毅然とした態度が取ることができない日本が招くこと

■韓国大統領、日本に従軍慰安婦問題の解決促す
(読売新聞 - 12月17日 20:19)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1850944&media_id=20

我々はすでに日本を征服しているからだ。
やつらの金は我々が自由にできる。
私にまかせろ。日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された
私の兵隊だ。
李明博大統領 談



終結したことに対して議論を始めれば
再度、穿り返すことが可能となる。
ほじくり返して利益があるのは韓国。
ほじくり返して不利益なのは日本。

終結したことに対して議論をしようぜと議論を持ちかけることも
可能なほど、
現在の日本は「毅然とした態度」が取れない状態だということです。


まずはじめに

この問題は解決を促すも何も、
「解決済み」です。

補償問題は、
1965年の日韓国交正常化の際に日本政府から受け取った「対日請求権資金」ですべて終わっています。
韓国人個人に対する補償は、
韓国政府が一括して受け取り、韓国政府が個人に支払うことになっています。
■日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E...

加えて

以下は
2009年、麻生内閣時代の韓国の新聞記事です。
(記事内の民主党とは韓国の民主党です)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
民主党は1月10日の韓日首脳会談で、
「李明博大統領が今後、強制徴用と慰安婦問題に対して謝罪要求放棄を誓約した」というAPニュースを引用報道したヘラルドトリビューン紙の報道内容には理解出来ない親日(行為)とし、猛烈に非難した。

これに対してこの副報道担当者は、
「国民より友達を、国より敵国を愛しているのなら、もう大韓民国大統領ではない」と一撃を加えた後、
「李明博大統領は衛星発射体事業者選定と強制徴用及び慰安婦謝罪し、放棄経緯を解き明かして国民に謝罪せよ」と強力に促した。
(翻訳 2ch 戸締りφ氏)
http://www.newsway21.com/news/articleView.html?idxno=53029
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

>強制徴用と慰安婦問題に対して謝罪要求放棄
李明博大統領は2009年に麻生太郎元総理と、約束をしています。


しかし
李明博大統領が、
再度「解決しようぜ解決!!!!!」と詰め寄っているのが今です。

それは、なぜか?

■「解決済みのことを」
個人的な思惑や見解で「解決していない」事にしたり↓↓

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
仙谷官房長官、「韓国との戦後処理は不十分。日本は個人補償を行うべき」との考え示
仙谷由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について
質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、
日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。
http://hamusoku.com/archives/3364246.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


■「解決済みで請求権もないことに対して」
こういうことをするからです↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
一方、玄葉光一郎外相は14日の記者会見で、日本政府が一部の元慰安婦に生活支援事業を実施していることを踏まえ「引き続きフォローアップすることが大切だ」と述べた。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011121401001679.html \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


要するに
毅然とした態度を取らない政府だからです。
李明博大統領が、強気に出るきっかけを与え
実際に強気な態度を取ることが可能な政府だからです。



現在の日本は
韓国にとって、痛くも痒くもなく
韓国にとって、オイシイ存在で
韓国にとって、兵隊のような国と化しています。


痛くも痒くもなくてオイシイ存在で、兵隊のようである事例↓↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
野田総理が、震災復興対策が進まぬ中
野党の反対を押し切り国会を閉じ
韓国に渡り
行ったこと

韓国に朝鮮王室儀軌(日本が所有しているのは写本と古書店で購入したもの)を差し出し、
韓国側にある津島宗家文書などの文書については
「アクセスが良くなる事を希望」
(要するに「見せてもらえるようになるといいなぁ」程度)

ウォン安誘導で日本の企業からシェアを奪ってきた韓国に
何の要求もせずに(たとえば竹島問題)
5兆円のスワップを約束。

ちなみに
*韓国はウォン安誘導のやり過ぎで自爆しただけ
*アジア通貨危機のときの六千億円も日本へ返していない
*スワップ約束後、韓国は竹島に宿舎建設


日韓共同プロジェクトに合意
以下の内容が果たして「日本の国益となる」でしょうか?
↓↓↓↓↓
<プロジェクト内容>
・韓国と日本の教員を交流>>更なる自虐史観教育
・メディア交流促進、及び日韓マルチメディアの設立>更なる偏向報道
・日韓の人的自由化による韓国人の日本への大量入国
・日本の有する知的財産・産業や宇宙開発等技術・海洋等の
 資源・経済力・防衛力など ありとあらゆるものは韓国と共有、共同開発
・韓国が国難(金融・財政・経済・外交・国防等)に陥った場合、
日本が無条件で支援出来るための基金や機構を設立する
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/10/PDF/102201.pdf
外務省HP 参照

