日本ほど素晴らしい国はない! 川口ユディ氏  ~守ろう日本人の故郷~

【日本ほど素晴らしい国はない!】
川口ユディ氏
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
十七年くらい前、シカゴの大学に留学しているときに、
たくさんの日本人留学生に会ったんです。
けれどその人たちはみんな日本に対する誇りがなかった。
日本は不思議な国だと思いましたね。

大学にはアメリカ人、メキシコ人、ブラジル人、セネガル人、
いろんな国の人がいたけど、みんな自分の国が好きでしたよ。

私も「ハンガリー素晴らしい」って、いつもPRしてた。
日本人だけしないの。
そんなとき主人に会ったんです。
彼はそれまでに会った日本人とは正反対で「日本は世界一だよ」って言ったんです。

彼のことを好きになって、日本に来て、私も「日本、最高!」と思った。

彼はすばらしい先生だった。
まず自分の国の歴史を知らないとPRできないですね。

だから彼は一般の日本人より、すごく歴史を勉強していました。
それも誇りもつべき歴史。

戦後教育の日本人は大体の場合、日本の歴史知らないですよね。
私もハンガリー生まれだからそういう左翼系の教育に敏感です。
主人以外の日本人に会うたび、「あれ?日本は社会主義かな」と思ってた。

ハンガリーの教育もソ連(当時)でしょ、だからダメ。
歴史は親とかおじいちゃんおばあちゃんから勉強しました。
ハンガリー人はそういう人多いから、学校で教える歴史は嘘だってみんな知っている。


日本に来て、テレビを見てびっくりしました。
日本人が作っている番組とは思えなかった。
「これ、中国が作っているの?」そう思いましたよ。

それくらいアンチ日本に感じた。
ハンガリー人の知人が来日したとき、同じこと言っていた。

NHKの子供向け番組で「日本人にはユーモアがない」みたいなことをやっていたって。
「なんでわざわざ番組まで作って、子供にそんなこと教えるんだ?」って。

新聞もそうでしょう。
その日本のメディアが海外に向けても情報発信するんだから、
日本のイメージがダウンするのは当然ね。


二〇〇三年に私、ハンガリーのとても有名な経済雑誌で南京大虐殺についての記事を書いたんです。
「南京大虐殺を日本人の目で検証しましょう」みたいな内容で、
実際に当時、南京にいた人に取材もして、アイリス・チャンの言っていることとの矛盾点などを指摘したんです。
その記事が出た次の日、誰が文句言ってきたと思いますか?

日本の外務省ですよ。
編集長に
「あなた、何をやっている?この川口ユディはどんな人物ですか?日本でも知られている経済雑誌で、こういう話はやめてちょうだい」(笑)


あとやっぱり自衛隊に対する日本人の意識が問題。
この国守れる人は自衛隊だけ。
なのに、日本の国民全体、自衛隊のこと尊敬してないでしょ。
もっともっと尊敬しないといけない。
世界中、どこの国でも軍隊は尊敬されてますよ。


毎日、東京歩いていて、こんな素晴らしい街は世界で他にないと思っちゃう。
発展していて安全。
電車は時間通りに来るし。
それが当たり前になっているって素晴らしいことですよ。
そんな国、どこにもないですよ。
その素晴らしい日本をどうやって作ってきたのかを教えるべきです。
それをうまく教えられれば日本は変わると思います。


グローバルスタンダードなんていらないですよね。
たとえば、日本の植民地統治のことをもっと教えるべきですよ。

西欧諸国に支配されているところへ日本の軍隊が入っていって、
いっぱい追い返したでしょう。

西欧諸国にとっての植民地は利益を搾取するところ。
日本は違う。
日本は逆にその国にいっぱいお金出しました。

今、世界で発展しているアジアの国は日本が統治していた国ですよ。

フランス、ポルトガル、イギリスが統治していた国は今も発展してない。
今も貧乏。
この点だけでも日本人、誇りもつべきだと思う。


私、アメリカに行ったときに植民地支配のやり方勉強したの。
日本以外はすごいひどいでしょ。

「戦争で日本はひどいことした」なんて、どの国にも言われたくない。
日本人、そんな言葉、信じちゃいけないですよ。
だから、もうちょっと日本の素晴らしい歴史をPRするべきね。
それが日本人、超下手ですよ。
自己PRできない。

