「ならぬものはならぬ」からこそ可能だった世界一の江戸の水道システム

「おいら、水道の水で産湯につかった江戸っ子よっ」 井戸といえば、地下水を汲みあげるものとイメージするかと思いますが 実は、江戸の街に井戸は、地下水を汲みあげているのではなく なんと、水道水を汲みあげているのです。 江戸の町は、海に面した低湿地です。 だから井戸を掘っても良い水が出なかった。 そこで、関東平野を流れる大きな河川から、 「上水」と呼ばれる水道川を造って町に水をひき、 「上水」で引き込んだ水を、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。