根本原因は置き去りに、足早に民主党が進めるこども園構想

よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓


2年前から、
こども園については
保育の現場、そして母ちゃん達が署名を呼びかけていました。
そのたびに多くの署名が集まりました。
デモも行われました。

それでも
本日閣議決定、
要するに国会に提出されることが決まってしまいました。


こども園について、
ママさん議員の国会での声をご紹介します。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
参議院本会議代表質問 
◆自民党・ありむら治子
(2011/1/28 保育制度関連を抜粋)
http://www.arimura.tv/
http://www.arimura.tv/pdf/20110128.pdf

昨年、政府は子ども・子育て新システムの方針を打ち出されました。
私自身、約1年前に2人目の子供を出産し、
保育園児を育てる母親の一人です。

私は、
福祉の理念をゆがめ、
保育を産業化することに反対をいたします。

行政の関与を緩め、
保護者から直接保育料を徴収することを保育園の責任にし、
その保育料の上限まで撤廃して青天井にすることなど、
誰も望んでいません。

弱きを助ける福祉の精神を曲げ、
市場原理に委ねれば、
経済的、社会的に安定した家庭だけが守られ、
一人親家庭、夜間勤務ばかりが続く親、
失業や虐待と向き合う親子など、
厳しい現実に直面する人々が制度からはじき飛ばされる懸念が
全く拭えません。

民主党は、
日本社会を階級化して分断し、
結果として格差の再生産を助長し、
子供の安全、
保護者の安心、
地域で助け合う精神を台なしにする、
その引き金を引くのですか。

厚生労働大臣の御所見を伺います。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


幼保一体化については
自民党時代から話が挙がっていました。


幼稚園→入学児童減少
保育園→待機児童増加

これが一気に解決できるのがこども園構想です。
しかし、
上記をふまえた上でも、


私は現状のこども園構想に反対しています。

なぜなら、民主党が打ち出している
こども園構想には問題が多々あり
そしてそれらの問題があるというのに
現場を置き去りに
足早に話が進んでいるからです。


その問題を解決させないまま、
闇雲に突っ走るということは、
問題は解決されないまま、
デメリット部分が直でこどもに影響するからです。




◆幼保一体化とは

少子化の進行、育児サービスの多様化に伴って生じている
幼稚園と保育所の抱える問題点を解決するべく、
幼稚園と保育所の一元化(一緒にする)を図ろうとする政策である

幼保一体化ですが
幼稚園、保育園従事者の方々からの反対の意見が多いのが現状です。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
幼保一体化に相次ぐ反発 利用者歓迎も課題山積
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110118/edc11011808240001-n1.htm
より抜粋

■幼稚園側の声
全日本私立幼稚園連合会の北條泰雅副会長は
「一体化で教育の質が保てるか疑問だ」と語る。
幼稚園と保育所では施設の設置基準が違う。
例えば運動場。幼稚園は設置が必須だが、保育所は近くの公園で代替も可能。
「一体化で基準が緩和されれば、運動場がない施設が増え、貴重な体験をする機会が失われる」


■保育園側の声
「保育園を考える親の会」の普(ふ)光(こう)院(いん)亜紀代表は
「所得の少ない人が入園できなくなるような制度にはしないで」
と注文をつける。
幼稚園は利用料を自由に設定できるからだ

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


①幼稚園と保育園の違い

幼稚園⇒教育(文部科学省)
保育園⇒福祉(厚生労働省)

管轄が違います。


幼稚園は教育、保育園は福祉
これを一緒にするのが一元化です。
管轄はどうするのか?
問題が生じます。

民主党は
幼保一体化の目的として
幼保一体化は文科、厚労両省による「二重行政」の解消を挙げていました。
しかし
幼児教育と保育を一体的に提供する「こども園」の所管省庁について、
幼保を完全に一体化した「総合施設」は内閣府の所管とし、
「幼稚園型」と「保育所型」の施設は
引き続き文部科学省、厚生労働省がそれぞれ受け持つ案を示しており、
二重行政の解消どころか
こども園を推進することで 当面は「三重行政」となる事態となっています。

