週刊ポストの次は新潮です。マスコミに注意!!!

ランキング参加しています。宜しければぽちっと。↓↓


またまたFACEBOOKにて
安倍さんからアナウンスがありました。
FACEBOOKを閲覧できない方もいらっしゃいますので、
この場にて、全文を転載させていただきます。

「安倍晋三 FACEBOOK」より転載
http://www.facebook.com/#!/abeshinzo

〜〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
カツカレーを食べた事への批難記事、
サンデー毎日の捏造記事、
週刊ポストの迷惑記事、
そして、今度は週刊新潮です・・・。

くたびれる話ですが、
私への誹謗中傷の話も尽きたのか(笑)
今度は昭恵に対する中傷記事になっています。

この記事が掲載される前に、
質問状が新潮社より送られてきたので、答えさせていただいているのですが、

全く我々の答えを記事に反映していないので、
今回は皆様に『どんな質問がきて、どのように答えたか』をフェイスブックで公表させていただきます。

以下Q:新潮社 A:安倍晋三...

Q1、自民党総裁のご夫人が飲食店を開業されるのは非常に珍しいことと存じますが、昭恵夫人が飲食店を開店されたことに対して、安倍様はどのように受け止めておりますでしょうか。安倍様のご見解をお聞かせください。

Q2、飲食店開店に際し、昭恵夫人から安倍様にご相談等はあったのでしょうか。また、安倍様は昭恵夫人の開店について、意見やアドバイス等をされることはあったのでしょうか。もしありましたら、どのようなものであったのか、ご教示いただければと存じます。

A1及びA2、

昭恵はかねてから地元・下関において、地元の有志、仲間達と米作りに取り組み「エコ100米」を2年連続収穫することができました。また多くの地元食材を広める上において、その食材を中心に使った飲食店を出すことを、同じ夢を持った友人達と計画し、この度、開店となりました。農業の未来を切り拓く為に農商工の連携が必要との昭恵の考えについては、私も同感です。


Q3、弊誌の取材によれば、昭恵夫人は「UZU」開店以来、店にも何度か足を運んでおりますが、お酒を口にされて店外で酔っている様子も見受けられます。
自民党は来る総選挙で比較第一党になると見られており、言うまでもなく安倍様は次期総理候補、昭恵夫人は次期ファーストレディー候補と目されております。総理夫人候補という、国家にとって非常に重要なお方が飲食店を経営し、時にはお酒に酔い、路上で酔態を見せることもある状況は、安全面等でいささか不安な点もあるかと存じますが、安倍様のご見解をお聞かせください。

A3、
本人は当然、お店では飲食はしていません。ただ、土曜日に山口県関係者だけが集まり、お店スタートのお祝いの会でお酒を飲んだということです。私と違い、家内はお酒を嗜み、時には酔うこともあるでしょう。そこを含めて愛するべきものと思っています。


Q4、上記のような情報を踏まえまして、お伺いいたします。昨今、昭恵夫人は反原発運動などに注力されており、安倍様の主張とは真逆の活動もされています。また、昭恵夫人が度々、安倍様の把握していないところで地方旅行等に出向かれているとも聞いております。一部では、安倍様と昭恵夫人の間に距離ができてしまい、家庭内にすきま風が吹いていると指摘する関係者もいます。そのような指摘について安倍様はどのように感じておりますでしょうか。

A4、夫婦間の意見の違いについてのご指摘ですが、どうぞご心配なく。


Q5、昭恵夫人は飲食店の開業の他に、水に話かけるなどの行動をされているとも聞いております。安倍様は官房副長官時代に、鏡を大事に携行していたと当時、官邸に勤務していた外務省関係者が証言していると、弊誌では把握しております。鏡を携行していたことと昭恵夫人の「スピリチュアル」な行動に関係があるのかどうか、ご見解をお聞かせください。

A5、
家内は犬に話しかけることはありますが、水に話しかけることはありません。私の鏡の件ですが、全く事実ではありません。旅行の際に髪を整えるために鏡を使うことがあっても、宗教的に鏡を使うことなどあり得ません。


