「侵略」のための戦争は反対側からみると何のための戦争でしょうか?

以下の画像は、集団的自衛権に対する各国及び関係各所の反応です。実にわかりやすいのでご覧ください。「侵略」の為の戦争は、 反対側からみれば「侵略を阻止する」為の戦争となります。日本は、もちろん侵略なんざ考えていませんから、もし戦争が起きるとしたら、 「日本を侵略する」為の戦争を起こそうとする他国が発生した場合でしょう。戦争は、嫌ですね。だから、まず第一に、 侵略する気を起こさせない第二に、 侵略されそう...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。