とてつもない日本


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

平成十七(二〇〇五)年の暮れ、
外務大臣としてインドを訪問する機会があった。
首都ニューデリーに滞在中、できたばかりの地下鉄を視察したのだが、
この時インドの方々からうかがった話が今でも忘れられない。

この地下鉄視察が日程に組み込まれたのは、
日本の政府開発援助(ODA)を使って建設されたものだからであった。

私たちが訪ねた駅には日本とインドの大きな国旗が掲げられており、日本の援助で作られたということが大きな字で書いてあった。

改札口にも大きな円グラフが表示され、「建設費の約七十パーセントが日本の援助である」と分かるように、青で色分けしてあった。その配慮に感激し、私は地下鉄公団の総裁に御礼の言葉を述べた。

すると、逆にこんなふうな話をしながら、改めて感謝されたのである。

――自分は技術屋のトップだが、最初の現場説明の際、
集合時間の八時少し前に行ったところ、
日本から派遣された技術者はすでに全員作業服を着て並んでいた。

我々インドの技術者は全員揃うのにそれから十分以上かかった。
日本の技術者は誰一人文句も言わず、きちんと立っていた。
自分が全員揃ったと報告すると、「八時集合ということは八時から作業ができるようにするのが当たり前だ」といわれた。

悔しいので翌日七時四十五分に行ったら、日本人はもう全員揃っていた。
以後このプロジェクトが終わるまで、
日本人が常に言っていたのが「納期」という言葉だった。

決められた工程通り終えられるよう、一日も遅れてはならないと徹底的に説明された。 
いつのまにか我々も「ノーキ」という言葉を使うようになった。

これだけ大きなプロジェクトが予定より二か月半も早く完成した。
もちろん、そんなことはインドで初めてのことだ。

翌日からは、今度は運行担当の人がやってきた。

彼らが手にしていたのはストップウォッチ。
これで地下鉄を時間通りに運行するよう言われた。
秒単位まで意識して運行するために、徹底して毎日訓練を受けた。

その結果、現在インドの公共交通機関の中で、地下鉄だけが数分の誤差で運行されている。インドでは数時間遅れも日常茶飯事であり、数分の誤差で正確に動いているのは唯一この地下鉄だけである。これは凄いことだ。

我々がこのプロジェクトを通じて日本から得たものは、
資金援助や技術援助だけではない。

むしろ最も影響を受けたのは、働くことについての価値観、労働の美徳だ。労働に関する自分たちの価値観が根底から覆された。

日本の文化そのものが最大のプレゼントだった。今インドではこの地下鉄を「ベスト・アンバサダー(最高の大使)」と呼んでいる――。

私はこの話にいたく感銘を受けた。
地下鉄建設に携わった日本人技術者たちの仕事ぶりそのものが、優れた外交官の役割を果たしたのである。

彼らはなにも、よそ行きのやり方をやって見せたわけではない。
いつものように、日本で普通に行なっているスタイルで仕事をしたに過ぎない。
しかしそれが、インドの人々には「価値観が覆るほどの衝撃」だったのだ。
日本ではよく「カローシ(過労死)」を例に挙げて、日本人は働き過ぎだ、日本人の働き方は間違っているという人がいる。
だがそれはあまりに自虐的で、自らを卑下し過ぎてはいないだろうか。

「ノーキ」を守る勤勉さは、私たちが思っている以上に、素晴らしい美徳なのである。


祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。
「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよくなる。日本はとてつもない国なのだ」――。
私はいま、その言葉を思い出している。



麻生太郎氏:とてつもない日本 より
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


インド。

インドは、一番に対立する相手として中国を想定しています。

■インドが核ミサイル配備、専門家「中国に照準あわせ開発」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0903&f=politics_0903_006.shtml
■インド、ミサイル迎撃実験成功
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100726/asi1007261918002-n1.htm



■親日国インド

インドのマパオという村では、日本兵を讃える歌が、戦後も長きに渡って歌い継がれてきました。
歌を作ったのは村の女性。
動画にも出演されています。
インド独立のため戦う日本兵士の勇敢さを讃え、歌にしたそうです。

四番の歌詞に、こうあります。
「広島に悲報 勇者の胸をつらぬき 涙して去れる
  日本の兵士よ なべて無事なる帰国を われ祈りてやまず」


インド国会では、
毎年会期中の場合、
8月6日に広島、長崎の原爆の
犠牲者に対して黙祷を行っているそうです。

また、昭和天皇崩御の際、インドは異例の3日間の 喪に服したそうです(日本は2日間)。

また、 大東亜戦争後の極東軍事裁判(東京裁判)において
インド代表判事パール判事は
イギリスやアメリカが無罪なら、日本も無罪であるとして、
日本無罪論を発表しました。
↓↓↓↓
詳しくはこちら
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

加えて
国会演説の際、インド初代首相ネルーは
「彼ら(日本)は謝罪が必要なことなど我々には何一つしていない。それ故に、インドは(サンフランシスコ)講和会議には参加しない。講和条約にも調印しない」と述べた。

1952年4月国交樹立、同年6月平和条約締結。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
今もインドで歌われている日本兵を讃える歌


「日本兵士を讃える歌」

祖父の時代より
今日の日まで
美しきマパオの村よ
いい知れぬ喜びと平和
永遠にわすれまじ

美しきマパオの丘に
日本兵来たり 戦えり
インパールの街目指して
願い果たせず
空しく去れり

日本兵
マパオの丘に来る
それは4日の火曜日
1944年のことなりき
我は忘れじ4月のあの日

罪無き民も散り散りに
西に東に追いやられ
再び神の恵み受け
集まり住まん
この地マパオに

広島の悲報
勇者の胸をつなぬき
涙して去れる
日本の兵士よ
なべて無事なる帰国を
われ祈りてやまず




\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


日本人はもっと日本人として誇りを持っていい。
私はそう思います。

誇りとは偉ぶることでもなく、おごり高ぶることでもありません。

日本人でよかった! そう思うことだと私は考えています。


そんな気持ちを持っていたら、
ここ日本を愛し、そして守ろうと、自然に思うのではないでしょうか?

「日本人として、生きる」

誇りがあるかないかで、
生き方そのものが変わってくるのではないかと私は思います。


現状、自虐史観ばかりを与え、
国旗・国歌は何か物々しいもののように
教わります。

その結果
外見は日本人。
しかし、中身は、、、、「私は日本人。だから何?」となってしまうのではないでしょうか?


自虐史観を与え、国家観を与えず、誇りを持たせない。
「これで得をしているのは 誰でしょうか? 」





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。