・・・これを読んでわざわざ週刊新潮を買い求める人は少ないと思いますが、「何故わざわざ質問状を送ってきたのだろうか?」と考えてしまう程、掲載記事にはこのやり取りは反映されていません(笑)

週刊誌の記事とは報道ではなく、小説に近いものだということを改めて実感いたしました。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜〜ここまで 


全く事実とは異なることを
「安倍氏にわざわざ質問をし回答をもらっているにも関わらず」
記事にしているようです。



ついでに、
先日の週刊ポストについての安倍氏のアナウンスも紹介します。

〜〜ここから
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
今週の週刊ポスト誌に「『安倍晋三の黒い交際写真』の謀略」のタイトルの記事が掲載されています。

記事は私に「黒い交際がある」かのごとくの「謀略」があるとの内容ですが、
新聞広告では、タイトルは「黒い交際」が大きな字体で、「謀略」は小さな字体で申し訳程度。

パッと見ると、まるで私に黒い交際がある、との記事に思われます。
売らんかなの週刊誌の常套手段でしょうが、迷惑な話です(笑)

誤解をさける為、Facebookで真実を説明いたします。
...
本日発売の週刊ポスト誌に掲載されている写真に、私と一緒に写っていた方とは、
この写真の撮影時の一回しかお会いしておりません。

その際も複数の来訪者のお一人でおそらく挨拶ぐらいは交わしたという程度であり、
もちろんその後お会いしたり連絡を取ったりするなどのことは無く、
深い関係にあるなどという事では全くありません。

この写真が撮られた経緯は、
米国の大統領選挙の共和党の予備選の候補者であるハッカビー元知事から会いたいとの要請が地元後援者を通してあり、事務所でお目にかかった際、5〜6名の人達がハッカビー氏に同行していました。

当該人物はそのお一人だったと思います。
その際求められて写真撮影に応じたものです。

そんな経緯ですのでハッカビー氏の事はともかく
当該人物の事は記憶にすらありません。

ご存じの通り、政治家は各界各方面の様々な方にお会いして、お話をうかがい、
社会に横たわる様々な政治課題をとらえることが仕事の基本のひとつです。

今回の自民党総裁選の例を出すまでもなく、
私は全国各地での演説や、講演、パーティーに出席しております。
その際にお会いする方によっては、写真撮影をお願いされることも、しばしばあります。

また、移動中の駅のホームや飛行場で、みなさんに「安倍さん」と声をかけていただくこともあります。そして「一緒に写真を」と頼まれることも良くあるのです。

それは政治家にとって、とても光栄なことですし、
みなさんの「日本を頼んだよ!」というお声がどれだけ励みになるかわかりません。

私はそのような時にはできる限りご期待に沿えるように、と心がけて参りました。

ですから、
写真を撮るたびに、その方のお名前やご職業などをお一人お一人にうかがうわけにもいかない、という事情についてもご理解いただきたいと思っています。

自由民主党の政権奪還に向けて、
私はこれからも日本全国の各地を訪れて、国民の皆様にお会いしてお話をうかがい、
我々の主張にも耳を傾けていただきたいと考えています。

その時にもし、わたしと一緒に写真を撮りたいという方がいらっしゃいましたら、
今回の報道を気にされることなく、お声かけください。
可能な限りはお応えしたいと思っています。

これからも自由民主党をよろしくお願いします。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜〜ここまで 転載



さて、
週刊新潮やらポスト(及び テレビ&新聞)やらが
嘘記事まで書いて騒ぎ立てている安倍自民党総裁が
やろうとしている事&やった事は以下のとおりです。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
→→◆自民党総裁「靖国参拝」「河野談話を破棄」「在日韓国人は選挙権なし」「韓国人に配慮すべきではない」
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-5569.html

→→◆安倍「在日韓国人への参政権についても付与できない」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120926/amr12092621110004-n1.htm

→→◆安倍「TPP反対」「日韓FTA反対」「消費税は生活必需品にかけない」「原発ゼロにしない」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/18863705.html

