2009年 麻生太郎は言っていた

2009年10月の麻生太郎のスピーチ
http://t.co/4kmnJoTc  より転載
~ここから
『一度やって失敗したら、政権を変えてやり直せば良い と皆さん思うでしょう。
しかし、財源を使い果たして失敗した後に政権が変わっても、
財源を使い果たしてもう無いのですから元には戻せません。
無い袖は振れないのですから。

民主党の前身である細川政権のことを言う人がいるかもしれませんが、
細川政権は間違った改革、悪の改革をする前に、
政権が内部でまとまらずに勝手に自ら倒れました。

つまり、財源を使い果たす前だったのです。

だから、自民党政権に戻って まだなんとかすることが出来たのです。

しかし、今回もし政権が変わってしまえば、財源を使い果たしてしまいます。

民主党は細川政権で一度自ら勝手に政権が倒れているので、
今度は倒れる前に一気に悪の改革を進めてしまうでしょう。

ですから一度やって失敗したら政権を変えれば良いは、
もう通用しないのです。

これから先の事は考え過ぎかもしれませんが…。

国が疲弊すれば、当然、企業も疲弊します。
「いくらなんでも民主党はそんなことはしないだろ」と、
皆さん思うでしょう。

しかし、民主党にはある目的があるのかもしれません。

それは「中国韓国とのアジア共通通貨の実現と、アジア経済圏の実現です。

そのためには、日本国と企業には疲弊し弱ってもらわないと困るのかもしれません。

そのための手段が、「最低保障年金の全額消費税化」なのかもしれません。

日本国はこうして内部から腐っていくのでしょうか。

アジア経済圏になれば日本に工場を置いておく必要が無くなります。
中国や韓国に工場が作られ、当然、現地の人が採用されます。
そうなればその分、
日本の工場、つまり皆さんの子供や孫の雇用が失われるのです。』

~ここまで




上記のように
2009年の段階で
元総理大臣である麻生太郎氏は
私たち国民に警告をしていました。

しかし
政権交代

tumblr_lyyvzzj4tj1qfy8iwo1_400.jpg



正に今、日本の国力は売国政党により削がれている状態です。

日本の底力は凄まじく、
その削がれていても未だ沈んではいません。

しかし
続けば削がれつづけるのですから続かないでしょう。


次回選挙は
間違いを繰り返さないようにするのみです。

その為には
既に気づいている人が未だ気づいておられない人に向けて
情報を発信し、
「既に気づいている人」の数を増やす他ありません。

頑張りましょう。





最後になりますが、

「自民党にお灸をすえる!!!!!!!!!」と言って
民主党に票を投じた方へ


お灸をすえた相手は誰ですか?

麻生?

こんなに頑張っていたのに???

■テレビが絶対に教えない麻生内閣の実績
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
■テレビが叩きに叩いた二人の日本人の凄まじい活躍
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
■朝、起きたら、日本の大陸棚が拡がっていた
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-153.html


お灸をすえた相手は誰ですか?

結果、「自分」にすえてしまったのではないでしょうか?

■民主党に票を投じた人が知らぬまに同意してしまった事
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
■民主党のままなら続く事
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-64.html
■民主党が仕分けしたいもの
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
■自民党と民主党 震災対応比較
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
■守る気概がない人に任せると苦しむ必要がなかったことまで苦しむ羽目になる
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-106.html



そもそも

選挙とは

「誰かにお灸をすえる為」のものではなく、

いかに

「よりよく国を続かせるか」の選択の場です。


ですから

よりマシな人を

それぞれが選択しましょう。

それが

よりよく国を続かせるための絶対条件だと思います。

よろしければ、応援ぽちをお願いします
↓↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。