民主党と自民党 国民の生命と財産を守る為の対応比較

「自衛隊法」 自衛隊法では、弾道ミサイルなどが日本に飛来する恐れがあった場合、 防衛相が破壊措置命令を出すことができる。 同法に基づき07年に閣議決定した「緊急対処要領」では、 人工衛星や人工衛星打ち上げ用ロケットも迎撃対象になるとしている。 http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/19/sougou/sankou/02.pdf 以下 国民の生命と財産を守る 為の対応比較 その1■2009年 自民党麻生内閣の対応 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。