もちろん、それまた日本人の美徳なんですけれども。
だから、そこに私の仕事あると思う。
アイ・ラブ・ジャパンな外国人だからできること。


今、全世界で日本のこと大好きな若者いっぱいいるでしょう。
アニメや漫画から入っちゃって、ああいう人たちにうまく教えたらもっと日本好きになるよ。
そういう外人集めれば変わると思う。

今度、フランス人の女性記者を靖国神社に案内するんです。
私が『ジャパンタイムズ』のウェブサイトに載せた特攻隊の記事を読んで、「感動した。ぜひ取材したい」と頼まれたんです。
元特攻隊員の人からの話を聞く番組を作りたくて、いろいろ頑張ったんですよ、私。

NHKも民放もみんな断られました。
ウェブサイトに載せるしかない。
生きている歴史でしょう。
今、その言葉を受け継がないと、日本の財産なくなってしまう。


本当に日本に感謝している国たくさんあります。
私の友人のセネガル人の友達に、主人を紹介したとき、すごく喜んで
「私たち日本人にお世話になったよ。日露戦争で白人に勝ったのを見て、すごく励まされた。
アフリカのフリーダムを勝ち取ろうと思えた。
私、日本大好きよ」
って言ったの。


ハンガリーでも学校では、嘘の歴史を教える。
でもみんなそれを知っているの。
日本のほうが骨抜きにされてます。


私もNHK国際放送で番組二百本くらい作りました。
でも一緒に働いているスタッフで日本の歴史をきちんと知っている人はいなかった。
左翼的なことを言うけど、ちゃんとした思想があるからじゃない。

アメリカなんかに留学していた人を多く雇っているんだけど、見ていると
「日本の大学に入れないからアメリカに行っちゃったのかな」と思っちゃう人が多かった。
ああいう人たちだと、なかなかいい番組できない。


日本の国民はそんなに頭悪くないのに、メディアは頭悪いですね。
だから国民が感じることがテレビなんか見ていても出てこない。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

以上
撃論ムック「世界に愛された日本」【日本ほど素晴らしい国はない!】
川口ユディ氏×田母神敏雄氏の対談より、
川口ユディ氏の発言抜粋
http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/blog-entry-1496.html 転載






たとえ民主党政権が倒れても
日本人の意識が変わらなければ
また繰り返す。

ふるさとを、
知らず存ぜず
悲しき日本人

ふるさとに、
誇り持てない
悲しき日本人

ふるさとを
守る気概を忘れた日本人

誰がそうさせるのか?
誰がそうさせたのか?

そうさせる(た)者が笑い
そうさせられる(た)者が泣く

仕組みはもうわかっている

だったら
そろそろ抜け出そう



~グローバルグローバルグローバルグローバル~

この言葉を用いて
外国礼賛し日本を卑下する日本人を時々お見かけする。

どんな国の人も自国に誇りを持っている。

「私の国はこんな国。貴方の国はどんな国?」

日本は駄目な国だと教えられ、日本のことをよく知らない日本人は、
外国人の語る「私の国がいかに誇りに思える国であるか」を聞いて
より一層「日本は駄目な国」だと感じるのではないだろうか?

そして
「貴方の国はどんな国?」
この問いかけに答える事はできるのだろうか?


日本を知り、その上で海外に触れれば
新しい側面で日本を知る事ができるだろう。
しかし
日本をよく知らないまま、海外に触れたとて
新しい側面も何も、最初から何も持ち合わせていなければそれは不可能だ。



自国に無関心で愛国心を持たぬ日本人は
海外で不思議がられ、そして信用されない。

それはなぜか?