→→◆安倍 「河野談話を廃止する」
http://japanese.joins.com/article/397/158397.html?servcode=A00§code=A10 

→→◆安倍「9条改正する」
http://japanese.joins.com/article/397/158397.html?servcode=A00§code=A10

→→◆安倍 「韓国人への配慮は誤り」
http://japanese.joins.com/article/397/158397.html?servcode=A00§code=A10


→→◆「テレビが教えない安倍氏の凄い中国外交」
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

→→◆「テレビが教えない安倍ビジョン(秋葉原街頭演説全文転載)」
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

→→◆「テレビが教えない安倍内閣の実績」

安倍晋三とはたった就任三ヶ月で
教育改革と防衛省昇格を成し遂げ
就任早々から各国との外交を精力的にこなし
経団連の圧力に負けずに
ホワイトカラーエグゼプションの対象者を
目標だった1000万以上の近くで踏みとどめ
それでいて企業側に非正社員の
社会保険と厚生年金の適用を認めさせ
児童福祉と子育て手当てと
フリーター自立支援を予算に設けつつ
国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、
北朝鮮制裁をガンガン強化し朝鮮総連をガさ入れ、
パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて
総連を逆切れさせ
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で
悪徳サラ金業者を締め
「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも
重要な選挙に連勝し
「女系天皇容認論」を白紙に戻し
日本海を平和の海に改名しようと提案した
ノムヒョン大統領のアホな要求を見事に拒否し
人権擁護法案を凍結し日本国民の言論の自由と表現を守って
国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に
全力をあげる政治家


→→◆安倍
「周辺国への過度な配慮は結局、真の友好にはつながらなかった 」 

「友好が手段、目的が国益、今、これが逆になってしまっている 」



24515671_1204071451_92large_20120713120549.jpg


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


メディアは積極的にイメージをつけます。
時に嘘をつき、悪いイメージをつけることもしばしばです。

悪いイメージをつけ、叩いた先に待っているものが、
私たち日本人にとって
幸せに満ち溢れている生活ならば、まだいい。

しかし、
現状、どうでしょうか?

約4年前、
漢字が読めない!!高級バーと
まるで駄目駄目議員であるかのようなイメージをつけられた麻生氏、
実はこんなすさまじい実績を残しています。
叩かれ続けている間にも、こんなにも働いていました。

テレビは絶対に教えない麻生内閣の一年
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.htm

それを知らせず、
イメージをつけ、そして叩いたメディアとそれに乗せられた有権者。

メディアが言うとおりに
政権交代!!!!

結果
前と後、どちらがマシだったでしょうか?



メディアは積極的にイメージをつけます。
しかし、
中身はなかなか伝えません。

選択の基準は、
イメージ ではなく
何をしてきたのか?何をしようとしているのか?
そしてそれは
国益に適うのかどうか 

要は
中身です。




知った上での判断は個人の自由です。

まずは中身を知って下さい

中身は、
テレビや新聞、雑誌に頼らずとも

政党や議員、国会 
要は 現場からのアナウンスを自ら情報として取り入れることで
知ることができます。


@メディアを全て&答えとしている方へ
そんなメディアの現状ってこうです。↓↓
◆メディアは平気で嘘をつく
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
◆マスメディアによるサブリミナル・捏造・偏向報道まとめ
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


中身を知った上で、
より「マシ」な人を
それぞれが選択しましょう。


それが、
よりよく国を続かせるための絶対条件だと思います。



まず知ってください。

関心を持ってください。

伝えてください。


メディアが教えてくれなくとも
関心を持つことで、知ることができます。

メディアが教えてくれなくとも
外へ外へ、伝えることで、
知っている人が、増えていきます。
  




私もがんばります。

同じ思いの方、宜しければぽちっとお願いします。↓↓


FACEBOOKでシェア

スポンサーサイト

トラックバック

まとめ【週刊ポストの次は新潮】

ランキング参加しています。宜しければぽちっと。↓↓またまたFACEBOOKにて 安倍さんからアナウンスがあり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。