日本人が何をされたのか知ってほしい

~揺らぐ土台の上、日の丸を立てても きっと 危(あやう)い 揺らぐ土台であればあるほど、少しの風でも倒れてしまうと思うから~土台を固める為に、一人でも多くの日本人に知ってほしい。何をされて 今 どうなっているのか。以下 「戦後 日本人が アメリカにされた事」その1 「日本人愚民化政策」この愚民化政策の具体例として①3S政策「Sport」「Screen(映画)」「Sex」を日本に根づかせ、伝統的な日本の価値観を壊そう、とする目的...

特攻隊の手記が子供達を変えた

「特攻隊の手記が子供達を変えた」 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ 某中学校は昨年10月に、注目すべき道徳の公開授業を行っている。対象学年は3年生・・・。 先生「今日の内容は生き方です。生き方について考えてみたいと思います。いまから映像を流すので、どんな内容か考えながら観てください」  ―特攻隊の映像を流すー 先生「何の映像?」 生徒「戦闘機が映っている」 生徒「船がいっぱいみえる」 生徒「特攻...

なすべき道を実行するのみ

「夜中に目を閉じて静かに今の世の中の有様を思うと、ああ、これからどのようになっていくのだろうか。取るにたりない女が大そうなことを思っていても、それはアリやミミズが天下のことを論ずるようなもので、己を知らないこと甚だしいと言われそうだが、それでも同じ天の下に住んでいる者なら、風雨雷電は誰の身にも降りかかってこよう。国の一隅に生まれ、一隅に育って、天皇陛下の恩恵に浴するのは、政治家や軍人にも少しも劣る...

「私達をして死に甲斐あらしむるか否かは、あとに残られた皆様の責任であります」

~今やこの非常時は、今までの戦争のように、単に世界の地図が塗り変へられるといふ丈のものではありません。世界人類の歴史の上に、数百年の大きな時代を画して、人類の人生観が、国家観が、世界観が、政治の上にも、その他一切に大ひなる飛躍をもなさむとしてゐるのであります。新たなる世界が、我が皇国日本を母体として生まれむとしてゐるのであります。(中略)戦死をすると云ふ事は、人生本来の約束事から観れば、それ程驚く...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。