうか誇りを持ち、
背筋を伸ばし、凛と前を向き育って下さい。

日本人女性には「力」ではない強さがあります。
これは、
「恫喝」「罵声」「大騒ぎ」とは全く異なります。

【佇まい(たたずまい)】
この言葉を貴方に教えます。

お母さんや大人達が日本を守ります。

貴方が安心して育てるように。
皆が安心して暮せるように。

そして、貴方も
大人になった時に、日本を守って下さいね。
一緒に守りましょう。

貴方の子供が、未来の日本で安心して生きれるように。 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


■お父さん、お母さんへ
子供の為なら何でもします!
それならば、
子供が生きるここ日本を守り保ってください。
今、何が起きているのかを知ってください。

日本が無くなれば、
子供の未来が危ないのです。
まずは知り、そして知らない人へ伝えてください。


■おじいちゃん、おばあちゃんへ

お孫さんの未来は、私たち大人の意識にかかっています。
日本が無くなれば、
お孫さんの未来が危ないのです。
まずは知り、そして知らない人へ伝えてください。


■選挙権を持つすべての大人たちへ

私たちの生活は「国有りき」です。
どうか一緒に
まずは知り、そして知らない人へ
伝えましょう。


そして、
「よりマシ=より国益となる仕事をしてくれる人」を選ぶ。

貴方と私ではその答えは違うかもしれない
されど
それぞれが
「よりマシ」な人を選んだとき、
今よりは「ずっとマシ」になると日記主は思っています。


「よりマシ」な人を選ぶ
その為には「中身」を知ることが必要です。

メディアは情報を歪めます。

①前衆議院選挙前は、こんなでした↓↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

②この人のこの実績を隠しました↓↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

そして、今も隠しています↓↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

だから、政党HPや国会、議事録、街頭演説
現場の生のアナウンス=中身を、自分から情報を取りにいくことで知りましょう。
知って、「よりマシ」な人をそれぞれが判断し選びましょう。


最後に、
以前いただいた未成年の女の子からのコメントをご紹介して日記を終わります。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

私にはまだ選挙権がなく、
選挙があっても
本当に国のために動いてらっしゃる方に
投票することができません。
時折思わず泣いてしまうほど
自分の無力さを痛快します。

家族や友達など、周りに
「実は…」と話をしても、
「ネットに毒されている」
と相手にしてもらえません。
とても悲しいです。
「もしかして右翼なの?」
と言われることもあります。
私はそんなつもりはないのですが…。
でも何も知らず
見て見ぬふりするくらいなら、
何扱いされてもいいかななんて
最近思っています。

次々と、着々と、
日本が日本でなくなる陰謀が進んでいく中、
もうどうしたら良いのか分かりません。
でもこうして、ここでも
こうやって奮闘なさっていらっしゃる方が
おられるのを見て、勝手にですが
少し勇気をもらった気がします。
無力ですが私にもできることを
これからも、し続けたいです。

もうここまで来てしまったものを
過去に戻って
やり直すことはできませんから、
今からでも、
諦めずに頑張りたいです。

周りの知り合い達の、
政治へのあまりの無関心さに
時々腹が立ったり
もどかしく思ったりもしますが、
やっぱり私はこの日本が大好きですから、
日本が日本であるために
力を尽くしたいです。
選挙には参加できなくても、
知らせて気付かせることなら
できると信じています。
なんだかんだ、私の周りに
日本嫌いはいませんから。
気付いて、それがどんどん広がって、
大きな動きとなって、
この国をどうにかできる日を
夢見ています。
知って気付いてからどうするかは
私がとやかく言うようなことではないので
それぞれに任せますが…、
できたら同じように、
日本を守るために
何かしてもらえたらいいな、
なんて思ってみたり。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

このような若者がいる事を嬉しく思うと同時に
このような若者が泣いている現状に、
大人として、
有権者の一人として、
非常に申し訳なく思っています。

今、私たちはこんな人間に
国の舵取りを任せています。↓↓
◆韓国との約束は守り日本人との約束は守らない民主党
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

>気付いて、
>それがどんどん広がって、
>大きな動きとなって、
>この国をどうにかできる日を
>夢見ています。

夢、かなえてあげたい。
そして、私自身の為にもこの夢をかなえたい。

私たち有権者の選択結果は、
自身のみならず、
参政権を持たぬ子供達にも影響します。


議員には私たち有権者に選ばれることではじめてなることができます。

選挙権は私たち日本人に与えられた権利です。
そして
権利には責任も伴います

自分で情報を取りにいき、
より国益となる仕事をしてくれる人をそれぞれが選ぶ
ことで、
日本の未来は、私たちの手でよりマシにすることが可能です。


日記主、
日本がよりマシになるよう頑張ろうと思います。

選挙まで、あと一ヶ月弱

認識している人は多ければ多いほうがいい。

仲間内で盛り上がっていても意味ないよ。
他人の場所で他人の邪魔をするぐらいなら、自分の信念を自分の場所で貫いて。

私や貴方の為
未来の私や貴方の為
そして
選挙権を持たぬ子供たちの為

伝えて伝えて
一人から二人へ
外へ外へ

ひとりじゃない みんないる



「私達の生活は 国 有りき」


私自身にも向けて。
共に伝えていけたら幸いです。
いつもありがとうございます。

同じ思いの方、宜しければぽちっとお願いします。↓↓


FACEBOOKでシェア

スポンサーサイト

トラックバック

日本人のみんなへ

日本人の底力を信じて疑わない麻生 日本が危ないからと頑張った中川 日本は美しい国だと言う安倍 お一人はもうこの世にいらっしゃいませんが、 日記主はこの方達の所属される自民党
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。