http://logsoku.com/thread/ikura.2ch.net/news/1323228223/

>>現場の不安の声に対応することなく、現在足早に話が進んでいるのが現状です。

>>当初の目的と正反対の結果を生んでいるのに、それでも推進しているのが民主党です。




②教育の問題

幼稚園は、一日四時間、三歳児以上を教える「学校教育法」にもとづく「教育施設」

保育所は親の就労などで
保育に欠けるゼロ歳から就学前までの子どもを受け入れる、「児童福祉法にもとづく児童福祉施設」です。


これを一緒にする ということはどういうことか?


どちらにあわせるか
教育>保育
保育>教育
により、大きな違いが生じます。

だから、
「教育の質が保てるか」
これが大きな問題となるのです。

教育も、保育もまかなうには、
従事者の資格の問題、
経験の問題、施設の問題など、
色々な課題を克服する必要があります。


幼稚園の先生と、保育士さんとでは、資格も違います。

現在、大学・短大・専修学校等の養成課程では認定こども園制度の発足に伴い、幼稚園教諭・保育士を両方取得できるようにカリキュラムを改定しているそうですが、現在従事されている方はそれに適応していない方も多数おられます。

準備もお金も時間も必要です。

しかし、ニュース記事にあるように、
政府は、「2015年度からの実施を目指している」のです。


果たして教育の質を落とすことなく保てるのか?
向上させることは可能なのか?
現場から不安の声があがっているのが現状です。


>>現場が不安だといっているのに、じっくりと話あうこともせず
ぐいぐいと推し進めているのが民主党です。





③こども園は機能するか?

◆待機児童の年齢区分別
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001419l-img/2r98520000014327.pdf
fgdgdfgdfgdg.jpg
厚生労働省HPより

待機児童の8割以上を占めるのは3歳未満児ですが、
一体化する「総合こども園」には
3歳未満児の受け入れを義務付けません。

>>待機児童の多くを占める3歳未満児に全く対応ができていない問題に対応することなく推進しているのが民主党です。



④料金、申し込みの問題

子育て環境へのサービスをどの程度提供するのか 、
政府はこれを
それぞれの市町村へ丸投げする方針です。

そのため市町村の財政状況によって実施されるorされない
といったサービスの格差が生まれかねません。


こども園システム導入後、
大きく変わる内容について以下 を転載いたします。
参考)
http://www.kochijichiroren.org/siryo/giinnominasanhe.htmlより 以下転載

転載開始〜
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■保育所は保護者が探す。もし、保育所が決まらなければ自己責任
(待機児童がどれだけいようが国に責任なし)


■保育所は子供を選ぶことができる
  
これにより、
保育料金をきちんと払える親、
障害などがなく、
手のかからない子を優先的にいれるなど、
公平性 を欠く恐れが生じます。
(今までは、「福祉」の立場に基づき、これらの問題点はフォローされていましたが、民間に丸投げとなるため、それは不可能となります)


■長時間預ければそのぶん保育料金もかかる

よって、
長時間労働の必要性がある家庭、
所得が低い家庭、
長く預ければ預けるほど、
また、保育内容によって、保育料金が負担になる

(今までは、所得や年齢に基づき保育料金が設定されていましたが、民間丸投げとなるため、料金設定は、こども園独自のものとなります。
要は今までの「福祉」の立場ではなく、
「サービス業」の立場での料金設定を考えていただければわかりやすいと思います。)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
〜転載 終わり


このように、
沢山の問題が生じます。


この問題を解決しないまま
こども園スタートとなれば
この沢山の問題はそのまま
子供達、
そして
親に
降りかかることになります。



私が一番問題視しているのは
果たして、
これが、
「子供の為」といえるのかです。


民間に丸投げをした場合、
「教育」でも「福祉」でもなく、
「サービス」の側面が際立てば、

可能性として、
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
①親個人の身勝手なニーズ
(言いたくはありませんが「楽をしたい」など)にあわせることも可能になります。

