「麻生太郎 総理としての最後の演説」  そして、出来るならもう一度。

先日こんな記事を目にしました。

消費税増税より赤字国債発行を!」麻生元総理の正論
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-4357.html

今、日本に必要なのは
国益になるよう対応可能なスキルを持つ日本人の政治家です。
麻生さんは、その中の一人だと日記主は思っています。

以下に麻生氏の総理大臣としての最後の演説をご紹介させていただきます。

「麻生太郎 総理としての最後の演説」
http://www.youtube.com/watch?v=dksv6UNhVJ8

http://www.youtube.com/watch?v=_zUINjdJJvM


動画書き起こし文
http://www.1096.jp/archives/2009/08/aso_last.html 
より以下抜粋

~~ここから

麻生太郎です。

ありがとうございます。

長かった選挙戦、厳しかった選挙戦もいよいよ明日投票日を迎えることになりました。
8月、夏休み最後の週末にこれだけ大勢の方々に池袋東口にお集まりをいただき、自由民主党の制作を聞いていただく機会を与えていただき、誠にありがたく、厚く御礼を申し上げます。
皆さん方のそういう(※聞き取れず)自由民主党の力になります。ご参集ありがとうございました。


昨年9月の24日第92代内閣総理大臣を拝命しました。
あのとき、ほとんどの方々「まずは選挙だ」「まずは解散だ」と言う声が圧倒的だったと記憶いたします。
しかし、あのとき、アメリカ発の世界同時不況が日本を襲い、
我々は戦後最悪と言われるような景気の降下、悪化を経験しました。

わたしは、あの段階で日本は今我々の生活をまずは優先すべき。
解散総選挙と言ったような政局よりは
皆さん方の暮らしを守るいわゆる経済対策、景気対策、雇用対策こそが優先されるべきだと確信します。

はなはだ異例ではありましたが、
半年あまりの間に予算編成を4回いたしております。

普通、予算編成は年に1度か2度です。
それを、半年あまりで4度の予算編成は、明らかに異常です。
しかし、経済状態が異常なんであればそれに対する答えも対応も異常であっておかしくない、私はそう確信をしていろいろな景気対策をやらさせていただきました。ご批判は確かにいろいろありました。

しかし、答えは、先週月曜日8月の17日の日に出たと思っております。

日本の経済成長率は実に15ヶ月ぶりにプラス3.7%、プラス3.7%の経済成長率を出しております。

ちなみにアメリカはマイナス、イギリスもマイナス、フランスドイツでプラスの1%ちょっとくらい、そういう中にあって、日本だけが経済成長率プラスの3.7%。我々の経済対策は間違っていなかった

さて、自公連立政権がこれだけ経済政策にこだわる、
それは皆さん方の雇用と暮らしを守るためには経済政策は絶対に大事だからであります。

しかし、残念ながら、
今、我々のやった経済対策は皆さん方に肌で景気ようなったと、
肌で実感していただいているかというのはまだ残念ながらそこまでは至っておりません。

経済対策はまだ道半ばであります。

実に自由民主党、公明党の連立政権に、力を与えていただき、
この景気対策を完全に仕上げてそういう力を我々に与えてください。
景気対策、麻生鱈追う完全にやり遂げて見せます。


我々が守らなければならないのは皆さんの暮らしです。
しかし、我々が同時に守らなければならないものがあります。

それはなんといっても日本を守らないかん。
日本を守らなければならないのです。


我々は北朝鮮という国を隣に抱えております。
未だに核実験を2回もやり、
日本に届く中距離弾道弾ミサイルをいっぱいもっている。
7月にも何回となく実験をし、我々の子供を拉致して返す気がない、こういう国が隣にあるのです。

これは明らかな脅威です。日本にとって明白な脅威です。

この脅威にいかに対抗するか、
我々は残念ながら日本だけで力不足な点は同盟国のアメリカと一緒になって6者協議をやり、
また、国連の安全保障理事会で全会一致で北朝鮮に対する経済制裁を決議したんです。

こういったことをきちんとやっております。
それにあわせて、
北朝鮮の貨物船やミサイルや、また(※聞き取れず)ようにするために、貨物船の検査をやり貨物の検査をやろう。

きちっと国連の決議に応じて我々はこれにきちっとした対応をする。
自民党・公明党一緒になってこの法案を衆議院では通りました。
衆議院で通ったんですよ。

ところがそれが参議院に行った。
参議院に行ったら民主党がなんだかんだ言って、結果的にこの法案は審議未了、廃案になったんです。あの法案は廃案になったんです。

誰が一番喜んだんです?
北朝鮮が一番喜んだんでしょうが。

忘れないでください。


小沢一郎さんという人は、国連中心主義だと言ってたんですよ。
国連中心主義、その国連が決めた経済制裁を、日本に来たら反対。

言ってることとやってることとが全く違うでしょうが。
我々はこういう小沢さんという一人の人、たった一人の人の意見に(※聞き取れず)意見が変わる。
こういった独裁的な政党に、日本の政権はゆだねられない!


