アカとは何か? アカに染まれば自分の住処を壊すようになる。

<アカ>って何?


民主党はアカイ
時々そんな言葉を目にします。

そもそもアカとは何なのか?

「アカイ」
これはロシアの赤の広場、中国国旗の赤から来ています。
要は共産主義国家、共産思想を表しています。


ではなぜ、アカイ思想、共産思想を持つと「売国」になってしまうのでしょうか?

コミンテルン 世界中を「共産主義国にしてしまおう」と行動に出たソ連の革命政権。
そのための組織として作られたのが、コミンテルン(第三インターナショナル)です。
革命政権は一国だけでは世界中から包囲されて生き延びることはできない、と重大な危機感を抱いていました。
そこでコミンテルンを作り、世界各国で知識人や労働者を組織して共産主義の革命団体を世界中に作り出し、すべてをモスクワからの指令によって動かし、各国の内部を混乱させ共産革命を引き起こそうとしました。

コミンテルンの目的>世界中を共産主義体制にすること

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
この時点でお分かりだと思いますが、
共産思想が上記目的の上で成り立っている段階で
「国益」とはならず、
共産思想が定着することで得をするのは
「権力を求める者」「利益を集中させたい者」です。

国益とはならず、他国に支配される。一定の人に利益が集中する
>>>現在の民主党の国政内容を踏まえ考えてみてください。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

日本ではコミンテルン日本支部として大正11年(1922)に日本共産党が作られました。


日本に革命を起こし、共産化し、そして支配する。
共産主義国家が支配する(アジアで言えば日本と中国の関係)
その為の方法としてコミンテルン本部が日本支部へ送った「3つのテーゼ」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
(22年テーゼ)
天皇制の廃止
貴族院の廃止
現在の軍隊、警察、憲兵、秘密警察の廃止
労働者の武装
朝鮮、支那、台湾、樺太からの軍隊の撤退
天皇および大地主の土地の没収とその国有化

(27年テーゼ)
「天皇は大土地所有者であるだけでなく、多くの株式会社および企業連合の極めて富裕な株主である。最後、天皇はまた、資本金一億円の彼自身の銀行を持っている」
「天皇制の廃止」
「天皇、地主、政府および寺社の領地の没収」

(32年テーゼ)
日本は強盗的帝国主義であり、現に帝国主義的強盗戦争を行っている。
日本独占資本主義は絶対主義的な軍事的・封建的帝国主義であり、軍事的冒険主義である。
日本国内には封建制の強大な遺物、農民に対する半封建的搾取方法が認められる。
日本はフランスとともにソビエトに対する出征の発頭人としての役割を引き受け、反ソ計画を持っている。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

これが、日本の共産思想の素。

テーゼの中を見てみると
「天皇制廃止」「日本は悪い国」「金持ち=悪。いけない。皆平等」
など、今もよく見る内容だと思います。


「天皇制廃止」「日本は悪い国」「皆平等」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
支配したい者にとって、国という枠は邪魔です。
①国があれば、国益を考え動きますから、自分達に利益が集中しない。
②国があれば、それぞれ国体がありそれに基づきまとまりますから、自分達に権力が集中しない。


だから、
「国」の基盤を壊そうとしますし
「国」を愛させないですし、
「自分達以外」に利益がいくことを嫌います(だから平等を謳う)


支配したい者にとって、国防は邪魔です。 だから
「武器はいけない。平和平和平和万歳」
「殺されても殺さない覚悟」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


彼らは綺麗な言葉をうまく使い、
いつの間にやら自分達の考えを浸透させます。


①地球市民、
②ワンネス、
③国境なんていらないよね(ソフトバンクのCMにも使われていましたよね)
④殺されても殺さない覚悟(殺されるのみ ですよね)



彼らは教育においても巧みに自分達の考えを浸透させます。


①競争は駄目(競争をしなくなると発展しません。競争意識が無くなれば、上に上にと登ろうとしなくなりますよね=自分達の支配を脅かさない)
②平等!自由!(共産思想においてこれは「画一化」を意味します。皆同じ。のっぺらぼう。)




上記全て、
「国益の為」ではなく
己たちの欲=権力、利益の集中の為の「手段」です。

「支配の手段」として作られた思想は「害」でしかない。
その思想に染まったところで、
私たちは「支配される側」「文句を言わない都合のいい人間」

大笑いするのは、限られた支配する側のみ。
その下でどれだけ平等であっても、
それは支配する側にとっては「家畜」と一緒。
搾取されるだけ。
搾取しやすい為の平等です。


共産思想の方々は時に「お花畑」と呼ばれます。
私は「ドエム」だと思っています。

自分達の船を
「この船が悪いこの船が悪い」と叩きこわし、
自分達の船を守ろうとせず
自分達の船を弱らせ、他国に支配させようとしているのですから。



最後に
共産思想の方々の中には2種類いると考えています。
①思想そのものに染まってしまった人(綺麗事に騙され、万歳!!!)
②思想の目的を知っていて敢えて染まっている人



国政において共産思想をお持ちの方々は、②に相当すると思っています。



私たちはどうすればいいか?