②所得に応じて、受けられる「サービス」が変われば
それは子供に大きく影響します。

③所得が低い家庭の子供は受けたい教育や保育を受けられない可能性も出てきます。
>所得格差が子供に大きく影響することになります。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


現状、
これを防ぐ意味でも「教育」「福祉」の立場から国が関与していた。

しかし、
今後はそれが民間に丸投げとなるのです。


加えて、
今回のニュースでわかるように
こども園には、
株式会社と「NPO」法人の参入が可能です。
特定の「思想」の下、子供達に接することも可能です。
「お金儲け」の視点から、子供達に接する施設も発生するでしょう。




小学校入学前の期間とは、
生きるうえでの基盤を作る大切な期間だと思います。


その期間、
子供に与えられるのが
「サービス」としての教育、保育であっていいのか?
私には疑問です。


児童数が減っている幼稚園についても
足りない保育園についても
財政措置で対策を講じてほしいと考えています。

なぜなら
「教育の場所」
「保育の場所」
それぞれ大切であるからです。




そして、
根本的な問題である
「待機児童が増え続ける原因」
を忘れてはならないと思います。


少子化にもかかわらず待機児童はなぜ増え続けているのか?
はたまた
なぜ少子化なのか?

ffffff.jpg



その根本的な原因は
「不景気」です。↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
保育所の定員も増え続けているが、
不況の影響で女性の就職希望も増え
http://nureinu.net/archives/909070.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


その原因を解決しないことには
待機児童は増えます。
少子化も止まりません。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
根本原因である
「不景気」を解決する事をせずに

逆に不景気をより深刻なものにする
デフレ化での消費税という禁じ手を用いて得たお金を

「不景気が解決しないから増え続ける待機児童の為に使う」
と言っているのが民主党です。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




以下、参考までに


◆自民党馳議員と民主党小宮山議員の対談より、
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-663.html

自民党馳議員の発言を抜粋
「ちょちょ、チョット待ってよ。相変わらず強引なんだから。
子育てにもっと予算をかけようとか、
親の働き方によって子どもの居場所や幼児教育に差があるのはおかしいという部分は同じかもしれません。
でもそれは、
幼児教育の無償化政策を提唱してますし、
平成十九年から認定子ども園制度をスタートしていますし、
幼稚園での預かり保育などの子育て支援事業を拡充して
子育てが孤育てにならないように多様な選択肢を増やしています。

それが自公政権の流れです」
http://www.apa.co.jp/appletown/
『Apple Town』二月号



http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-663.html 
より以下転載

転載開始〜
「幼保一体化」政策は、
元々自民党政権の政権の時に「幼保一元化」という名目で進められていたものですが、
民主党政権になって、自民党時代と同じ名目では嫌だというので、「幼保一体化」に変えられました。

そして、
名目だけでなくその理念も大きく変わることとなりました。

馳氏が「子どもを育てる一義的責任は親にある」と言われているように、
これが自民党の理念でした。
この理念は真っ当なものだと思います。

しかし、
民主党は小宮山氏の言う「子どもは社会全体で育てる」というのが理念になっています。
鳩山前首相も子ども手当て導入の際にこの言葉を繰り返していました。

この民主党政権の言う
「子どもを社会全体で育てる」という理念は、
一見良いことのように思えますが、
その真意は、マルクス主義の「コミューン型共同体の子育て」のことを言っており、
家族や夫婦というものを全面否定するイデオロギーに立脚したものです。

ですから、拙ブログで何度も取り上げてきた夫婦別姓のような家族を解体する政策も同時に進めているのです。まさに極左政権である証左がここに表れています。

※「コミューン型共同体の子育て」とは
「共同体」「コミューン」「コミュニティー」は、マルクスらが使用する危険な共産主義用語であることが多い。ルソーも契約社会のことを「共同体」と呼んでいる。
決して「国家」と言わない。
例えば、「コミューン型共同体での子育て」とは、上記で示した通り「すべての児童を、彼らが、母親の最初の世話からはなれうるようになった瞬間から、親元から引き離し、共産主義者の指導する共同体(施設)で洗脳教育すること」を意味する。
【引用元】
http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2010-02-04
〜転載終わり