日本を守るというもっとも大事な安全保障のような政策、
こういう政策ですら党内の世論を統一できない、
一緒にすることができない、
そんな政党に日本の安全保障を守れることはできない!



今、世の中、よく暗い話をする人が多い。
景気が悪いからある程度やむを得ないとは思います。

しかし、思い出してください。

今から64年前、昭和20年の8月の夏も暑い夏でした。
日本中焼け野原になったと言ってもおかしくないほどです。
私も、博多の地も丸焼けになって焼け出されました。
我々の世代なら誰でも記憶から抜けない思い出です。
そういう記憶がある。

しかし、
あのような厳しい状態の中にあった日本が今日、64年たった今、資源もないのに、世界で1・2を争うほどの巨大な経済力と言われるほどの経済大国にのし上がり、
夜一人で女性が街を歩いていても安心できる街にし、
そして、先進国の中で、平均寿命が世界で一番長い国になりました。


そういう安心で豊かな生活ができる国になった、

誰のおかげです?

間違いなく、我々の親父やお袋、皆様方のおじいさんやおばあさん、
決してあの悲惨な状態の中にあっても、
日本の未来をあきらめることなく、絶望することなく、
日本の明日を信じてみんなで力を合わせて頑張ったおかげでしょうが。

今日の日本は、その上に成り立っているのです。


翻って、今の日本を見てください。
厳しい状態ではありますが、あれほど将来が悲惨ですか?

あれほど我々は将来を暗いと思わなければならない状態ですか?

我々は今日、世界中が求めてやまない環境に対する技術世界一。
世界がほしがってる技術ですよ。

そして、いわゆる車をはじめとする省エネ技術、
この省エネ技術も群を抜いて世界一。

みんな将来の地球環境のため、ほしがってる技術を
日本はいずれももっているんですよ。


世界が求める技術、他にもいっぱいある。
しかし、我々は、そういう世界から期待される技術を持ち、
そして、間違いなく、
我々の先祖が受け継いできた将来に希望を持ち続けるそういうDNA、
底力を持ち、そして、それをあわせて経済を成長させていく、
経済の成長政策、これを(※聞き取れず)日本の未来が暗いわけないでしょうが。

自由民主党には間違いなく経済を成長させていくという政策があります。
民主党に経済の成長戦略は書いてありません。


我々、私はこの選挙が始まるときにこう申し上げました。
皆さん、この8月という月を、ぜひ日本を考える1ヶ月にしてください。そう申し上げました。

明日、いよいよ、投票日を迎えます。

ぜひ、皆さん方に聞いていただきたいのは、どの党が日本の未来を明るく豊かにするのか。
どの党が日本の安心をつくれるのか。
一番考えていただきたい政策の基本はこれです。

日本を守るのは自由民主党!!!(※聞き取れず)

皆さん方の国民の暮らしを豊かにするのも自由民主党です!
そして、日本の未来をさらに成長させてより発展させていくのは自公連立政権です。

麻生太郎その先頭に立って戦います。
日本の未来に麻生太郎責任を取ります。
よろしくお願いします。
ありがとうございました。

~~ここまで



しかし、政権交代
そして、こうなりました。
↓↓↓↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆4年間でマニフェストを実行する
→ 外国人参政権や夫婦別姓など、マニフェストに無い法案を全力で推進

◆子供手当てを出します
→ 満額支給断念 地方が負担(国籍不問=在日、出稼ぎ外国人が母国に残して来た子供にも支給、養子でもok)