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


韓国にとって、痛くも痒くもない日本政府
韓国にとって、オイシイ存在の日本政府
韓国にとって、兵隊のような日本政府


李明博大統領はこんな事をいっています。↓↓↓
「私にまかせろ。日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された
私の兵隊だ」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

http://www.youtube.com/watch?v=XDBQTtO0gYk&feature=player_embedded

大統領選挙がちかい李明博大統領はテレビで
北朝鮮の生活レベルを年間3000ドに上げると公約しているが、
その金は日本と北朝鮮国交回復の経済援助金を当てると
約束しました。

北朝鮮の復興は心配ない。日本にやらせるのだ。
私が全てのカネを出させる。
我々はすでに日本を征服しているからだ。やつらの金は我々が自由にできる。
日本の連中は何も知らない!
フジテレビが証拠。日本人はよだれをたらして見ている。
私にまかせろ。日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された
私の兵隊だ。
(注:「よだれをたらして」というのは、もちろん「犬のように」という意味)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




現政権与党 民主党

民主党支持団体は日教組や民潭など、「韓国含む特亜の方々」
そして
政党理念「国家主権の移譲=他国へ国を譲ります」

民主党の心根は日本に有らず、
民主党の心根は韓国含む特亜に有り。


国家主権の移譲
国家主権の移譲 2





只今
「日本の国政前提 売国 = 他国の利益を考える政権下」

だから取れない「毅然とした態度」
日本政府が自国優先に毅然とした態度をとることができなければ
他国が強気な態度をとるきっかけを与え
他国に吸い上げられるばかりでしょう。

毅然とした態度を取ることで変わることもあるというのに。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
平成15年5月31日、東大での講演会で麻生太郎が語ったエピソードに
次のようなものがある。

「中国や韓国と外交をするうえで、歴史問題をどうすればいいと思うか?」
という質問を受けた麻生氏は、
「歴史認識を一緒にしようといっても、隣の国と一緒になるわけがない。」
と述べた。

そしてこう続けた。

例えば
朝鮮人の創氏改名の話。
日本が満州国をやる前に創氏改名の話が出たことは一回もない。
しかし、
当時、朝鮮の人たちが日本のパスポートをもらうと名前のところに
キンとかアンとか書いてあり「朝鮮人だな」と言われた。
仕事がしにくかった。
だから、名字をくれ、といったのがそもそもの始まりだ
と答えた。
これを韓国で言ったところ灰皿が飛んできた。
そのときに
「若い者じゃ話にならない、年寄りを呼んでこい」と言ったら、
韓国のおじいさんが現れて、
「あなたのおっしゃる通りです」と言ってくれた。


その後、講演会の続きで麻生氏が、
「ハングル文字は日本人が教えた。うちは平仮名を開発したが、
おたくらにそういう言葉はないのか、と言ってハングル文字が出てきた」
と言ったらもっとすごい騒ぎになった。
だが、
その時もそのおじいさんが、
「よく勉強しておられる。あなたのおっしゃる通りです」
と言って、その場は収まった。

http://www24.atwiki.jp/free_nippon/pages/35.html より
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
今はこれができない。



只今
「日本の国政前提 売国 = 他国の利益を考える政権下」
現在、それの真っ最中です。


只今
「日本の国政前提 売国 = 他国の利益を考える政権下」
そうしたのは、有権者である私たち日本人です。



国政とは
その国の民の心をうつす鏡


毅然とした態度を取ることができない日本
それは
毅然とした態度を取ることができない日本人が生み出したもの。




毅然とした態度

ジギャクシ観ではなく、
国家観が備わり
国無くしては生活は成り立たないのだという
当たり前のことを実感し
無関心を止めることでそれが可能となると思います。

そして
そんな日本人が増えた時、

国政の前提は(選挙を経て)正常に戻り
日本は毅然とした態度を取ることが可能な国となると
私は思います。


今、ちょうどその転換期ではないでしょうか?
3年前に比べ、沢山の日本人が日本を憂いて立ち上がっていますから。




<最後に>

①民主党がとんでもない法案を提出するそうです。
可決後は反対の声を挙げることも難しくなります。
だからどうか今動きましょう!↓↓↓
「人権侵害救済法案可決でフィクションからノンフィクションになるお話」
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

②従軍慰安婦像設置についての詳細及び声届け先
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-category-5.html



がんばろう 日本人
私もがんばります。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。