そんな思想に染まらなければいいと思います。
そんな思想の方々に国政を任せなければいいと思います。





【共産思想まとめ】 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
思想の目的=支配、利益の集中、権力の集中
*綺麗な言葉にご用心。
*染まったところで、「上のほうの人」に都合がいいだけ

そして、仕組みを理解し利用するのだとすれば、
共産思想=日本を無力化する方法

私たちはその逆をすればいいのだと思います。
 
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




追記①
以下、コミンテルンが君主制の長所として掲げている7項目です。

■(君主制)の長所(有効性)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
(1)君主は国家を象徴的に具現し国民統合を容易にする

(2)君主制は政治家の権力欲を制御する

(3)君主制は外交の連続性を保つ

(4)君主は重要な政治的調整力の役割を果たす

(5)君主制は義務をわきまえた官僚の効率よい行政の優れた基盤となる

(6)君主制下の軍隊は将校団を中心とし自然な団結と忠誠心を保持しやすい

(7)君主は長い歴史と文化的伝統に支えられて国民の情緒と道徳と文化の支柱となる
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

彼らのほうが、私たち日本人より知り尽くしていますね。
知り尽くしているからこそ、壊したいのでしょう。
彼らにとっては有効な行為です。

私たちはどうすればよいか?
守るのみです。



追記②
下記、アメリカを共産化するための45の目標です。
日本と重ね合わせてみました。
()内がそれにあたります。
そっくりです。

アメリカの共産化のための共産主義者らの「45の目標」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
アルバート・シドニー・ホロン・ジュニア米上院議員は、1963年01月10日、いわゆるリベラル(liberal)に偽装した共産主義者たちに、
「アメリカの共産化のための45の目標」があることを警告した。

民主党出身であるにもかかわらず、民主党内に共産主義者たちが最も多く浸透したと主張したホロン議員は、政治、経済、社会、文化など、ほぼ全領域に亘る共産主義者らの浸透で、アメリカ社会が病気に罹りつつあることを指摘した。\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

1.有事の際、アメリカの唯一の代案は核戦争しかないという主張を拡散させる

2.核戦争をするよりは、敵と妥協・降伏するのがましだという主張を拡散させる。
(※昔からサヨクが唱えている主張。「反核」「無防備都市宣言」運動)
3.アメリカの「完全な武装解除」が道徳的だという運動を拡散させる。
(※「9条」運動、「無防備都市宣言」運動)
4.共産圏国家とも自由貿易をせねばならないという論理を拡散させる。もちろん、戦争に使われる可能性のある貿易品目に対しても同じ論理を適用する。
(※中国は重要な貿易相手という主張。)

5.ロシアやソ連の衛星国家らに対する長期借款を提供するようにする。(※対中ODA)

6.共産圏の国々を含むほぼ全ての国家に対するアメリカの援助を増大させる。
(※我が国ではとっくに。ODAで日本を疲弊させろ!。外国の子供にも子ども手当!)

7.(共産)中国の存在を認め、中国共産党政権のUN加入を許容する。
(※台湾を認めないという政策)

8.東ドイツと西ドイツを分断状態で置く。
(※南北朝鮮は分断のままでいいんだよ!ってこと)
9.核実験に反対する国際会議を延長させる。
理由は、アメリカがこれに同調して協商する間、核実験を中断させることができるからだ。
(※北朝鮮への無意味な交渉の間、北朝鮮は核実験の時間をかせいだ)

10.ソ連の衛星国家を全部UNに加入させる。
(※これは今はパターンがちがってて、中国の周りや取引先はどんどん親中派にって事)