◆埋.蔵.金を発掘します
→ 埋.蔵.金.はあり.ませんでした

◆公共事業9.1兆円のムダを削減 → 削減は0.6兆円だけ

◆天下りは許さない
→ 郵政三役を天下りさせた 政権発足から1年間で天下り4240人

◆企業・団体献金禁止
→ 3年間は容認

◆公務員の人件費2割削減     
→ 法案を再来年以降に先送り 天下り先も無くすと更に肥大化

◆増税はしません  
→ 扶養控除、配偶者控除の廃止、タバコ税と酒税を増税、相続税と内部留保課税、消費税、所得税の増税も検討、環境税導入も検討

◆暫定税率を廃止します
→ 維持しました(自動車取得税、自動車重量税、軽油取引税、揮発油税・地方道路税)

◆赤字国債を抑制します
→ 過去最大の赤字国債を発行(総額44兆円)

◆クリーンな政治をします
→ 鳩山小沢北教組の違法献金と脱税 現職議員逮捕、議員辞職も離党もせず

◆沖縄基地は最低でも県外に移設→ 県外移設断念

◆内需拡大して景気回復をします
→ デフレ進行、景気対策補正予算の執行停止 CO2 25%削減表明、鳩山不況に突入しました

◆高速道路は無料化します
→ 全線無料化は実現困難

◆ガソリン税廃止
→ そうでしたっけ?フフフ

◆消えた年金記録を徹底調査
→ 「年金記録を回復する必要性は薄れた」(長妻)

◆医療機関を充実します 
→ 日本の医師免許を持たない外国医師の診療を可能にする制度改正を検討

◆農家の戸別保障 
→ 政府米買入れ廃止で米価暴落、農家悲鳴

◆最低時給1000円
→ 実現時期「2020年までに」大幅先送り

◆消費税は4年間議論すらしない → 「消費税は22%にすべきだ」

◆年金を事務費に流用しない → 2010年度に2000億円流用
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
などなど




田母神氏更迭や靖国に参拝しなかったことを責める人もいますが、

■麻生内閣の実績はこちらです。
①メディアが教えてくれない麻生内閣の凄い実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
②メディアが教えてくれない麻生外交
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

■靖国についての麻生さんの見解はこちら(決して蔑んでいません)
「靖国に弥栄(いやさか)あれ」
http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060808.html

上記踏まえて
だからといって叩いて潰すような人ではないと思う日記主です。
(もちろん、有権者として、こうしてほしいという希望は届けるべきだと思いますが)



自民党が続いても大差なかったよ!という人も
いらっしゃると思いますが、

■麻生内閣の実績はこちらです。
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
■麻生ビジョンはこちらです。
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-180.html

だいぶ違ったと思う日記主です。




さて、
国政とは私たちの生命や財産、、、、、要は生活に直結します。

だから

「国政の舵取りには、
日本を愛し日本を守る気概のある日本人を。」


日記主はそう思います。

そのためには
有権者である私たちが国政に関心を持ち
偏向、捏造なんでもござれの
メディアの情報で右往左往するのではなく、
政党アナウンス(一次ソース)や議員さんの発言(一次ソース)に耳を傾け、知り、
その上で「よりマシ」な人を選挙にて選ぶ必要があります。


選挙後も
選んだ議員さんがどんな仕事をしているか関心を持ち
時に意見をし、時に激励をし、
「よりマシ」に動いてくれるよう国政に参加する必要があります。

*注釈*
「よりマシ」
日記主がこう書く訳

100㌫!!を求めれば誰もかれもが駄目かもしれませんね。
でも、100㌫自分と同じで
100㌫自分の望みどおり動いてくれる人に
私は生まれてから今まで出会ったことがありませんし
私自身、逆にそれを求められても不可能です。
議員とて同じでしょう。
だから「100㌫」ではなく
「よりマシ、よりマシな働きをしてくれるスキルがある」議員を選ぶ。
加えて「育てる」
日記主はこう思っています。




国政とは私たちの生命、財産、、要は生活に直結します。

日本という国土の上成り立つ
私達日本人の生活の未来は
私達日本人の意識次第でいかようにも。




おまけ

①麻生太郎の字
5edf80241f3b8fc84fa3ee90e20b9693513bae59_6_94797351_82_large.jpg



②日記主、この演説によく元気をもらいます。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
申し上げます。
日本は、強くあらねばなりません。

強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。
わたしは、悲観しません。
わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。
時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。
しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。そしてわたしは、決して逃げません。

麻生元総理 所信表明演説より抜粋
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

できることならもう一度
麻生氏の所信表明演説が聞きたいです。



よろしければ、応援ぽちをお願いします
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。