自国にさえ無関心で自国を尊重することができぬ人間には
他国に関心を持ち他国を尊重する事は不可能だと
自国を愛し自国を尊重する外国人は考えるからだ。

どんなに流暢に外国語がしゃべれたとて「人として信用されなければ」
意味がない。


自国に無関心で自国を尊重する事ができぬ日本人を見て喜ぶのは
反日教育の国、特亜ぐらいだろう。


だからほら
日本の教育に入り込んだ特亜仕様の日教組が日本は悪い国と植え付け
特亜仕様の自称日本のマスメディアが日本は悪い国だと植えつける。

そろそろ捨てよう。
いらないよ、そんなもの。

だって日本は
誇りを持って生きることができる素敵な国だから。

それを
知らないで生きていくなんてもったいない。




昔、
当時の私では処理不可能なとても辛い事が起こった。

「行ってみる?」

そんな時に、友人に誘われて訪れたのはモンゴル。
遊牧民のお家(ゲル)にホームステイして
遊牧民の方々と一緒に働いて食べて寝て笑った2週間。

「帰りたくないな」

帰国前日、草原で寝転びながらそう思っていた。
そんな時に、

「何か日本の歌を聞かせて」

とモンゴルのお父ちゃん。

なんとなく浮かんだ日本の歌。
おばあちゃんがよく歌っていたあの歌。

歌い終わったら涙が出た。
なぜがモンゴルの父ちゃんも泣いていた。

歌の歌詞には私の知らない景色ばかりなのに
なぜか懐かしく
そして帰りたくなった。

おばあちゃん子であった私が
その死に向き合いたくなくて
帰りたくなかった日本に。

19歳の夏
またおいでと抱きしめ言ってくれたのは、モンゴルの暖かい家族
大丈夫。帰ろうと言ってくれたのは、おばあちゃんが教えてくれた日本の歌

遠く離れるからこそ目に焼き付けたモンゴルの景色
遠く離れたからこそ懐かしく感じた日本の景色




グローバル
国際交流

それとて、
帰れる故郷があるからこそのもの。
故郷があるからこそ、
安心して飛び立ち
そして
安心して戻ってこれるのではないだろうか?


日本人の故郷は日本
無くなれば、
例え海外に飛び立つことができてとて、
帰れる故郷はないのだ。



今、日本が壊されそして奪われそう。↓↓
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
民主党の目的 ~なぜ彼らは売国奴と呼ばれるのか~↓↓↓
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

民主党政権のままなら起こること
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

民主党議員のとんでもない発言&行動集
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

民主党が震災のどさくさにまぎれて行ったこと
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



守ろう
日本人の住処であり故郷でもある大切な日本
守れるのは
私たち日本人




故郷 (ふるさと)

兎追ひし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)にいます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出(い)づる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は黏き 故郷
水は鰾き 故郷


http://www.nicovideo.jp/watch/sm836912




たとえ民主党政権が倒れても
日本人の意識が変わらなければ
また繰り返す。

現在、
テレビも教育も日本人仕様ではありません。
ご注意ください。
それが「繰り返し」の原因となります。
そして
どうか
自分自身で情報を取得しようと意識をしてください。

■メディアは平気で嘘をつく

テレビは私たちに嘘をつく
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

NHK世界史講座がとんでもないことになっている件
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-103.html


そして


■教育機関も嘘をつく

「白旗の少女」~教育機関は嘘をついた
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

日本は悪い国と書かなければ丸がもらえない反日教材
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


たとえ民主党政権が倒れても
上記問題はまだ続くでしょう。

そんな時、
上記問題を知り、
それを打破しようと国民が望むことで
同じ気概を持つ議員を選ぶでしょう。
応援するでしょう。
お尻を叩くでしょう。


ふるさと である 日本を
守り 保つことができるのは
私たち日本人です。


よろしければ応援ぽちお願いします。
↓↓

↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。