◆自民党HPより
民主党「総合こども園」では待機児童の解消にはならない
http://www.jimin.jp/activity/news/115349.html

最大のテーマとなったのは民主党政権が目指す幼保一体化施設「総合こども園」制度。
0〜2歳児だけを預かる保育所を除き、すべての保育所は総合こども園に移行し、企業も参入できます。
議論を通じて同制度の問題点が明らかになりました。

永野氏は、「待機児童の8割以上が3歳未満」という事実をあげ、
3歳未満を預かる保育所には移行を義務付けていない同制度では
待機児童の解消にはつながらないと指摘しました。


入谷氏も「幼稚園の預かり保育などを活用すれば、より効果的に(待機児童の解消が)できる」と述べました。
また、野田衆院議員は企業参入を可能にしたことに懸念を示しました。

一方、
今後のわが党の政策について、
中曽根参院会長は、保育料・幼稚園費の無料化の着実な推進の重要性を指摘。
猪口参院議員は育児休業取得と職場復帰の円滑化を訴えました。




こども園について
賛成か反対かは
人それぞれだと思います。

反対の方へ

どうか現場にその声を届けましょう。
届けないと、伝わらないから。

大変だ!と
大変だと思っている人通しで言い合っていても
何も変わりません。

「結果が全て」

私のような文章での周知もいい、
ポスティングでもいい、
議員への抗議でもいい、
陳情でもいい、

それぞれ「動く」事が今本当に本当に大切だと私は思っています。

↓↓↓↓

◆厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/ 〒100-8916
東京都千代田区霞が関1−2−2
中央合同庁舎第5号館
電話 03−5253−1111

◆文部科学省
http://www.mext.go.jp/
〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
電話:03-5253-4111(代表) 050-3772-4111 (IP 電話代表)


◆各政党
①民主党
https://form.dpj.or.jp/contact/
http://www.dpj.or.jp/header/form/
Te:0 3 -3 5 9 5 -9 9 8 8
Fa:0 3 -3 5 9 5 -9 9 6 1 ( Fa:0 3 -3 5 9 5 -9 9 9 1 ?)

②民主党青年局
http://www.dpj-youth.net/ ma: youth@dpj.or.jp
Te:0 3 -3 5 9 5 -9 9 8 8 Fa:0 3 -3 5 9 5 -9 9 2 1

③自民党
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl
Te:0 3 -3 5 8 1 -6 2 1 1
Fa:0 3 -5 5 1 1 -8 8 5 5

④国民新党
http://www.kokumin.or.jp/opinion/ info@kokumin.or.jp
Te:0 3 -3 2 3 9 -4 5 4 5
Fa:0 3 -5 2 7 5 -2 6 7 5

⑤共産党
http://www.jcp.or.jp/service/mail.html
ma: i n f o @ j c p . o r . j p
Te:0 3 -3 4 0 3 -6 1 1 1
Fa:0 3 -5 4 7 4 -8 3 5 8

⑥社民党
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
ma: mail@sdp.or.jp
Te:0 3 -3 5 8 0 -1 1 7 1
Fa:0 3 -3 5 0 6 -9 0 8 0

⑦公明党
https://www.komei.or.jp/contact/
ma: info@komei.or.jp
Te:0 3 -3 3 5 3 -0 1 1 1
Fa:0 3 -3 3 5 3 -9 7 4 6

⑧みんなの党
https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi info@your-party.jp
Te:0 3 - 5 2 1 6 - 3 7 1 0
Fa:0 3 - 5 2 1 6 - 3 7 1 1

⑨たちあがれ日本
https://www.tachiagare.jp/contact.php
Te:0 3 -3 5 8 2 -8 1 1 1
Fa:0 3 -3 5 8 2 -8 1 1 2
平沼赳夫 info@hiranuma.org
Te:0 3 -3 5 0 8 -7 3 1 0
Fa:0 3 -3 5 0 2 -5 0 8 4


同じ思いの方
よろしければ応援ぽちをお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。