11.UNを全人類の唯一の希望のように宣伝する。
UN憲章を新しく作り直す場合、独立した軍事力を確保した「一つの単一政府」(世界政府)が必要だと強調せねばならない。
(※「国連中心主義」という妄想のこと)
12.共産党の活動を禁止するあらゆる活動に反対する行動を行う。
(※「思想・信条」で差別するなという人権運動の事)
13.国(アメリカ)に対する忠誠誓約を廃止させるようにする。
(※我が国ではとっくに廃止されている)
14.アメリカ特許庁へロシアの接近を可能にさせる。
(※我が国ではとっくに廃止されている)
15.アメリカ内の一つ、あるいは二つの政党を共産主義者たちの指揮下に置く。
(※社民党・民主党・公明党・・・・、)
16.アメリカの司法体系を弱化させるため判決過程で市民的権利を強調することで戦術的判断を下すようにする。
(※「裁判員制度」「人権弁護士」「検察審査会」)
17.教育界を掌握して社会主義拡散のベルトを形成し、共産主義のプロパガンダを実施する。教育過程を単純化させ、教師たちに対するコントロールを強化し、社会主義-共産主義思想を教科書に注入させる。
(※我が国ではとっくに日教組が)
18.各級学校の学生新聞を共産主義者たちが掌握するようにする。
(※大学自治会はなぜか共産党系)
19.共産主義者たちが攻撃されている分野に対して学生たちが抗議示威をするようにする。
(※我が国ではとっくに。「格差反対!」「派遣村を守れ!」)
20.言論に浸透し、書籍批評および編集、言論の政策決定過程に参加するようにする。
(※我が国ではとっくに。前期占領期にGHQ左派が実施)
21.ラジオ、TV、映画産業界においての重要な位置を共産主義者たちが先占する。
(※我が国ではとっくに。反日デモフィーバーをみよ)
22.あらゆる芸術的表現方法を動員してアメリカ文化に対する反感を増大させる。共産主義者たちはアメリカ内の公園やビルディングからあらゆるアメリカ的象徴物を無くし、代わりにみずぼらしく意味のないものに変えなければならないと扇動する。
(※日の丸反対運動、二宮尊徳は?、忠魂碑は?)
23.美術評論と美術館館長などに対する操縦を強化する。これを通じて、あらゆる美術を醜く不快で意味の無いものにする。
24.言論・出版の自由という美名の下、「猥褻産業」を拡散させる。
(※我が国ではとっくに。エロ解禁。週刊誌を見よ!)
25.ポルノ映画、わい本、猥褻的TVおよびラジオ放送など、「猥褻産業」を拡散させ、社会の道徳基準を崩す。
(※我が国ではとっくに。援○○際、不倫礼賛とか)
26.同○愛、変態○交や乱○などの行為を一般的で自然かつ健康な○生活のように扇動する。
(※我が国ではとっくに)
27.共産主義者たちを教会に浸透させ、宗教とは元元社会主義的だったという主張を拡散する。聖書に対する不信を拡散させてから、これに代替するため人間の知的成熟が必要だと主張させる。結局、人間には宗教が必要でないとの認識を拡散させる。
(※我が国ではとっくに)
28.政教分離の原則という美名の下、教育の現場から祈祷や宗教的表現を禁止させる。
(※我が国ではとっくに)
29.アメリカ憲法が不適切で、旧式という認識を拡散させ、現代的再解釈が必要だという認識を拡散させる。
(※我が国ではとっくに。新しい人権が必要だとか)
30.アメリカ建国の父らが、公的問題に対しては気を遣わなかった利己的人物たちだったという認識を拡散させ、彼らに対する不信を助長する。
(※我が国ではとっくに。偉人の貶めのこと)
31.あらゆる形態のアメリカ文化を縮小させ、アメリカの歴史は「巨大な絵の一部分」に過ぎないと教える。それと共に共産主義者が掌握しているロシアの歴史を浮き彫りにさせる。
(※中国がはじめている。琉球は中国史の一部とか)
32.教育、社会、福祉プログラムと関連した社会主義者たちのあらゆる活動を支援する。
(※我が国ではとっくに。リベラルの城になってます)
33.共産主義組織の活動に邪魔になるすべての法的手続きを除去する。
34.議会の活動を非アメリカ的なもので満たす。
(※我が国ではとっくに。予算委員会って何やってんの?)
35.FBIの活動に対する不信を増大させる。
(※警察は権力の犬だ!)
36.労働組合に浸透して組織に対する統制を強化する。
(※我が国ではとっくに)
37.大企業に浸透して組織に対する統制を強化する。
(※我が国ではとっくに)
38.警察組織の活動を超える委員会を作る。これを通じて、あらゆる犯罪を精神的問題と見なして、犯罪者に対して精神科的治療が必要だと主張する。
(※ほらほら「精神鑑定」ってやつです)
39.共産主義目標に反対する者らに対する統制を強化するため、社会病理学など精神分析学分野を共産主義者たちが占有する。
(※我が国ではとっくに)
40.家族を一つの社会機関へ転落させる。これを通じて性的堕落と離婚をそそのかす。
(※夫婦別姓とかですな)
41.偏見と抑圧などを理由に、子供を両親から遠く離して育てねばならないと主張する。
(※保育所礼賛)
42.アメリカの合理的伝統に逆らうように暴力性を増大させる。政治-経済-社会的問題に対して学生組織と利益団体らを持って反米をそそのかす。
(※「革命」礼賛)
43.最終的にアメリカ連邦政府を崩壊させる。
(※「政権交代」)
44.パナマ運河を売却する。
(※尖閣を放棄しよう!)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。